Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2010年 2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2010年2月16日(火曜日)

低体温

カテゴリー: - susumuhayashi @ 11時05分33秒

昨日漸く展示ビデオの内,ひとつを除いて,テロップ作成をしてくれる学生さんたちに渡す.3時間位しか睡眠時間をとれず体力を消耗したため,お定まりの低体温で体が冷たい...こうなるとシンドイ.

テロップ作成をしてくれる学生の内,1名は僕の授業にでていた人だが漫画家志望とのこと.彼はあまり勉強ができないと自分では思っているらしい.まあ,正しいかもしれないが,そう悪くはない.わざとそう言ってる面もありそう...もう一人漫画家志望の学生を個人的に知っているが,こちらは見るからに勉強ができそう(院生だから研究というべきか).昨日ある会議で彼が確かに学業成績も学部でトップクラスだと分かった.これだけ漫画というものの力が若い人たちの間で強いことに今更ながら驚く.神戸大では漫画好きのMITの学生が留学してきていた.なんで神戸大などにと思って,WEBで名前を検索したら,MIT漫画愛好会のメンバーだった.(^^;)ためしに漫画の話を振ってみると「手塚センセイは...」などという(もちろん,流暢な日本語).これがもう10年近く前になるか...成田空港で韓国の人に話しかけられ,自分はアニメの製作会社の者だ,知らないだろうが日本のテレビアニメのかなりの部分は韓国で作られている,そういう商談で日本に来た,という話を聞かされたのが1980年代の前半ころか.世界も日本も随分変わった.

昨日の会議では新研究科長予定者が「シンドイ」という意味のことを,脈絡も無く独り言のようにもらしていたが,それを聞いた隣の同僚が「ツイッただけ」とか言っていた.最初何か分からず,何度か聞きなおして,twitter のことと判明.(^^;) twitter をやるのか,と聞いたら,twitter や blog のように怖いものはしないとのこと.blog はコメントとか禁止すれば別に怖くないと思うが,確かに,最近の投稿のようについ正直に書いてしまうことは否めない.

むかし,ゲーデルについてのBBSを主催していたころに,変な人たちが集まってきて,優秀な投稿者を蹴散らしてしまい,結局面倒になって閉鎖したことがあったが,それ以来,そういう種類のものは避けてきた.一番困るのは,時間を取られること.変な投稿者は,それ自体が生きがいになっているらしいので,勤務時間だろうがなんだろうが書き込んでくるが,こちらは活動の一部でしかないので,そういうものに大きな時間を取られるのは困る.自分が論駁されたことさえ分からないくらいの程度なので「ゾンビ」みたいに死なないので,本当に手間がかかる.で,論争というものは,互いが同じ場に立っているときに初めて成り立つものだと理解して,以来,そういう人たちとは付き合わないことにしている.最初は,そういう人たちに論拠を示して,「あなたは死んだ!」と言っていたのだが,ゾンビなので絶対死なないので:-(,諦めるようになった.で,ゾンビ(似非科学もそのひとつ)を殺そうとしても仕方がない.ゾンビにはそのままそこにいてもらい.しかし,「健全な人」,つまり,僕と同じ側に立つ味方の数を増やすしかない,と考えたが,これはどうも伊勢田さんたちがやっている運動(?)の戦略に似ているらしい.

で,そういう僕がなぜブログを開設したか.理由は簡単で,これは僕の学生達に向けて書いている.専修の学生でも,僕が何を遣っているか,何を考えているかが分かっていない.あまりに,色々やっているから仕方がない.僕には個人の歴史という,それらに線を通すものがあるが,学生は,それらの断片と交差する,特定の学問の断片をやっているから,交差する場所が大変小さくなる.僕の「学問」は偶々出来上がった僕だけのものだから,真似はするな,まずはちゃんとした学問をやれと学生には言っているから(まあ,それに若いときはそうでしかできない),学生が僕が何を遣っているか,いつどう変化したかを知るのは通常チャンネルでは殆ど無理.昔のように世間話をする機会や時間をとればよいのだろうが,兼業主夫の僕には時間がない.あったら,読みたい本が山のようにあるし...

サイトだと「完成」を意識してしまうし,そう出来ているから「時間性」(即時性?ちょっと違う,時間の流れそのままに即応すること)が弱い.となるとログであるということになり,これを書き始めた.で,使い方がそうだからコメント・トラックバックは禁止ということになる.僕の活動のある部分に学生が興味を持てば,学生は僕とそれについて直接話せるわけだから.

で,twitter はどうだろうと,考えて見たこともあるが,これは僕のような学問のやり方をする人間には不必要だし,時間の無駄だ.学生に見せたいのは僕自身の「日々の生活」ではなく,僕の学問上の「日々のアイデア」なので,ブログ程度の「まとまり性」と文章の規模が必要.学問上のアイデアは一瞬では成り立たない.着想は一瞬だが,その後,数時間,数日,は最低でも頭の中でこね回す.twitter のように,それをそのまま文章にすると例え短い文章でも,自分のアイデアが固定化される(逆に言うと学者のような主に個人的思考でなくチームでやる思考・集合知のようなものには,これは適している).特に他者を意識して書くとあぶない(アイデアの自由性が減る).だから,応答できないブログ程度の「まとまり」と属人性が適当で,twitter のように,個人の「生活」をログする必要まではない. 

ということで,ブログを書いている.:-D


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/31

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT