Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2013年 7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2013年7月7日(日曜日)

若い研究者にとってのSMART−GSの可能性

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時18分34秒

インド古典の志田さんが、久木田さんの助けを借りて、SMART−GSを利用したインド古典Telugu文字の解読ワークショップを開くとのこと。また、伊藤和行さんがガリレオ史料をSMART−GSで解析することになり、幸にもラテン語が理解できる院生の秋田君がいたので、彼に前処理作業を依頼(こういう時、多言語ができる人は強い)。この伊藤さんの研究は、内容が面白そう。SMART−GSがそういう研究に貢献できると大変うれしいのだが。事前の打ち合わせからすると、相当に使えそうだが、こういうのはやってみないと分からないので、keep crossing fingers で待つ。

木曜日の技術演習で、学生さんたちが、内海日記は読むのが難しいといいながらも、SMART−GSでドンドン翻刻を進めていたのとか、この二つとか、昨週は、なにかと、SMART−GSの仕事が多かった。で、考えたこと。

伊藤さんと話していて、もう僕らより上の世代の人でないと、一次資料を読んで歴史をやるという人がいないとのこと(ただし、科学史でのこと。現代史では一次資料読みが、すくなくとも、京大文では標準)。その理由として、若い人は論文の数を出さないと認めてもらえない時代になり、一次資料読みなどという手間がかかることをやっていられなくなったのが一番大きそうだという話になった。実際、年配の研究者は、もう地位が安定していて、そういう人たちが(僕もその一員)、十分な時間と、蓄積した読みの技術、を使って一次資料を読んでいるのに対して、若い人たちが対抗するのは、現在の状況では無理なので若い人たちに、一次資料を読めというのは、酷だという話になった。
#推薦状を書く立場からすると、学振の研究員とか、論文の数があればとおる、という感じ。
#僕は内容が駄目だと思ったら、推薦状でも誉めないが、他の分野の研究員などみると、
#内容など酷くても、論文数だけで通っているらしいと思われるケースがある。

で、学部生、しかも、主に低学年の人たちが、マニュアルもろくに見ないで、ちゃんと、SMART−GSを使いこなして内海日記を翻刻しているのを見ると、もしかして、SMART−GSが、この現状を打破する一助になるのでは、と考えた。やはり、ITを、年配の人が使いこなすのは難しい。だから、その点で、SMART−GSが楽に使えるという強みが若い人たちにある。また、ITが人文学の力になることを、認識できれば、さまざまな工夫を自分でてきるようになる。

そうすると、SMART−GSによる一次資料研究は、従来の手法に比べて

1.一次史料を読むことに置いて、若い人の方が年配世代に対して優位にたてる。
2.従来必用だった時間と手間を大幅に低減可能で、これからキャリアを築かないといけない若い研究者にも一次資料研究がaffordableになる。
3.しかも、一旦、「鉱脈」が見つかると、関連史料を見つけやすいので、論文をドンドンかける。

という長所を持っており、若い世代にとって有利な武器になると思われる。

で、これが本当ならば、一次資料研究の復活に貢献できるかも。そうなってくれると良いのだが。

一次資料のレベルから、歴史が書き換わるときの、書き換わり具合は、凄いものがある。逆に言えば、一次資料にまで手を付けないと、同じ様なところをグルグル回りばかりする可能性が非常に高くなる。そればかりか進むことによって、かえって悪くなっているケースが多々見られる。一次資料は自然科学の実験・観測のようなもの。天から、真実が降ってくる。
天から降ってきた真実ほど、力強いものはない。


2013年7月5日(金曜日)

Kronecker と Brouwer

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時45分01秒

パートナーのために読んだ学生さんのレジュメで、クロネッカーがブラウワーの先駆と書いてあった。

この見方は、あまねく広がっているが Edwards も指摘していたはずだが、あまり当たっていない。もし、ブラウワーの思想と数学を見たら、クロネッカーは、カントールの数学と同様に、それを嫌った可能性がある。数学基礎論論争に絡んだ人物の中で、もっともクロネッカーに近い人をさがすと、実は、パラドキシカルなことに、ヒルベルトになる。このあたりのこと、数理論理学ベースでしか数学を理解できない人には、大変に解りにくいだろう。しかし、クロネッカーや若きヒルベルトは、記号論理学が、まだ胡散臭い新興分野しかなかった時代に生きていたのである。

クロネッカーは有限性を保障するために数学を制限したと思われているが、おそらくは、間違いで、数学を代数化・整数論化したかっただけ。エドワーズがクロネッカーのカントール宛の手紙で明らかにしたように、クロネッカーにとって、哲学を数学から排除し、数学を代数式という、実もふたもなく即物的な、しかし、数学者にとっては、集合などより遥かに豊かな構造を持つ存在の中に埋め込もうというのが、クロネッカーの(老年の?)「夢」。

つまり、狭い意味の算術化をしたかっただけ。そのセンスは哲学ではなく、あくまで、アンドレ・ヴェイユが称賛するような数学者のものだったろう。だから、こういうと、申し訳ないけど、数学を数学として本当に理解できてはいない哲学者には、クロネッカーの真意は絶対に解らない。モントリオール大の、(名前忘れた!)哲学者のように、ちゃんと代数学などが解る人にしか解らない。

クロネッカーが、論文の脚注などで、デーデキントのイデアル論を、「計算できない」などと批判しているが、これは自身のモズル理論とライバル関係にあるイデアル理論を批判するために持ち出した、分かり易い条件でしかないはずだ(そう理解すると、脚注でしかなかった理由も納得できる)。実際、クロネッカーの論文を見てみると、案外、計算が少ないのである。あんなに難しいものを、わかっているなどという気は全くないが、印象では、代数式を使って、抽象代数学をやっているようにみえる。浪川先生が、クロネッカーの研究を評して、Ringの概念もない時代に(スキームの話なのです)、クロネッカーは、その真意を的確に語る言語を持たなかった、と書かれているが、まさにそんな感じ。


内海日記の画像サーチ

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時21分36秒

金曜日2の演習で学部生(主に2回生?)の諸君に内海日記を翻刻してもらっているが、後ろから見ていると画像サーチを自然に使っている。

で、一つの例では画像サーチで「本」という字が読めた(はず)。この「本」という字、大の下に十が書いてあるようにしか見えないのだが、サーチしてみると、宮本章という人名と思われるフレーズの「本」の部分が見つかった。内海日記は、SMART−GSで研究するには、大変良いテキストのようだ。学生たちは、初めての翻刻のはずだがバリバリ翻刻を進めている。すばらしい!!


24 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT