Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2016年 7月
« 6月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2016年7月3日(日曜日)

植田と天野 京都学派の黎明

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時02分44秒

一つ前の投稿で、三木清こそが京都学派形成のキーマンだと書いたが、これは三木が一高から京大に来たころから京都学派というものが形成されたと言う意味ではない。これ以前に、例えば務台や三宅などがいる。

しかし、西田と京大哲学が有名になり、多くの人材が、それに引かれて集まってくる「華やかな」時代と、務台たちの時代は明らかに違う。「三木清こそが京都学派形成のキーマン」と書いた意味は、その華やかな時代の幕が三木により開けられたということである。堀維考宛に書いた手紙の一節は、西田が、その時代の「華やかさ」に違和感を持っていたことを示唆するが、この華やかさに軽薄な部分が全くなかったとは言えないものの、確かに充実した時代であったのであり、また、西田は、自分を慕って、わざわざ一高から京大文に来てくれた三木のような若者、特に三木が可愛くて仕方がなかった様に見える。

とはいうものの、こういう時代以前の、西田が京大に来る前から京大にいた人物たちのことも無視することはできない。桑木、朝永などの同僚は、それに入るが(ただ、桑木はさすがに京都学派に入れるには躊躇する。やはり、東大の哲学者というイメージが強すぎる…それで桑木は僕の意味での京都学派には入れていない)、西田、田辺を中心とする京都学派という時、やはり、同僚よりは、西田、田辺に影響を受けた人たちのことを考えないといけない。

それで、そういう人たちを、西田との関係で分類すると、次のような類があり得る。

類1.西田を慕って、京大文学部を目指した人たち。
類2.類1ではないが、西田に大きな影響を受けた人たち。

類1は、もちろん、三木、西谷、さらには学生ではないが田辺が入る。

一方で、類2の代表格としては、植田寿蔵と天野貞裕をあげることができる。この二人と西田の関係を非常に良く物語るものとして、また、何故、西田が、あれほどまでに人を引き付けたのかということを理解するために、非常に良いのが、下村の「西田幾多郎 同時代の記録」、p.103 からの植田の「西田先生」という文章、オリジナルは西田全集、昭和28年4月月報。その時、文学部の3回生であったはずの植田は、天野とともに参加した西田の京大での始めて哲学の講義(明治43年9月22日)の印象を、次のように綴っている: 

これが2時間つづくうちに、その地味な講義の、今まで聴いたどの講義とも違った思いのする、人間味と言おうか、温かさと、段の違ったような深さがありありと感ぜられた。講義が済んで、インキの栓をして立ち上がると、傍らの席にいた天野君と目が合った。どちらからともなくその2時間の印象を話し合った。言葉はすっかり忘れてしまった、その時の感じを、窓の高い広い教室の初秋の明るさとともに、今もはっきり覚えている。40年間の深い尊敬と帰依がこの日からはじまった。

戸坂潤は、西田を称揚する人たちは、結局、西田ファンなのだ、と書いたが、どうも西田哲学の内容より、西田という人の魅力が、人を引き付けたという面が、相当にあるようだ。これは三木についても見られることに注意。植田の記述も、三木の記述も、内容は忘れてしまったとか、良く理解できなかった、という風に書かれている。つまり、植田や三木の様な人たちでさえ、最初は「西田ファン」であったわけで、これは実に興味深いことといえる。

そういう人物は内容を伴わない場合が多いが、西田の場合は、そういう「人気」が先行しながら、場所の論理以後の内実が伴うところが実にユニークで面白い。要するに西田は周囲の受けなどは一切無視して、懸命に戦っていたのであり、その姿に人びとが魅かれて「ファン」になったということだろう。だから、西田自身にとっては、ファンなどいようがいまいが関係なかったのであろう。そういうところが、また、西田が人を引き付ける原因であったろう。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/357

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT