Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2014年 9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2014年9月6日(土曜日)

「20世紀現代数学とゲーデル」、序章、一章完成!!!

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時31分44秒

前回書いたような経緯で、数年前に引き受けた岩波新書の序章と1章が完成!!!

ここまで出来ると、後はテクニカルな問題が主になる。つまり、漸く、何をどう描くかが決まったということ。

しかし、ここまで20世紀の代数幾何学・数論の歴史と、集合論・論理学の歴史が重なるとは思わなかった。実に驚きだ。

フェレイロスの「思惟の迷宮(Labyrinth of Thought)」の翻訳プロジェクトと合わせて、これが日本の、もう維持できなくなった歴史観を変えてくれたらなー、と思う。

しかし、マックス・シェーラーが東北大学の教員として赴任する直前に書いたように、この国の人々は、実に保守的だ。良い意味の保守ではなく、単に、現状を維持したいとう言う意味の、姑息に保守的なのである。

しかしそれでも、僕等のような老人は退場していき、新しい世界が訪れる。それを信じよう…


2014年9月2日(火曜日)

上から目線

カテゴリー: - susumuhayashi @ 04時17分38秒

二つの締切は、まだ、出来ていないが、お蔭で、他の仕事がはかどる。 :-D :hammer:
締切というものはストレスなので、それから逃避しようとして、他の、まだ、締切が
迫っていないもの、締切のないもの、締切を設定した人(編集者など)が、半ば
諦めてしまったもの ;-)、そして、新しい展開、などが、却って、捗ってしまうのである。

ということで、なかなか進まない岩波新書「ゲーデルと数学の現代」の歴史部分が、
進みつつあり、また、締切の仕事とは殆ど関係ないのだが、教育学部の名誉教授の
竹内洋さんの本を幾つか買って読むなどしていた。

で、後者の竹内さんの本なのだが、時々、「この人ならばやれるかな?」という
学生さんに出会った時に、話していた、第2次世界大戦後の日本の超大衆主義と、
その中における学者の生き方の分析、特に、マスコミ学者、丸山眞男に代表され、
その政治的対極としての田中美知太郎とか、そういうマスコミに出ることを自分の第一の
仕事とするような学者たち、現在で言えば茂木さんのような人たちの存在が、
如何に生まれたか、また、その意味は、ということを、歴史学的に解明できたら、
すごくおもしろいよ、とすすめていた話が、ほぼ、説明がついていることを
発見!竹内さんは自分も公共知識人(マスコミにでることを主にする学者など)と
定義しているらしいが、確かに読者の想定の関係で、学術書とは言いかねるところがあり、
その分、まだ、学問にできる余地があるが、多分、そうしても、結論はあまり変わりそうに
ない。そういう意味で大変良い仕事に見える。(もちろん、見えると、そうだ、ということは
一致しない。これが一致しないことを実証できたときに、偉大な学問が生まれる。)

この竹内さんの歴史観のポイントは、「上から目線を躊躇しない」ということ。
僕も、この立場には、大変に共鳴する。

何と言われようとも、上から目線で、やります。

学生たちに、少なくとも一度は、上から目線で世界、
社会を見てほしいから。


22 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT