Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2012年 5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2012年5月20日(日曜日)

この「ブログ」はブログではない

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時14分24秒

一つ前の Jevons, Babbage の投稿は、僕の講義に出ている人たちに見せる、僕の研究に関心を持ってくれている人たちに見せるという意味も大きいが、何より大きいのは、自分が考えたことを纏めるためと、忘れないため。例えば、この投稿の内容は、中井さんへのメールを自分のために纏めなおしたもの。メールは良く迷子になるので… ;-)

で、もしかしたら前にも書いたが(同じことを繰り返し書いていたとしたら、僕が老人であることの大きな証拠!老人は大切にしましょう! :-D  :hammer:)、このブログは、いわゆる世間一般の定義でいうブログではない。これは巨大な独り言集なのである。だから、喜多さんがブログにコメントしようとして出来なくてメールで書いてくるとか、理学部の三輪さんに「ブログ(?)」という風にクエスチョンマークをつけられたりする。 :-)

以前、ゲーデル関連のBBSを主催していたころ、2ちゃんねらの先祖のような人々がたかってきて、大変迷惑して、最後は面倒になってBBSを閉鎖したことがある(このころ、まだ2ちゃんねるはなかったか、あっても知られてなかった。この人たちは、Newsで跳梁跋扈していたのがBBSができて、そちらに移動してきた人たち。多分今はもう50歳代以上?)。

その時の「闘い」の経験から次の様なことを考えた:

自分がバカであることを理解する能力もない人が結構な数いて、リアルな世界では窓際とかマイナーの立場であることが多くて発言ができない、そういう人たちが、日ごろの鬱憤を晴らすためか、匿名で掲示板などに好き勝手なこと、ただし、本人達は、自分の存在意義になっている「考え」「思い」「思想」を書いてくる。それはリアルな世界では、自分(の仕事や勉強)に関係ないか、あるは、関係ある場合、表に出すと周りにバカにされることなのだが、その人たちにとっては、それが自分の価値を確認するための重要なものになっている。

そういう人たちは、致命的な間違いや誤解を指摘して、死亡状態になっても、自分が死んでいることを理解することもできないために、平気で「生きている」。つまり、彼らは、殺されても死なないゾンビなので、撲滅することはできない。そうでない人たちを増やして、そういう人たちを包囲して封じ込める、あるいは、少数のそういう人たちが跳梁跋扈しても、平気なほどの健全な仲間の多数派を形成するしか、こういう人たちに対処する方法はない。

間違い、誤解、トンでもの撲滅は無理で、もしやろうとすると独裁主義にでも堕すしかない、ということに気が付き、それ以来、出来る限り「トンでも撲滅」の運動とか、物凄く間違えていて修正不可能か修正に物凄く時間と手間がかかりそうな人への対応はせず、無視したり、あしらうだけにしている。(ただし、自分の学生だったりしたら、とことん付き合う。まあ、そういう時には、学生さんは徹底的にやられるので、大変そうですけど。 ;-)

で、そのため、僕の「ブログ」では、ブログ本来の最大の特性の一つである、双方向インタラクションの機能が意図的にOFFにされている。つまり、コメント欄など「読者」から「著者」である僕への非リアルでの反応の回路を意図的に遮断している。これはリアルの著書の場合も同じで、昔は読者からの手紙などに丁寧に答えていたが、最近では特別な場合を除き、あるいは、リアルに知人だとか、講義の参加者であるとかの場合を除き、基本的には無視するようにしている。

というような次第で、この独り言集がブログである理由は、ただ一つ。ブラウザーがありさえすればすぐに書けるという条件を持つことだけ。それ以外は以前、HTMLで書いていた「日記」とまったくかわらない。

で、このような次第で、僕の「ブログ」は、喜多さんや三輪さんのような「アレレ??」という反応が起きるように、本来のブログではない。今週、水5の講義でWEB2.0の話をして、それをブログとGoogleの時代、として説明するので、学生さんたちが「林のブログは林の説明と違うではないか」と言いそうなので、ちょっと書いておいた。

つまり、学生さんから質問がでれば、「ブログ見てください」と言えるわけ。書きたい!お喋りしたい!という欲求を満たしつつ、こういう実利面がおおいのが「ブログ」のよいところ。 :-)
しかし、ちょっと、といいながら長い!だから僕はTwitterは駄目!文字数制限されたらフラストレーションが溜まり過ぎる。


Babbage, Jevons, … computing と economics

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時13分25秒

金曜日に2011年度西田田辺記念講演会での僕の講演がきっかけで知己となった経済学史家の中井先生(近畿大学)が突然研究室にお見えになった。京大で学会か研究会があったらしく、龍谷大学の経済学史家小峯先生と一緒にお見えなり、関西学院大学が最近購入した Foxwell 文書とか、中井先生の秋からのケンブリッジ留学、近藤先生の内海日記研究、ロンドン大学のベンサム・プロジェクトなどについて話す。

経済学史研究におけるSMART-GSの利用の関連で挨拶に見えたわけだが、これがきっかけで、情報思想史、社会思想史上の重要な連関を見つける!

関西学院大学が巨額の費用を使い、そのアーカイブを手に入れたHerbert Foxwell は英国経済学で重要な役割りを果たした人物で、JevonsとBabbageとの関連で現れる。Campbell-Kelly と Asprey の教科書でロンドンの為替交換所として紹介されているLondon のClearing Houseの話をBabbageが著書で書いている。(不明な点:独立した本で著書ではあるのだが、Babbage の生前の代表作 On the Economy of Machinery and Manufactures との関連は?)、その clearing house についての著書を、Jevons が論文で書いており、死後にそれは著作集の一つに収録される。この著作集を編集したのがFoxwell。Jevons を彼のlogic pianoによりビクトリア時代の人工知能の祖とみなせば、その人と、ビクトリア時代のコンピュータの祖とみなせるBabbage が経済学を巡って交差しており、それに Foxwell が絡んでいて、それを契機に、僕は、それを経済学史のルートで知ることなったわけだ。しかも、Jevonsは限界革命という古典主義経済学を超える新経済学の三人の祖の一人なのだそうだが、もう一人が C. Menger (ウィーン学派の K. Menger の父)なのだから、やはりこの時代の人的つながりというのは、物凄く dense。

友達の友達の友達…とやると7段くらいで世界中の人が繋がるという話があるが、それを知っていても、こういう連関が、この時代にドンドンみつかるというのは、単なるグラフ論の問題ではなかろう。要するに、人が少ない?、ともいえるが、その思想のもつ傾向の近似性から、やはり近代性のような特定の「モチーフとしての思想」が流れていると考えるべき。

これは月曜日の特殊講義、水曜日の講義の両方に深く関連。

大変、興味深いのは、この歴史的関連性の発見の経緯。
1.林が田辺元についての講演を西田・田辺記念講演(2011)として行なう。
2.この講演会は2名が講師だが、もう一名が 、その思想と西田の思想の関連性などを指摘されているT.H. Green の研究で知られる行安茂先生だったわけで、中井さんは僕のことは知らず、行安先生の講演が聴きたくて聞きにこられた。ところが、そこで、もう一人の講演であった僕の講演で、歴史研究用ツールSMART-GSについて、偶々知る。
3.そして、SMART-GSに絡む交流という偶然の媒介上で、僕の経済学史への興味を通して、 Jevons, Foxwell, Babbage の関連が見つかる。

これは一見不思議なのだが、ここで米国プラグマティズムの思想と German social democracy の伝統を関連づける、James T. Kloppenberg 視点を考慮すると、京都学派、プラグマティズム、T.H.Greenが結びついてしまうために、むしろ、この経緯は自然にさえ見えてくる。行安先生が、僕の講演で紹介したブラウワー、田辺の思想とグリーン、西田の思想の同形性に大変関心しておられたが、むしろ、それは当たり前なのだろう。しかし、それは、祖の時代にはある程度見えていたのではないか?そのことを「思い出す」のは、WEB時代の現代では寧ろ簡単だろう。それよりは、どうして、我々はそれを「忘れてしまったのか?」。その問いの方が重要なのかもしれない。

これでKloppenbergの仕事の重要性がますます大きくなった。


22 queries. 0.040 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT