Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2012年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2012年8月30日(木曜日)

情報の宝庫 二つの田辺文庫

カテゴリー: - susumuhayashi @ 15時46分19秒

2012年1月号「思想」の田辺史料紹介記事。公開を許可いただいた岩波書店に感謝します。


田辺元の「数理哲学」

カテゴリー: - susumuhayashi @ 15時42分29秒

2012年1月号「思想」の田辺哲学論文。公開を許可いただいた岩波書店に感謝します。


2012年8月26日(日曜日)

京都現代哲学コロキアム

カテゴリー: - susumuhayashi @ 09時31分42秒

25日午後、京都現代哲学コロキアムで講演させてもらった。
https://sites.google.com/site/kyotocolloquium/home/meetings

お願いして聞いていただいた社会学の吉田さん以外は、大変若い人たちばかりの
小さな集会。やっている研究が溝口さんとの議論で何かようやく方向が完全に
わかったと思えたので(感情というそれまで考えていなかったファクターが、
彼との議論が切っ掛けでシェーラーを通して、ワッと全体とつながった)、
久木田さんの誘いにのり話させてもらったものだが、若い人たちの小さな集会。
僕の研究の全体像を初めて出すことにした講演だが、それに適した場だったようで、
大変良いコメントと反応をもらいうれしい。

溝口さんには無理難題であることは承知で、講演をしてもらったが、
やはりちょっとつらかったみたい。すみません。m(_ _)m
でも、興味を持つ人が多くて人的関係もできたみたいで、
とにかく、よかった。僕も彼と話せたし。

Moore はマッキンタイヤなどの倫理学史を調べ始めたところだったので、
少し気になり始めたところだったが、オーストリアは考えてなかった。たしかに、
ブレンターノとか無視してウィーン学派の時代を語ってはおかしいだろう。
モダニズムを通しては着目してはいたのだが、こちらに考えがまわっていなかった。
ハプスブルグを無視するのは完全におかしいのは当たり前だが、見えないときは
見えないものだ。こういうのを教えてもらえるのが知らないところで講演などをする
ことのよい点。京都学派を通して中国、韓半島などの極東の問題もあるし、
まだまだ、いろいろありそうだ。

そのときの講演スライド(8.30に修正)。今後、これを柱として進むことになる。

Oxford の丸山君が夏休みで帰国していて参加してくれていたが、ひとつ前のブログをみて、
間違いを教えてくれた。僕が見たのは、このブログの古い Google search cash らしい。
今は、ああいう間違いはないので訂正。カナダの大学の学生さんの林さんと僕を混同して
起きたまちがいとのこと。この25日の投稿、講演スライド準備中(できたのが、講演30分前。
いつものことだが、そういう時の方が良いものができるのがおもしろい)に逃避行動で書いたもの。
で、ろくにしらべずに書いた。反省。まあ、軽い話題なので… ;-)


2012年8月25日(土曜日)

なんじゃこりゃ???!?

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時06分55秒

この投稿、次の投稿で修正

Wikipedia のこの項目で、

ゲーデル研究者で京都大学教授の林晋は、東のゲーデルへの言及に「東浩紀の知的誠実さ、
そして、そもそもの知的能力を疑わせられる」とtwitterで激しく批判している。

とあったけど、僕は Twitter 使わないのだけれど….

ゲーデル研究者で京都大学教授の林晋は、これを書いた人の知的誠実さ知的能力を疑うと自身の
ブログでやんわり批判している、とか。 ;-)

この本、以前買ったが、ちゃんと読まなかったので批判することはない。
でも、東さんの別の著書をちゃんと読んで、昔の講義資料で批判して、
それをWEBに置いていたことはあります。
#著作権が問題にならない限り、僕は全部公開してしまいます。
#制限かけるの面倒くさいので。それを読んだ人が書いたのかな?

ただ、最近書いた中沢多様体哲学批判では、そんな感じの批判をしています。
#ただし、中沢さんの正しいところは評価しています。

僕は大変嫌味な人間ですが(嫌味を言うのが生きがい :hammer:)
正しいところは誰でも評価します。


2012年8月17日(金曜日)

漸く通常モード?

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時51分18秒

約25日ぶりにSMART-GSのコミット。2回の引っ越しやら病院がよいで時間を取られて思うように進まなかったが、この数日でかなり前進!

原稿と内海日記の件、京都学派アーカブなど予定山積!!!!!

今日考えたこと:人間より遥かに高速の思考しコミュニケイトする生物がいたとする。もし、マイクロ秒が人間の1年に対応するが、
思考レベルは人間と同じとしたら、その生物の社会の思想は人間にはランダムに見えるのではないか?少なくとも人間はコミュニケーション
を観察できないので。

価値と実質の相違も、そういう時間の差異ではないか?

田辺のヒルベルト公理論への歴史主義的評価。歴史主義とは知識社会学的ということ。社会こそが歴史のメディア。

これはライプニッツ新理論の神の必要真理が人間には偶然とうつるというのと同じ思想。

これらの思想は完全に外延的。

これはドゥルーズ・スピノザに自由を見る観点、カオスの観点と同傾向の思想。

それに抗したのが、前期、ハイデガー。(後期は?)


28 queries. 0.043 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT