Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2012年 12月
« 11月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2012年12月13日(木曜日)

誤解

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時25分29秒

月曜日に白眉セミナー(水谷さんの応用倫理のセンターと共催)のデジタル人文学
(デジタルヒューマニティーズとか人文情報学と言われることが多いもの)の集会で久木田さんが
SMART-GSについて講演、僕は講義で出られず、懇親会だけ出席。

その懇親会で、僕のことを田辺研究者として知ったという人がいた。うれしい。 :-)

「田辺をやっている人がいるのかとびっくりしたが、調べてみると
デジタル人文学とか色々やっているのが分かって….」というようなことを
言っていたが、如何に田辺が忘れられているかの証拠。

その後、たまたま、今夜、著者の一人からいただいた、金森修編「昭和前期の
科学思想史」を見ていて、金森さんが(ちなみに面識はありません)、
「田辺元をつぐはずだった下村寅太郎」という表現をしているのをみる。

金森さんは新カント派に言及しているのだが、おそらく、新カント派も、
田辺も、ちゃんと読んだことはなく、「田辺は日本最初の科学哲学者」という
流布した理解をそのまま使ってしまったのだろう。田辺は確かに日本の
初期の「科学」哲学者なのだが、科学を括弧で囲ったように、
この科学哲学とは、新カント派マールブルグ学派の意味での
科学哲学なのである。

しかも、それに善の研究あたりの西田の思想に基づくことにより、
マールブルグの「論理主義」に依拠しながら同時に反発したの
が田辺の「科学哲学」なのである。

新カント派マールブルグ学派の「科学哲学」は、その祖 H. Cohen を、
B. Russell がボロボロにくさし、それにCohenの後継者Natorpが真面目に
答えようとしたように、現代の科学哲学とは、似て非なるものなのである。
それに近い現代でもよく知られたものをあげるとすれば、おそらく
極めて逆説的ながらハイデガー哲学しかない!(ウームなんたる皮肉!!!)

下村は、金森さんが書くように確かに晩年に科学哲学を逸脱していくし、
僕の論文で何度か書いたように、田辺を否定する。しかし、それは下村が、
本質的に合理的で、田辺の持つ「闇の部分」を、おそらくは感じながらも
理解できなかったからではないかと思う。この「闇」を的確に理解した人
が西谷啓治であり、下村は西谷に比べると「合理的」すぎる。つまり、
田辺の本質を、なんにも理解できてない。あるいは、見えていても理解
したくない人なのである。

そういう意味で、下村と田辺ほど異質なペアは京都学派の中には、
おそらく他にない。これに比べれば、田辺と戸坂、そして、田辺と
三木というペアが、どれだけ共鳴していることか。田辺が三木の
女性関係を嫌ったので三木を避けたなどという理解が広まっている
ようだが、確かに田辺ならば三木の女性にたいするルーズさ
は嫌ったであろうが、田辺が女性を嫌いだとか、理性ばかりで
熱情がないなどというのでは全くない。鎧を着ている人なので
(これは久野収の表現)それが見えないだけ。それは、晩年の
プラトニックラブの相手、野上弥生子の日記で読める田辺に対する
評価がなによりもよく表していると思う。

それらに比べても、さらに深い対が田辺と西谷。
西谷は田辺に、その性根にある自然科学性に辟易して
(うん?本当かな?西谷を調べる必要あり!)、
限界を見出しながらも、
田辺の最大の理解者だったと思う。

その一つの理由は、田辺、西谷の夫人たちが、
仲がよく、それによる家族ぐるみの
付き合いという、田辺としては稀有のことが
あったことが、あるのだろう。
#おそらく田辺にとって夫人の存在は何よりも
#大きかったはず。田辺は夫人が亡くなったとき
#「妻が私を救ったのです」
#と言って涙したという話さえ語り継がれている。

西谷が回想した、自分の子供たちが
田辺家で遊んでいるのを、田辺が、それを怒りも
せずに覗いたというエピソード(子供達は
田辺を大変恐れたらしい。その一人が西谷祐作)は、
田辺の性格からすると驚くべきことのように思える。

おそらくは、子供のない田辺にも「おじいさん遺伝子」が
出現したのだろう。これを初老になった僕は実感として
感じる。最近、特格、なんでも、子供がかわいい!
自分と何にも関係がなくても、子供、赤ちゃんというだけで、
可愛い!

僕は昔から、子供好きだったが、田辺と同じく、
こどもがいない僕の場合、甥や姪にその対象は限られていた。
しかし、今、状況は、自分でも驚く程で、兎に角、
子供だ、ということだけで、体の芯の部分から、
「カワイイー!!!」と反応してしまう。
#ほとんどお婆さんの状況。
#もともとがおばさんおじさんだったので。 :-)

前立腺がんでホルモン治療をしているので、
完璧色気抜きのお爺さんになっているということもあるだろうが、
(なんでも色事に根拠を求める人がいるが、それが
間違いだということを経験しているこのごろ。
実に得がたい経験だ。うれしい!!!)、それ以前からも、
そういう傾向があったので、要するに、これは、
お爺さんになった人に出現する性向なのだろうと
思う。実に、おもしろいし、ある意味楽だ。

人間の本質は、やはり、シェーラーが言うように、
欲望とかいうものとは違うのだろう。


2012年12月12日(水曜日)

Scheler メモ1

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時49分35秒

B.7. S.240: ..; und in diesem Strome bilden sich erst allmaehlich fester gestaltete Wirbel,..
der Wirbel を生み出すder Strom は Ich-Du が起こす流れ: sich auf Ich-Du indifferenter Strom der Erlebnisse fliesst <<zunaechet>> dahin,
田辺の渦流と似てている。田辺文庫に Wesen und Formen der Sympathie はなかったか?
—————-
同、p.168 ein <<unbegruendbares>> Plus.
das Plus: 単純には surplus。日本語選集では「余剰」と訳している。
unbegrundesbar に注意。基礎づけられない何か。割り切れないなにか。
余りの様なもの。恐らくこれが、田辺S9年史料、冒頭の + の意味。
田辺文庫で、この部分に何かないか?
—————-
11巻、252-3頁:形相や本質を主題とする制度化された形而上学を駆逐したのは(コントが考えた様に)
科学(Wissenschaften)ではなく、正しく政治がこれを完遂したのである。….
Es ist daher aufs tiefste soziologisch getruendet, dass die revolutionaern Unterklassen des
<<vierten Standes>> und ihre Fuehrer die <<Wissenschaft>> ebensowohl zum Religions- wie zum
Metaphysikersataz zu machen tedieren und …. rationalen Scientisfmus der … Buergerklassen…
einen paragmatistischen technologischen Scientisfmus schone lange vor
dem Pragmatismus Booles und W. James’ usw. zu ihrer Leitidee machen.

dem Pragmatismus Booles und W. James’
確かにブールの数学論はプラグマティズムだが、Scheler はそれを読んだのか?
なぜ、数学以外には直接にはかかわらなかった Boole を James の前に
出したのか?
#ただし、Boole の平民学校(?)の努力が政治的なものを含まないわけはない。
#その意図は数学論の中にも明瞭に見える。しかし、政治論までは書いてないのでは?
#人脈の問題あるか?

Scheler のプラグマティズム論を調べる!

Gesammelte Werke の Logik の巻、手に入れる、調べる!
文 宗教 E||2464 2040893039


die revolutionaern Unterklassen des <<vierten Standes>> und ihre Fuehrer

コンドルセ、Condillac に影響された ideology の創始者? Destutt de Tracy,は、Fueher たちなのだろうか?

Klein, Daniel, “Deductive economic methodology in the French Enlightenment: Condillac and Destutt de Tracy,” History of Political Economy, 1985, 17:1, pp. 51-71

http://www.studyplace.org/wiki/Educational_Legacies_of_the_French_Enlightenment

Condillac -> Destutt: Condorcet との関係は?

Kloppenberg route!

———
13巻206頁- 「知識の諸形態と教養」
Band 9, S.85-: Die Formen des Wissens und die Bildung
1925年1月17日。一般向け講演であるために、非常にわかりやすく論点が提示されている。
Scheler 理解に重要。亡くなる3年前?
コスモスとミクロコスモス(個)
———-
13巻 Die Stellung des Menschen im Kosmos の、まえがき 死の数週間前のもの
ほぼ via media の哲学。哲学とは人間を中心としたもの。哲学的人間学。
12−3頁
…人間の自己問題性は….現代においてこそ最大限に達したのである。
人間とは何かについて厳密な知識をいつの時代にもまして持っていないとうこと、
そしてこの問題に対するどのような可能的解答も人間をもはや驚かせないということ、
そのことを人間が認めたときに、次の様な誠実性の新しい勇気も
(Mut der Wahrhaftigkeit: 正直さの勇気?)
また人間のうちに湧きおこったように思われる。
その勇気とはすなわち、この種の本質問題を神学的・哲学的・自然科学的な
伝統との従来普通に見られる結びつき…を断つことによって新しい仕方で
提起しなおすとともに、人間の自己意識と自己観察の新たなる形式を–
人間に関する種々の科学が獲得してきた個別的知識の膨大な宝庫を基礎としながら–
展開するという勇気である。

via media !! Hartmann 的であり、ある意味、ハイデガー的でもある。
しかし、ハイデガーは「人間に関する種々の科学が獲得してきた個別的知識の
膨大な宝庫を基礎としながら」という部分がない。Hartmann ?


2012年12月3日(月曜日)

経済学史学会ヤングスカラーセミナー

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時22分58秒

土曜日に経済学史大学のヤングスカラーセミナーでSMART-GSの講義と講習会。

講義の方は最初が僕のこのPPTを使っての説明。
後半は久木田さんのHCP関連の説明。久木田さんの説明は、
いつもながら的確で分かり易い。
特にバージョン管理方式の説明の図が秀逸。
久木田さんのスライドは、近いうちにリンクします。

講習会の方は、この資料をもとに説明するも、
予定時間を大幅にオーバー。最初は講習会風だったが、
途中からは時間がなくてほとんどデモの状態。
いつに間にか、こんなに機能が増えていて、説明が大変とは。 :lol:

こういうのを嬉しい誤算という。で、もう一つの嬉しい誤算(?)が、
ヤングスカラーセミナーというだけあって、若い人が多く、
講義もそうだが、懇親会で大変楽しかったこと。 :lol:

ひとつ面白かったのが、Nathan Rosenberg
その論文
の話をしても、誰もご存知ない!これはおかしいと思いつつ、
家に帰ってWikipeidiaのRosenbergの記事など見て、誤解に気付く。

Rosenberg の著作集など色々ともっているが詳しく読んだのは、
Babbagge, Mill, Marx の分業論の関係のみ。実は、その僕が詳しく読んだ論文が、
Rosenberg としては異例な作品のはず。

誤解していたが、彼は経済学史家ではなくて、経済史家であった!

この誤認が原因で、経済学史学会の人ならば、皆さん Rosenberg をご存知だろうと誤解していた。
しかし、Rosenberg の作品を読めば、実は、その研究の主要部部分は第2時産業革命のころの、
アメリカからドイツへの視線など、産業界の話が主で経済学史が視線に入っていないことがわかる。

Babbage についての論文も、そう思って読めば、Babbage の分業論の、他の分業論
との比較の議論があるので、一見、経済学史に見えるのだが、まだ、この当時は、経済学という
ものが確立されていたのだから(economics という言葉は Jevons からだとYSSの懇親会で
教えてもらった。面白い!)、Babbageは経済学者ではなくて実践家とみなすべき。
うまり、Babbageの本は、経済学書ではなくて、たとえば、大野耐一が、自身の
トヨタ生産方式について語っているようなものであって、だから、Rosenberg の
Babbage, Mill などの比較は、いってみれば、大野と Goldratt を比較しているようなもの。
ということは経済史なのだ!

Rosenberg の論文は、思想史的な観点からみれば、かなり分析の仕方やエビデンスの
つけかたが甘い。しかし、これも経済史だと理解すればわかる。
つまり、Adam Smith, Babbage, Mill などの分業論の内容の比較が中心で、彼らが
どう考えた、どう書いたかの検討が、あまり行われていないわけだ。でも、
それが少し入るので、僕は、そちらを見て経済学史と誤解してしまったのだろう。

だから、僕が講義で時間をかけて説明し、学生も面白がる、
de Prony の知的分業による階差計算プロジェクトの機械化が
Babbage の Difference engine であるという、
Babbage が力を入れて書いている部分も、
分業論の比較検討にくられべると、随分とあっさり
終ってしまっているわけだ。その部分は経済史には
ならないのだから。

そのために Rosenberg の論文は、情報史的な議論も経済学史的な議論も希薄となり、
Babbage, Adam Smith, J.S.Mill における分業論の内容の比較という、経済史としても
許容できる話が中心になっているのだろう。

そして、そのために情報史家からも経済学史家からも、
その重要性が見落とされてしまっているのでは
ないだろうか。

そうなると、 Rosenberg のテーマのもとで、
Adam Smith, De Prony, C. Babbage, そして、多分 Jevons の、
関連性を思想史や経済学史として研究する、ということが
考えられる。これは面白そう!!!


24 queries. 0.053 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT