Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2012年 10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2012年10月21日(日曜日)

声が出ない!!(T_T)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 16時58分49秒

先週の月曜日に起きたら咽喉の調子がおかしく、風邪のような感じ。
それを押して講義をやったら、どんどん悪化。
火曜日には、すでに殆ど声がでなくなった。

昔、東館の寒い寒い階段教室で(その一番下、つまり、一番寒いところで教員は喋る!)、
風邪を押して全学共通の講義をやって、半年ほど声がちゃんとでなくなった
ことがあるが、それと良く似た状態。その時は夜中に口蓋垂(要するに「咽喉ちんこ」)
から血がぽたぽた滴り落ちていたが、今回は、そこまでではないものの、
やはり血が出た。

で、ここで無理すると半年、講義がろくにできないことになりそうだし、
それ以上に、前回以上に声がでないし、筋肉痛がして物凄くだるい。
#かつ、体温が低下。

で、結局、休講にして、内科、耳鼻科と受けたが、内科の先生に
紹介してもらった耳鼻科の若いお医者さんの医院の設備がよくて、
ファイバーで自分の咽喉を見せてもらった。自分でも、
エッ!と驚くほどにパンパンに腫上がっており、白いはずの
声帯もしっかり赤い。

東京の知人も同じような目にあったらしく、明らかに風邪なのだが、
しかし、どうも酷すぎる。いつまでたってもなかなか良くならない。
家をリフォームしたてで、どうもシックハウスが風邪で傷めた
咽喉をさらに傷めている可能性が高い。あるいは、リフォーム中に
たまったホコリか?(リフォームしたところは綺麗にして渡して
もらったが、手を入れてない部屋などはホコリが蓄積している。)

咽喉だけでなく筋肉痛も酷かったが、土曜日ころからようやく
それだけは治まってくれて、で、今日は、来年度の予算の申請書書き。
しかし、咽喉の方は殆ど悪い状態維持のまま。これでは講義ができない。
どうしよう….

学生さんたち、もし読んでいたら、そういう事情です。

喋らず、スライドを示しながらの講義というのは、
どうもインパクトがないな…

お医者さんには、強弱をつけて話すな、フラットに声を出せ
といわれた。ということは、良い講義・面白い講義をすると、
咽喉を傷めるということか。職業病ですね、これは。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/238

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT