Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2010年 2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2010年2月16日(火曜日)

京都学派の末裔

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時45分04秒

昨日届いていた梅原猛「隠された十字架―法隆寺論 (新潮文庫) (文庫)」をぱらぱらと読む.

なるほど...確かに面白い.現代のアカデミックな歴史家ならばやらないような議論が各所にあるが兎に角力強い.amazon の読者が4をつけた意味がわかる.議論の妥当性は別として背景から赤外線のように照射してくる力のようなものがある.その原因は?京都学派を調べているものとしては,特に「はじめに」の書き出しが面白い.「この本を読むにさいして,読者はたった一つのことを要求されるのである.それは,ものごとを常識でなく,理性でもって判断することである」.梅原さんの「学問」は,これに尽きるのだろう.この「理性」は明らかにKant哲学などの意味での Vernunftだ.ようするに,田辺が社会・政治に対して哲学をもって行おうとしたことを,梅原さんは日本古代史に対して行おうとしたわけだ.違いは田辺が過剰と思われるほどに高踏的であり意図的に難解に書いたのではないかと思われるような文章を紡いだのに対して(この場合,「書いた」といわず,「紡いだ」といいたくなる.一つ一つの表現の繊維が複雑に入り組み,どれがどれにどのように絡み合っているか容易には解くことができないような文章*1),梅原が最初から大衆読者を向いていること.梅原は和辻を連想させる.戦後京大文学部のアカデミズムから忌避された梅原は「ポピュラー的」だ.その議論のスタイル,目的は明らかに京都学派のものだが,むしろ,それが忌避を招いたのかと思ってしまう.

いずれにせよ,読む前は,大先達に失礼ながら「あやしげな奴」などと思っていたが,思っていたものと違い,すがすがしさのある文章に,田辺へのものと同じ程度,あるいはそれ以上に共感を覚える.特に自分の論考が歴史学的精密さに欠けることを認めた後,それに続く一節「そういう個々のミスを指摘していただくのも大いに結構であるが,願わくば,それと共に,この本の根底にある理論そのものを問題としてほしいのである.一旦,こういう仮説が提出されたからには,もはや,古い常識と通説へ帰ることは出来ないと思う.この仮説の否定は,この仮説以上の理論的整合性をもった他の仮説の創造によってのみ可能なのである...<中略>日本の古代学の発展の刺激にならんことを」には,大変共感する.

ただし,実はこの見解は間違いで,史学においては理論なくして「否定」は可能である.「否定」をなんと取るかによるが,理論を立てた本人の足をすくい,立っていられないような痛手を与え,本人自らが退場したくなる,そういう,実も蓋もない史料・事実というのは実際にはいくらでもある.こういうものを「否定」といえば,史学にはそういう否定は日常的にある.僕はこの「否定」を引き起こす史料・史実を地雷と呼んでいる.本当に地雷は怖い.何の前触れも無く,突然爆発するのだから歴史家の心は休まらない.まあ自分がゾンビならば別なのだが(^^;),大方の学者はそうではないものだ.

田辺は,すべてのものに意味を見出そうとして躓く.(一番ぶっ飛んだのは,「社会における土地占有が相対性理論における光にあたるという議論.兎に角,自分のいる時代の歴史的事柄にも意味を見出さないといられない人が田辺だったが,そういう人,今も多いですね.)すべてのものに意味を見出そうとすること,それは地雷原と知りつつ,そこに分け入り走り回るような行為だ.だから僕らのような慎重な(*2)学者はそういうことはしない.命(学者生命)は惜しい.田辺は最初極めて慎重だったが,立場上か,西田の後を襲ったころから,これが酷くなる.

梅原さんは最初から地雷原を闊歩という感じ.この点は,やはり梅原さんは歴史学者としての思考の経験がなく,あくまで戦前の京都学派的に「理性のみに頼る」という方法にこだわりすぎていると僕には思える.先日とどいた昭和6年からの岩波講座哲学の第1回配本,西田幾多郎「歴史」に眼を通したときも同じ違和感を覚えた.ランケについても議論しているが,その全体はアウグスティヌス的時間論のような抽象論に基づいていて,歴史学というものが持つ(西田は明らかに歴史「学」も問題にしている)政治性,社会性などに一切議論が及ばない.そういう所が,田辺は嫌で種の論理など考えたのだろうが,その田辺の議論の仕方が,再び「理性のみの」「論理的」な議論になっていて,20−21世紀人として,当然のように下世話な僕などは,最初に読んだときに大いに驚き,かなり研究をすすめて,田辺の文章に慣れ親しんだ,今でも違和感バリバリなのだが,梅原さんの文章はそれと同じものを僕に感じさせる.

戦後,おそらく京大文学部は戦前の京都学派を忌避する動きをしたはずだ.これは同僚に聞いてみたが,言葉を濁された.(^^;) それも梅原忌避の一原因か?

まあ,危ないから,これはこの程度にしておこう.田辺研究だけでも十分「危ない」のだから...

で,一つだけ面白い話.(面白い世間話大好きです.これを禁じられたら生きていけない..)京大文学部100年史に出身者の一人として梅原さんの文章が載っていて,それによると京都学派以後,自分で考えるという京都大哲学の伝統はなくなった,哲学史に堕しているというような意味のことが書いてあった.これを読んだとき,なんと今の哲学の同僚達は寛容なのだろうと思ったのですが,面白い話が好きな林は,そこで「一説」をひねり出しました.「これはきっと梅原猛博士の生霊を封じ込めるため,あるいは,ガス抜きするための梅原法隆寺に違いない!」.もちろん,この説を考え付いた時の僕の顔は,こんな風 :-D:-D:-D:-D にニヤニヤだったわけですが, 後で真相を聞いて:-o:-oという感じ...なんでも,哲学から推薦した方(これも著名な方)が何かの理由で原稿執筆を辞退され,編集をまかされていたT先生(どちらかというと社会科学系の人で哲学は専門外) が,困ってしまって,有名な梅原さんに頼んでしまったというだけのことだったらしい.普通の大学や大学部局だと,勝手なことをやったとか言って大喧嘩になりそうだが(以前,そういう所にいました.(^^;)),京大文学部は互いになるべく干渉しないし,物事を根に持つ人が僕が知っているほかの場所にくらべて驚くほど少ない.で,事なきを得ているらしい.というか,僕みたいのが目ざとく見つけて一人で喜んだり,残念がったりしているだけらしい.

歴史をやっていると,こういう風に,大きな意味を持ちそうなことが,実も蓋もない偶然のために起きているということに多く出くわす.ある人が,昭和20年8月6日に広島にいたことに,普遍的・論理的「意味」を見出すことは不可能だ.しかし,そのことは,その人にとって,とてつもなく大きな意味をもつ.歴史的事実・歴史性というのは,そういうもので,逆説的ながら,それこそが一種の超越性であり.... なんだか京都学派みたいになってきましたところで,終わりにしよう.最後のデモ・ビデオ作らねば!  そうです.これも現実逃避でした.:-D:hammer:

*1:ただし,田辺の初期の科学哲学関係の論文や本は読みやすい.論旨や議論が単純なのである.ただし,初期と中期以後で殆ど同じことを言いながら,後者の文章は奇妙に難解だったりするので,単に文体の問題もあるのだろう.

*2:慎重:つつしみ深く考え深いこと.凡庸ともいう.


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/33

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.039 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT