Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2012年 4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2012年4月10日(火曜日)

テンソルの哲学者田辺元:「澤口昭聿・中沢新一の多様体哲学について」脱稿

カテゴリー: - susumuhayashi @ 17時30分27秒

2013.02.02更新。完全版の公開を始めたので、こちらのPDF論文も完全版に差し替えました。
(完全でない場合はキャッシュの影響である可能性が大。その場合は、こちらを見てください。)

「日本哲学史研究」に投稿の「澤口昭聿・中沢新一の多様体哲学について田辺哲学テキスト生成研究の試み(二)」を漸く日曜日に脱稿。疲れた…..

直ぐに書き終る予定が何ヶ月もかかってしまった。この間、微分幾何学、力学系、
ドゥルーズ、現代音楽、と色々勉強できました。(^^;)

一番意外だったのが、ドゥルーズの哲学がブラウワーのspread理論(集合論)と
殆ど同じものだった点。翻訳でセリーとかフランス語で格好をつけるから、
分からなくなるので(僕はフランス語できません!)、田辺のように「系列」とか、
あるいは、もっと即物的に「列」でよいのに….

で、これを切っ掛けに種の自己否定の発想の裏に佐藤省三のテンソルの論理
があり、佐藤の「コーエン哲学を微分でなくテンソルで理解する」という
提案から切断が生まれた可能性が高いことに気が付く。見つかっている史料の関連付けと
新たな関連史料の発見の作業が必要。多分、いけそうだ。

その結果、思いがけず、中沢新一さんの「フィロソフィア・ヤポニカ」を部分的に
だが褒めることとなった。大変、予想外。 :-?
やっていると最初の「おもい」とは別の結果になる。これが論理的・合理的方法
の特性。どういう人でも良い所は良いと言わねばいけない。しかし、何度読んでも、
その弛緩した怠惰というべき執筆態度だけは、どうしても馴染めないので、それは
書いておいた。

で、それに比べて田辺の何と緊張感に満ちていたことか。というより緊張感あり過ぎ。
だから「鎧を着た人」と言われたのだろう。その人物がテンソル(伸張子:林の私訳)
をアナロジーとして使って自身の哲学を開拓したという事実は実に面白い。
ある意味で田辺自身が「テンソル」だったといえる。あまりの緊張力に、今にも
張り裂けそうなのだが、鋼鉄の意志力で、剛体のように統一されたままで耐えている。
田辺は「テンソルの哲学者」だったのだろう。隠遁した賢者然としたところがある
西田の人となりにも、そういうところで反発を感じたのだろう(野上に話した、
西田への印象の変化は多分それを意味しているのではと邪推!)。

最初のページだけ貼り付け。Preview! :-D  :hammer: おおげさ!!
2013.02.10更新。完全版の公開を開始しています。そちらをご覧ください。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/209

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT