Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2014年 12月
« 11月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2014年12月12日(金曜日)

Everdell, W.R.: The First Moderns

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時45分49秒

今年度後期に全学科目として担当している文学部英語Bの教科書,William R. Everdell の The First Moderns の Kandinsky の章がやっと終わった.20ページもないのだが,学生たちが詳しいレジュメだと高い点をつけるといったこともあるだろうが,どうやら,内容に興味があるらしく,詳しく調べて詳細なレジュメを作るので,英語の講義(演習?)なのだか,ゼミだかわからない様になって,なかなか進まない.まさか2回生がここまで調べて来れるとは思わなかったので,そういう方針にしたのだが,嬉しい様な,困ったような…

いずれにせよ,Everdell の英語は,かなり美文調というか,文学的なので,単純に辞書を引いただけでは読めない.そういう意味では,学生たちには,あまり進まなくても良い経験になるのだろう.ひとつ,驚いたのは,idiom が殆ど Google 検索で調べられる点.何年か前に,英書購読を担当したときには,こんなことはなかったような気がする.これは大変な進化だ.

ただ,学生たちが,そういうことが出来ることを知らず,辞書だけに頼ろうとする人がかなりいるようにみえる.これは驚きだし,高校以下の英語教育に疑問を感じる.辞書程度の文例では,一つの言語を理解するのは無理だ.だから,ほんの少し昔まで外国語のテキストを正しく読むことは本当に大変だったのだが,今はWEBを使えば,かなりのことができる.今日あった例では,”…, there wasn’t much in decorative art that could be called representational,…” の that が decorative art のことだと学生が誤解していたというのがあった.(ただし,この人は,その部分が自信がないと,良くわからないと,ハッキリ言っていた.これは半ば分かっているということだ.一番駄目なのは,自分がわかっていないことが,わかっていないということ.自分が,わかっていないということを知っているのは,場合によっては,単にわかっていることより素晴らしい.)

これは, There isn’t much that I can do,… の様に使われる慣用表現の much と that の間に, in the decorative art が入った文章.これもサーチすると,いくらでも例文が出て来る.ただ,授業中は,自分は正しく読めながら,その根拠を示すことができていなかった.言語はやはり「直観」なのだと納得.しかし,実は簡単でサーチすればよかったのである…ただ,単純なサーチだと駄目だが.

言語の教育は,大きな転換点を迎えているはずなのだが,この保守的な国では,それへの対応ができていないのかも知れない…


2014年12月9日(火曜日)

人文学者としてもう20年か…

カテゴリー: - susumuhayashi @ 12時39分35秒

月5の学部2回生向け講義「論理学の歴史」で,ラッセルにとって数理論理学がなんだったのか,ということを説明するために,何故,僕が最初は数学をやっていたのかという質問票への答を伏線として使い,そのために随分昔に書いた「世界をまるごと理解できるだろうか」を使おうと思ったらリンクが切れていた.気づくと,何個もリンクがきれている(Xoops のモジュールで管理していたのを忘れていたのが原因).で,古いHDDの内容を保存しているディスクで古いファイルを探し出しリンクを回復.

その中の一つに,「この5,6年,数学史の研究をしており,そちらの方が,本業の情報工学より中心になりつつある」という様な文章を見つける.で,これがなんと2000年ころ.ということは,もう文系の研究歴が素人時代をいれると20年になるわけだ.アマチュア時代が10年近くあったとは… 5年位だと思っていた.人文学者としては,まだまだ,駆け出しだと思っていたので驚く.僕は論理学の研究者として出発したが,論文を書き始めたのを学者としての起点にすると,たしか修士1年の夏休みのころだから,22才くらいかな?となると,ほぼ,研究者としての生涯の半分くらいは人文学者として過ごして来たことになる.驚き.ただ,プロになってからは,まだ,10年に過ぎない.やはり,まだまだ駆け出しだな.


2014年12月5日(金曜日)

京都学派アーカイブ大改造を開始

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時26分23秒

常滑市の「谷川徹三を勉強する会」と市立図書館を取材させて頂いて以来、
こういう「地方の力」とでも言うべきものに、凄いものを感じ、
それをプロモートする手助けになるように京都学派アーカイブを変更し、
そして、それにより京都学派の思想家たちが残した史料の所在情報を
できうる限り収集するという計画が生まれたが、京都学派アーカイブを
デザインしてもらった京大近くのMMJ、特に今の京都学派アーカイブの
デザインをしてくれた松本さんとの二度の議論を踏まえて(二度目は、
実際にアーカイブを動かす院生の橋本君も参加して3名のミーティング
を木曜12月04日に実施)、この目標の実現に向けて歩を進めることに
決定!

なかなか大変な作業だが、やりがいがある作業になるだろう。

でも、またまた、忙しくなるな〜〜〜。ハハ…(^^;) 


24 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT