Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2011年 9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2011年9月17日(土曜日)

Geschichte der Autobiographie

カテゴリー: - susumuhayashi @ 12時00分36秒

片付けをしていてでてきた 05/2010 Vol.53 Comm. of ACM の特集記事 Beyond
Total Capture。Lifelogging は僕が omnipresent log と呼んでいるものの
個人、人間版。Memex を lifelogging の祖先としているが正しいか?
で、いろいろ考える。

情報歴史社会学の基本手法を使って、それを生み出したエートスを
考えてみると、すぐに思いついたのが、ドイツ語圏の Nachlass
のエートス。なぜ、ゲーデルは伝票まで残したか。なぜ、カルナップ
はライフログのような速記を残したか。なぜ、田辺(心は半ばドイツ人!)の史料は圧倒的
に残っているのか。我々歴史家は、なぜ、このころの歴史を史料で
手に取るように知ることができるのか。それの記録が残される対象が
記録を自発的に残さない限り、この当時は lifelogging はでき
ない。それを装置を腰にさげる、首にかけるだけでできるようにしよう
というのが、現代の IT Lifelogging。そう考えれば、すでに
lifelogging はあり、それは自伝とも関連するだろう。

宇佐美さんが言っていた、中華文明は手書き文字の美しさに
価値を見出すので、下書きなどが残らないという現象が本当ならば、
これは丁度反対のエートスが働いていたともいえる。では、日本では?

少し調べたら、自伝という分類の書籍は日本では明治以後。
自伝という言葉はいつから使われた始めたか?これも西周あたりの
可能性が大きいだろう。おそらく日本には自伝の概念がない。
日記はむしろ有名なものが多い。これも lifelogging だろう。

回顧録はどうか?回顧録は自伝とは
区別されるようだが。回顧録、自伝とも lifelogging (記憶を含む)
の解釈 and/or データマイニングの結果であることに注意。

既存研究がないかと思い Google ったら、なんと、先日、
田辺関係で調べていたとき(ブルトマン関連か?)に出てきた
マールブルグの Misch の Geschichte der Autobiographie にあたる。

以前から気になっていたカルナップ・アーカイブなどの lifelogging 的性格と
あわせて、調べる必要あり。20世紀中ごろまでは、
ドイツ語圏の方がエートスが強かったという
気がするが、今は圧倒的に英語圏だろう。この変化は何か?


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/150

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT