Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2014年 8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2014年8月22日(金曜日)

システム・クラッシュと二つの締切(T_T)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時53分49秒

ときどき、直接とか、学生たちから聞いて、このブログが色々な方たちに読まれているのを聞くことがあるが、
もともとは、このブログは自分と自分の周りの人、特に専修(研究室)の学生さんたち、に見せるために始めたもの。

自分に見せるというのは、未来の自分に見せる、つまり、本来の意味でのWEB上のログということ。
時々、どう見ても誰にも意味が解らないだろうと思われるような投稿があるのは、そのため。
特に新しいことを考え始めたり、史料調査に行ったときの投稿は、そうなる。

それ以外は、基本的に、あなたの指導教員は、あなたの colleague は、今、こんなことをしてますよ、
というスタンスで書いているのだが、カテゴリーが、今回の様に「泣き言」になっているときには、少しトーンが違う。

これは、本当に泣き言。

実は、数日前に、突如、家の仕事用の、しかも、大学の研究室においてある
公費で買ったのを含めて、もっともパフォーマンスが高い自腹のPCがクラッシュした。
HDDかと思い換装してみたが、もうOSがぐしゃぐしゃらしくどうしようもない。

ということで、泣く泣く、Windows8.1 をリフレッシュ。2年弱しか使ってない水冷の高級機なのに…
#水冷にしたのは、僕の書斎が暑いから。34度はあたりまえ。
#でも、冷房に弱いので昼は冷房は使わないので、夏になるとマシンが遅くなる。
#で、少しでもCPU冷却能力の高いものをと思い水冷。

原因が特定できず、もしかしたら、マザーボードの問題かもしれないので、
念のために、同じ会社の半額程度のマシンを予備機として注文。
古い方はHDDを2TのHDDにコピー用の機器を使って換装。
で、リフレッシュ。(再インスト―ル用のデータは、SSDに
入って、マシンに取り付けられていた。こういう時代になったのか。
若いころにメイン・フレームのラインエディタでリスプ・プログラミング
をしていた御爺さんとしては感慨…)

で、面倒なのは、ソフトの方だが、何とかセーフ・モードで立ち上がるので、
その状態で、インストールされているソフトをリストして記録(デジカメ!)。
昔は、良くクラッシュしていたので、こういうのは、全部、再インストールの手順ごと記録していたのだが、
プラットフォームの信頼性があがり、再インストールの必要が減って来たので怠っていた…

で、数日かかって、なんとか、ほぼ、普通の仕事ができるレベルまで回復…
というのが、現在の状況。あっと!まだ、SnagItを入れていない…

これで3,4日予定が狂ってしまったが、31日に締切が二つもある。
#その間に、講義・演習の採点の締切も!明日!!!

で、今回は、この締切の「債権者」の方たちが、このブログを
見ていてくれたらなーーーー。

という、話。


2014年8月7日(木曜日)

Substance and Function

プログラミング言語の多くがオブジェクト指向化する中、MapReduceのような関数型言語もどきのものが、
復活していることに、昔、関数型言語陣営に属していたものとして、意味があってよかったという
気持ちと同時に、概念的に納得のいかなさを持っていたが、Skidelsky の Ernst Cassirer で引用されている
Substance and Function の一節

The content of the concept cannot be dissolved
into the elements of its extension, because the two do not lie on the
same plane but belong in principle to different dimensions. The
meaning of the law that connects the individual members is not to
be exhausted by the enumeration of any number of instances of the
law; for such enumeration lacks the generating principle that enables
us to connect the individual members into a functional whole.

を読んで納得。要するに、Term logic 的、あるいは、ライプニッツ的に、
そのなかに、そのすべての可能性を所有する個として、Termを見る場合と、
シェーラーや、上のカッシーラや、京都学派の場、場所、種のような、
見方で、Term を見る、二つの見方がある。ビッグデータのような場合は、
各データの「個性」などというものは無視して、それを「点」として
扱うので、後者の見方が有利となるケースが圧倒的で、だから、それを
扱うプログラミング言語が関数型的であることは自然。

しかし、一個一個のもの(オブジェクト)を、その内部に座って
(ユクスキュルの Innenwelt に座って)、その動きをアニメイト
しないといけないプログラミング、たとえば、ブラウザやエディタ
などでのフレームなどのGUIとイベントハンドラーのコーディング
を行うときは、全面的に前者の世界観に浸らないと、コードできない。

だから、二つのスタイルとも、ともに必要ということになる。

しかし、カッシーラの上の文章は面白い。into a functional whole の
原語は、zu einem funktionalen Inbegriff。これは Manfred Frings
がいう functional existence と同じ(Frings, The mind of Max Scheler, p.24)。
また、西田の「場所」と同様の発想。この当時の流行というべきだろう。

そういう哲学者が考えた、個と関係性、Substance and Function (この時代の
哲学者や Frings は、function を、つながるもの、つなげるもの、という
ような意味で使う。だから、実は、Relation だったり、operation だったり
する。ユクスキュルの Funktionskreis も同じような使い方)が、
IT、特に、ネットの時代に、alienated されて現われ、それが実際の
人たちの感情をリアルタイムで繋ぎ、むしろ、それが魂を外化の方向に
引きずっているということは、実に、驚くべきというか、恐ろしくさえある。
この先、どこまで引きずられるのだろう…


2014年8月6日(水曜日)

この数日で考えたこと

Labyrinth of Thought 2章の翻訳作業を開始。著者はスペインの
科学史家フェレイロス。

この人の手法は僕の手法によく似ている。

それで思ったのだが、フェレイロスや僕がやっているようなことは、
数学史ではあるが、より適切には数学思想史と呼ぶべきだろう。

つまり、数学に興味があるのではなくて、むしろ、それをやっている数学者の
ものの考え方に興味がある。だから人間関係とか、手紙とか、日記とか、
未発表原稿とか、講義資料とか、そういうものに大きな興味を持つ。

僕の場合は、特にそうで、数学の歴史を理解したいのではなくて、それを通して「近代」を
見たいのであって、専門の一つだと言っている数学の歴史は手段に過ぎないとさえいえる。

元が、一応は数学者だったので、ある程度まで数学をちゃんと理解する能力があり、
それが人文学者としての強みになっているから、情報技術史とともに、
それを多用しているが、もし、元が生物学者だったら生物学史を使っていただろうし、
物理学者だったら物理学史を使っていただろう。
#同じことが生物学でできるというのは、Reenchanted Science を講義してみて実感した。
#ユクスキュルの存在は大きい。しかし、ヘルムホルツの存在を考えると、おそらく物理でも
#同じことができるはずだ。エホバがいれば必ずルシファーはいる、ルシファーがいれば
#必ずエホバがいる。ただ、ユクスキュルにあたる人がいるのか、だれになるのか、
#物理を知らない、僕は解らない。丸山君が解明してくれるかな?

昨日(5日)は以前調べておいたワイルの哲学関係の講演などをまとめた本を読む。
キンドル版なので、たちどころに手に入るがのがうれしい。これが大変に
面白い。ニーチェ、キルケゴール、ディルタイ、ハイデガー、ヤスパースなどに
まじり、シェーラーも出てくる。この人がブラウワーを、この系譜でとらえていた
ことは明らか。1949年の Man and the Foundations of Sciences という
未発表のマニュスクリプト。この中で、ハイデガーの Sein und Zeit の思想を、
英語圏の人々に何とか解説しようと延々と語っている。

「ゲーデルと数学の近代」に関連して、Mind&Nature, Kindle版、コロンビア大200年祭のパラグラフ17が面白い。

Last but not least, I have seen our ideas about the foundations of mathematics undergo a profound change in my lifetime. Russell, Brouwer, Hilbert, Gödel. I grew up a stern Cantorian dogmatist. Of Russell I had hardly heard when I broke away from Cantor’s paradise; trained in a classical gymnasium, I could read Greek but not English.9 During a short vacation spent with Brouwer, I fell under the spell of his personality and ideas and became an apostle of his intuitionism. Then followed Hilbert’s heroic attempt, through a consistent formalization “die Grundlagenfragen einfürallemal aus der Welt zu schaffen” [to answer the fundamental questions of the world once and for all], and then Gödel’s great discoveries. Move and countermove. No final solution is in sight.

フォン・ノイマンの「変心の系譜」と並行して、これも使うこと。

他の面白い点を記録:

  1. I have wasted much time and effort on physical and philosophical speculations, but I do not regret it. I guess I needed them as a kind of intellectual mediation between the luminous ether of mathematics and the dark depths of human existence. While, according to Kierkegaard, religion speaks of “what concerns me unconditionally,” pure mathematics may be said to speak of what is of no concern whatever to man. It is a tragic and strange fact, a superb malice of the Creator, that man’s mind is so immensely better suited for handling what is irrelevant than what is relevant to him. I do not share the scorn of many creative scientists and artists toward the reflecting philosopher. Good craftsmanship and efficiency are great virtues, but they are not everything. In all intellectualIendeavors both things are essential: the deed, the actual construction, on the one side; the reflection on what it means, on the other.Creative construction is always in danger of losing its way, reflection in danger of losing its substance.

今朝(8月6日…)は後期の特殊講義準備のために西谷のニヒリズムのシュタイナー
のところを読もうと思って全集を読み始めて、むしろ、リアリズムとの
関係に目が行く。以前、読んだときには理解できていなかったが、
シェリング、キルケゴールなどの西谷の意味でのリアリストの位置づけと、
上のワイルの construction を重視する人たち、というのは同じ。

西谷のは、明らかに、西田の純粋経験とダブっている。で、西谷の意味のリアリスト
たちはヘーゲルのイデアリズムを通ってリアルに接続する運命にあった
という点を読んでいて、自分の立ち位置をようやく理解。
#また、これは上に書いたワイルの哲学の議論と完全に連動している。
#ただし、飽くまで西谷は哲学者の、ワイルは数学者の立場にたって
#語るため、見かけ上は、かなり異なるのだが…

要するに僕が哲学に最終的には違和感を持つのは、この点。つまり、僕の
ようなプラクティスもやっている人間には、これは哲学の範囲の中で
哲学でできないことをやろうとしている無謀な、まるで、気持ちの問題により、
*安易に*太平洋戦争に突入した大日本帝国の行為のようにみえる。
#太平洋戦争突入が、犹澆爐忙澆泙譴名況”に置かれたからだ、
#などという*言い訳*は、僕は絶対に受け入れない。人間は這いつくばって
#でも生きるべきだ!!

だったら、歩き回れ、蹴っ飛ばせ!、と言いたくなる。

で、実際、僕は、そういうときは歩き回るし蹴っ飛ばす。

ただし、それだけでは危うい。僕は、ワイルの

Creative construction is always in danger of losing its way,
reflection in danger of losing its substance.

に共感する。そして、これはウェーバーの理想型の思想でもある。
だから、ウェーバーが好きなのだな。


24 queries. 0.042 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT