Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2017年 12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2017年12月28日(木曜日)

これが解決策となるか?

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時49分17秒

群馬大での田辺元史料などの撮影の時、一番、困るのが照明。

史料を無反射ガラスやアクリル板などで押さえるのだが、
これに照明が写り込む。特に天井灯の映り込みは最悪なので、部屋の照明は
すべて消して、両側45度の角度に照明を置いて撮影する。

ただ、この際に光ムラが生じて、そのために原稿用紙の罫線消去などの
フィルター操作が不可能ですと業者の技術者に言われることがある。

そのため、群馬大図書館での田辺史料を想定して、
(1)軽い。一人で持ち運べる。
(2)色ムラが生じない
という二条件を満たす照明を見つけるため、今まで
どれだけの照明器具を試みて来たことか…

昨日、放送大学の講義のための収録に来て
下さった撮影会社に教えてもらった、ビデオ近畿という
会社を訪問して、この問題のソリューションになり得る
照明を見せてもらう。

サンテック社というところの製品で、昨日見たものより、
ずっと安い。LED電球が268個使われており、それに細かい穴が大変多数
開いているプラスチック板が取り付けられている、
という構造らしいが、非常に良さそうな光の具合だったし、
それなりに軽量。また、色温度も容易に設定できるので、
即決で2セット注文。

照明パネルのためのスタンドが入るのが1月の半ばになりそうだが、
それまでに調査旅行の予定はないので、全く問題なし!!

これで上手く行くといいのだが…


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/394

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT