Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2015年 7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2015年7月30日(木曜日)

RIETIのAIプロジェクト

RIETIというのは、経済産業省の建物の上の方の階にある研究所。一応は、別の組織(独立法人)なのだが、部外者の印象としては、両者は大変近い。

で、以前、ブラウンバックランチというののスピーカーをやらせてもらったが、僕のRIETIへの関係は、その程度であった。

が、この研究所に以前から深く関わっている経済学者の中馬さん(なぜか、昔から意見があうので仲が良い)から、AIの社会インパクトを研究するプロジェクトをやるので、林さんも手伝ってほしいというメールが、急に来たのが6月の終わり位。

で、のんびりしていたのだが、一つ前に書いた投稿の様に、超スピードで進み、どうも今年度中に、久しぶりに海外に調査旅行をすることになりそう。また、今までやったことがないアンケート調査もしなくてはならない。後者は大変重要なポイントとなるはずなのだが、専門家の方が一緒にやってくださる予定なので、何とかやれるだろう。でも、ちょっと変わった conventional でないアンケートとなるかもしれないので、社会学の太郎丸さんや溝口君にも意見を聞く予定。

このAIの社会インパクトの話は、日本では、以前、NIIの新井紀子さんが本に書いていて、ご本人に指摘されたのだが、このブログにも、その本について書いていた(僕は、忘れてしまっていたが…)。で、それは2012年のことで、本がでたのは2010年。これは一般向けの書籍としては、世界的に見ても、最も早いものと言える。研究者たちは、Google などが凄まじい力を発揮し始めたころから、これでは人間がいらなくなってしまう、かなり高い能力を持つ人以外は必要なくなってしまう、と気づいていた人が多いと思うが、それをちゃんと書いた人は、日本語では新井さんが最初なのではないかと思う。

で、偶然にも、先の投稿で書いた安浦さきがけで、新井さんも僕同様にアドバイザーなので、RIETIプロジェクトのことを説明して、新井さんの本のことなど質問したところ、僕が思っていたより早い時期の本だと分かった次第。どうも、NII内部での若手研究者のインタビューから気が付いたらしい。

この本は、アマゾンの書評の数からしたら、かなり売れたはずだが、新井さんが期待したようではなかったらしい。それで、これは良くない、日本社会に、これを知らせなくてはいけないと思って始めたのが、東ロボ君のプロジェクトだったとか。

僕は、マスコミは、新井さんの意図とは別な取り上げ方をしているのではないかと思っているが、新井さんの話では、最近では、意図通りの取材が多くなっているという話。ただ、問題は、これからで、都合が悪くなると、つまり、実は、日本の大学の半数以上は、大学と呼べないものであり、その卒業生が担う仕事の多くは機械で代替できる日が近いと言う現実があらわになって行くに従い、新井さんの期待に反して取材が減っていく可能性が非常に高い(そうでないことを祈りたい!)。

日本のマスコミは、自分たちが見たくないもの、読者・視聴者がみたくないものは、見せない。これは、太平洋戦争の前からそうで、大本営発表の嘘も実は同じ構造。この国が強権的な全体主義国家だつたというのは、嘘で、これは戦前から、実に近代的な、近代の悪いところバリバリのポピュリズム国家だったのだ。でも、それでは歴史のしがらみのために、現実には社会を動かせないので、「天皇」と「その統帥権」という上からの装置を使って、下から動かしたのが太平洋戦争。僕は、そういう風に考えている(多分、素人考えだ、と永井和さんなどには叱られそうだが。 ;-))

このAIの社会インパクトについて、僕と同意見の人は、今まで話した日本人とか、その人が書いたものを読んだ日本人の中では、今の所、新井さんだけ。ということで、新井さんには、RIETIプロジェクトに取材などで協力を仰ぐ予定。

話していて気になったのが、東ロボプロジェクトに対応するものが中国で国家プロジェクトになり、それに呼ばれていって、非常にショックを受けたという話。このAIの社会インパクトの話、実は、ひとつの重要ファクターは、僕は中国ではないかと思っている。現代のAIは自立しているのではなく、人間のネットワークと連結している。映画 Matrixのマトリックスそのもの。ただ、流れているのは動物電気でなくて、情報。そうなると中国ほど多くの、また、質の良い「部品」を持つ国は他になく、その個数と標準化度は、他国とは比較できないはず。それが、僕は、北京オリンピックの開会式の「活字のパーフォーマンス」に現れていたと思っている。いわゆる、検閲の為の「現代の長城」も、ある意味で一種のサイボーグAI。これは、どうも欧州製だったらしいが、もう、新幹線と同じことになっているのではないか?そうなると中国に取材に行くことになるのかな… アレルギーがあるので、空気悪いところ駄目なんだけど…


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/336

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT