Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2011年 5月
« 4月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2011年5月7日(土曜日)

Alois Riehl

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時00分25秒

風邪で寝込んでいたが少し回復したので活動再開。まだ、咽喉、頭(痛)、鼻、
筋肉がだめだが熱は少し下がってきた。今は36.7位(ただ、平熱が36.2-3度だからまだ熱はある)。

寝ている間に、M.Friedman, A.Nordmann eds. The Kantian Legacy in
Nineteenth-Century Science が届いたので、少し見る。物凄く面白い。Friedman とGrayの関係がわかった。
Friedmanが源流。この本、藤田さんの講義を聴いて買ったもの。Google books で 
critical realism Riehl でsearchするとtopにでる。

A. Nordmann:
(1)p.249 This is how at least some of the neo-Kantian conceived of their project,
and this is how the story is told by Herbert Schnaedelbach (1983) and Klaus Christian Koehnke (1991).
(2)p.249 Riehl, Cohen の思想を critical idealism, critical realism と呼ぶ。
(3) Cohen への言及多し。
M.Heidelberger
(1) The recent efforts to identify and analyze the neo-Kantian roots of logical positivism
have primarily concentrated on the impact of the Marburg School on Carnap and Schlick.
これは、M. Friedman の開いた道。それが effortsであること。この論文集自体がその方向らしい。
そして、全体は、主に哲学者により主導されているが、J.Gray, Jesper Luetzen の寄稿がある。2006年出版だから、
Gray の Marburgへの言及はこれがもとと見たほうがよい。これでFriedman, Gray が繋がった。辺境にいるものは
回り道をしないといけないので辛い。しかし、これで自然な道を歩んでいたことがようやくわかった。
(2) この論文 Riehl の説明が詳しい。かなり重要な位置づけ。自然科学者が受け入れやすい哲学。その中に
日本の哲学への影響の説明がある。p.230 Through the Japanese philosopher Kunaki Genyoku (桑木厳翼),
who studied with Riehl in 1907-1908, Riehl gained some renown in Japan (see Guelberg 2003).
Riehl はニーチェ哲学について最初のモノグラフを書いた人。(pp.229-230) 桑木もニーチェについての本がある。
(リール、チーグラー、ドルソンの著書をもとニーチェを解説した本。http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/757989/5)
(3) p.229 Riehl がその主著で、mind-body problem, problem of external world などについて扱う。
(4) Herbartian p.228.
(5) p..2u This modernizing of Riehl’s program in the hands of Schlick… 著者はSchlickは
哲学的には何も追加する必要がなかったほどRiehl1879に依拠したとしている。
(6) p.228 It even seems that Riehl’s Kantian doctrines are much closer to logical positivism
than to most of the views of his neo-Kantian fellows.


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.shayashi.jp/xoopsMain/html/modules/wordpress/wp-trackback.php/122

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

_CM_NOTICE

24 queries. 0.031 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT