Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2013年 5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2013年5月26日(日曜日)

Kronecker の20世紀数学における位置 2

カテゴリー: - susumuhayashi @ 11時10分43秒

Weil 予想は1949年のNUMBERS OF SOLUTIONS OF EQUATIONS IN FINITE FIELDS c.f.http://en.wikipedia.org/wiki/Weil_conjectures#CITEREFWeil1949

これには Kronecker への言及はない。

1950年に Kronecker に言及した意味は何か?

竹内先生が言っていたこと「Weilは日本人が好きだが論理学者が嫌い。プリンストンで遠くからWeilが歩いてくる。日本人だと思って、ニコニコしながら近づいてくるが、知けづいて自分だと分かったら背を向けて歩き去ってしまう」。論理学嫌いだから1950年の主張になったのか、その逆か、それともあまり関係ない?

竹内がプリンストンに行っていたのは1950年よりかなり後。

Zariski 1950年の講演。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/262

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT