Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2014年 7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2014年7月3日(木曜日)

History, Man and Reason

カテゴリー: - susumuhayashi @ 12時58分22秒

Du-Bois Reymond の関係で注文していた History, Man and Reason: A Study in Nineteenth Century Thought by Maurice Mandelbaum が届く。1971年刊だが著者は Johns Hopkins 大の哲学者。しかし、この本を見る限りでは思想史家と言ったほうがよい。しっかりした歴史になっている。

Du-Bois Reymond は、Part IV The Limits of Reason の chap.14 Ignormus, Ignorabimus: The Positivist Strand の 1. Helmholtz: Science and Epistemology で、Helmholtz 理解のための「前座」として出てくる。扱いはカッシーラ、ハリントンと同じで、自身の生理学的研究の成功により、物理主義、力学主義的世界観を生理学の世界までに広げると逆にでてきてしまう不可知論だ、という理解。限界論は限界論なのだが、立ち止まるための限界論ではなく、むしろ、広野を猛然と進みつつ、遠い将来にしか到達できないほどに遠い地平線の彼方に限界を見る立場。足元の平原では、自身の目前では、それこそ手に余るほどの新知見が広がっているので、限界を嘆いている暇がない。そういう意味での限界。だから、それをハリントンは「傲慢」と呼んだわけだ。

Maurice Mandelbaumによれば、Du-Bois Reymond は、この限界を限界のままとして放置したがヘルムホルツやスペンサーは、その問題を考察したという。自分自身や現実の科学にとっては、まったく限界でないのだから、Du-Bois Reymond にとって、それに必要以上に立ち入る必要はなかったのだろう。Helmholtz が Hilbert, Du-Bois Reymond がBourbakiなどの主流数学者に対応する。

それに関連して、ゲーデルの歴史観論文の一節を彷彿とさせる文章が、Maurice_Mandelbaum にあった。ゲーデルは現代の自然科学が左傾化しニヒリズムに陥り、世界の本質を探る学問から、入力から出力を予想するための方法の学問に「堕して」いるとし、しかし、それは、TVや atomic bomb を作れるほどにプラクティカルには優れている、と書いた。

それに対応して、Maurice Mandelbaum p.292 に、Thus we cannot know the world as it exists independently of how it appears within our experience; all that we can say of such a world is that all events in it are in principle predictable on the basis of a single set of absolutely uniform laws, the laws of theoretical mechanics. という文章がある。これは、Du-Bois Reymond の ignorabimus の主張の二つの内の二番目として説明されている。

ゲーデルは、Zilsel講義で Hilbert の Über das Unendlich での無矛盾性証明の意味の説明を、ほとんど、そのまま(冠詞の一つが、片方ではAkkusativ で他方では Dativ)に引用している。TV や atomic bomb という1960年代を象徴するものがでてくるので、ゲーデルの議論は彼独自の文章で書かれたと思っていたのだが(もちろん、内容は少なくともニーチェにまで遡るが)、ゲーデルは、Du Bois-Reymond の Rede を再現している可能性がある。Du Bois-Reymond のドイツ語を見つけて比較すること。幸い、ゲーデルの文章もドイツ語で書かれている。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/304

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT