Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2019年 1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2019年1月20日(日曜日)

西田幾多郎講演に向けて準備中 (3)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時38分11秒

1月1日に撮影した扇ダム放水路の写真を、いざ使おうとして見てみると、なんだが平坦に見えて、
「山から下りる」感がない。

これでは、講演で使っても説得力がないと思い、土曜日、再度撮影に。

今度は、道を変えて、おそらくは、西田幾多郎や幾久彦さんが、辿ったであろう、
扇ダム放水路横の道を、反対に動物園から鹿ケ谷通に向けて辿った。

で、鹿ケ谷通と扇ダム放水路が交差する場所に来てみると、
鹿ケ谷通を歩く、人人、また、人!

で、人が入ってない風景の写真が撮れない…

ウーム、土曜日の東山界隈は、この様に観光客に人気なのか、
と思いつつ、一眼レフや、Huaweiのスマホ(^^;)、なでど
写真を何枚も撮る。

しかし、何となく水路の傾斜感がでない。

何度も、場所や高さを変えてやってみてもダメ…

それにしても、人が多いな、と思いつつ、東山中学高校の入り口
あたりを見ると、なんと「入学試験」という大きな看板が立てかけて
ある。それで、ようやく気が付いてみてみると、歩いている人の大半は、
親子連れ、それも中学生か小学生高学年くらいの子供たちとお母さん
という風情であることに気づく。

で、どうも、観光客でなくて、入試に来た人たちらしい

これは大変な日に来てしまったと、思いつつ、それでも粘りに
粘り、もう駄目かなと、思い始めたころ、ふと思いついて、
ザックから、念のために持ってきていた iPad を取り出し、
高く掲げて撮影。

なんと!これが成功。

それまでは、まだ、幼少だった幾久彦さんの視点を
再現しようと、腰をかがめて、低い視点から撮影して
いたのだが、その結果、視線と水路の勾配が平行に
なってしまっていた。それで水路がまるで水平に
流れているように映っていたいたことにようやく
気が付く!

で、僕は背が低いので、思い切り手を伸ばして、
iPad を高々と差し上げてパチリとやると、
何と、勾配感がでた!そうだったのか!!!
#こういう時、もう少し背が欲しいと思う。(^^;)

ウーム。わかってみると当たりまえだな…
しかし、それに人はなかなか気づけない。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/436

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT