Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2011年 10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2011年10月26日(水曜日)

消費

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時04分50秒

以前、社会学で「羽入・折原論争」というのがあって、ある意味で日本社会を象徴するような、
がっかりするような事態が起きたのだが、そのとき、このサイト「羽入・折原論争」の作成者の北大の橋本さんに、
お願いして、その中でコメントをしていた学者でない人を紹介してもらい、メールで議論をさせてもらったことがある。
議論は羽入・折原のそれと同じく、全く噛み合わず、「砂を噛むような」という使い古されて陳腐なはずの言葉がピッタリ嵌る状況を経験した。

その時のことを時々反芻し、それがその後の僕の執筆の態度にも影響をしている。それまでは「一般向け」の良い本を書きたいと思っていたが、
それからは、それがこの国では不毛だと思うようになった。それで、岩波文庫の「不完全性定理」(の解説)を書くときなど、
京大で教えている院生や、学部生の優秀な人たち、そして、お医者さんとか、別分野の学者さんを読者として想定して書いた。
#僕もその人種の一人だが「一般向け」の本は大好きだ。ただ、楽しめるもののほとんどが、
#そのオリジナルが海外の言葉で書かれているのが悲しいが…

で、そういう読者の設定の理由として、なんとなく「そうでない読者は、僕の本を消費する。
たとえ印税が沢山入っても、その代償に消費される本を書くのは嫌だ」と思ったことがあるのだが、
でも、その肝心の「消費」の意味が、自分でも分かっていなかった。

ところが、突然、それが分かった。多分、岩波「思想」1月号の結局は削除してしまった中沢新一批判の部分を書くために
中沢さんのテキストの分析を真面目にやったとこと、そして、卒論を書いているS君と、ハーレクイーンのような「消費される小説」
について議論したことなどがそれの原因なのだろう。

で、結論として、「AがBを消費する」とき、Aはそれによっては本質的に変わることがないという特性がある。
要するに消費者というのは、自分が本質的に変わることを嫌がる人である。哲学や数学、あるいは、
思想の古典などの「難解」と呼ばれるテキストと格闘し、それこそ何年も格闘し、それを「理解」したと思ったときには、
大抵の場合、自分自身が大きく変わっている。「理解」という言葉は、自分は円の中心にあり、動かず、変わらず、
何か外にあるものを摂取するかのようなニュアンスが少なくとも現代日本語ではつきまとうが、実は「本当の理解」
というのは自分がその「理解の対象」と融合し、あるいは、絡め取られることでもある。
外国語が自然にわかるようになるという経験をした人には、この意味がわかるだろう。
この様に変化する。そうでなくては、新しい自分の段階は得られないのだから、
たとえば、学者としては、消費としての「理解」は理解というに値しないものとなる。
学者の言う理解とは、それ以前ものを壊し否定することだから。

しかし、文化やテキストを消費する人は、一回ごとのエピソードで自分が変わることなど考えてはいない。
癒されました、とか、感動しました、とかいうのは、実は自分の本質は何も変わっていないという意見表明だ。
本当に変わったら言葉はでない。変化に圧倒されて言葉を出すことなど無理になる。
圧倒的に美しい自然を目にしたときのようにただ黙って見つめているしかなくなる。

これが消費される本か、消費されない本かの違い。つまり、消費者とは、怠け者だといえる。
しかし、ハーレクイーンならば、消費者は怠け者でないといけない。そのために、つまり、楽しむために、消費するために、その本は書かれているのだから。
ハーレクイーンを読んで「地下生活者の手記」を読むようなセンセーションを受けたのではかなわない。
以前、亡くなった森さんがおもしろいことを書かれていて、学生が感動するような講義をせよという人が多いが、
もし、全部の講義が感動ものだったら、学生は一日に幾つも講義を聴くのだから疲れて大変だろう、というのである。
なんと、真っ当な意見だろうと感動しつつ、大笑いした。

そういう意味で消費されるものはあるべきだ。むしろ、大勢は消費されるべきものだ。素人と玄人の人口比を考えれば、それは当然のことだ。
ただ、今は、玄人がなにもかもえらいのだという、僕らの学生のころまであった、いまとは逆向きの非現実的な支配的意見への反発として、
単に、それの裏返しが起きている。戦前の天皇陛下は神だ、の裏返しとしての、消費者は神だ、というのと同じ。
これらは方向が逆なだけで、実は同じ思想。僕は、こういうのが一番嫌だ。

だから、僕は売れる本は書きたくない。もちろん、しょうもなく世俗的な僕はお金は欲しい。しかし、そうでない要素も持っている僕は、
自分の感情に素直になると、印税より気持ちよさを取る。「僕の本が、現在の日本で、売れに売れたら、それは恥だ」と思うし、
そのまま発言して同僚に訝れたりする。もちろん、自分と同じ考えの人が増えて売れに売れたのならば、
もう、その時点で死んでもいいぐらいにうれしい。デモ、死ねません。センセイの世話をせねば。 :-)

ということで僕の意味での「消費」が漸く自分で理解できたいう話….. ウン?
学生諸君、以上の「理解」についての議論から、この「自分の意味での消費が漸く自分で理解できた」という文の意味を説明せよ!レポートの提出は….
#冗談です

ところで、全然関係ないのですが、sourceforge.jp のユーザ活動順位が月間7位、週間4位になってしまった。
どうなっているのだろう。玄人の学者が、こういうのをやるのは珍しいということかな…
#エートっ。この文をテキスト分析すると….


2011年10月23日(日曜日)

sourceforge.jp

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時17分49秒

今日、10月23日には、sourceforge.jp の活動ランキングが週間4位, 月間9位に!!

プログラミングをしなくなったのに変だと思ったがWikiで簡易マニュアルを書いているかららしい。あまり信頼できない順位だな…


2011年10月20日(木曜日)

SMART-GS0.8作業終了

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時09分00秒

SMART-GS0.8の僕の担当作業分完了!

(´◇`;)疲れたー…..

おかげで(?)、sourceforge.jp 活発度ランキング月間18位!、週間では9位になった。ちなみに3年ほど前のメンバー数が3万人超だから、今はもっと多いだろう。その中で18位!

若い頃のことを考えれば大したことはないが、もう数年で還暦であることを考えると自慢したい。 ;-)老眼でのコーディングは本当に辛い。よく見えてなくて、あてずっぽうでやってたりする。若い頃に視力にもどれたらなあー。僕の場合、現在が今までで一番充実した仕事をしている時期なので、若がえりたいとかは全然思わないけれど、視力と持久力だけは回復できるものならば回復したい。それでないと折角の楽しい仕事が十分できない。この一ヶ月で、コーディングだけでなく、全く新しい講義を2つ開始、「思想」の論文を書き、系代表の仕事を沢山行い、2、3回会議を忘れてすっぽかし :hammer:、実に良く働きました。 :-)しかし、これも優秀な同僚や、特別研究員のお二人、+の謎を解いた院生の小林君などの若い優秀な人達が周りにいてくれるからだな…それになによりセンセイのおかげ。実にありがたい。南無阿弥陀仏。

などと感傷に浸っている場合ではない。次は、京都学派アーカイブを何とか年内に開設せねば。あっと、来年の開講科目の世話が… そうだ、明日は教授会… :-(


2011年10月14日(金曜日)

「思想」田辺特集号ゲラ

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時00分34秒

岩波「思想」田辺特集号のゲラが来た。僕のは田辺の『数理哲学』と、田辺文庫の話の二つ。

『数理哲学』の方は西谷の議論を使って田辺哲学が数理抜きでは理解できないことを主張。
京大文情報・史料学を立ち上げるときに、アメリカからわざわざ来ていただいたJ.Gougen さん*が、西谷、西谷と言っていて、知らない僕は何なのだろうと思っていたのだが、西谷哲学自身は読んでないものの、田辺全集14巻の西谷の解説を読むと、この人は只者ではないと感じた。下村とは大分違う。やはり哲学にも天才とそうでない人がいるようだ。西谷の田辺評価は、田辺を師として敬いつつも、そういう意味での天才的な才能が田辺には欠けているというように主張しているかに見える。しかし、田辺の場合、恐るべき緊張感と努力で天才ができないようなことを成し遂げているともいえて、西谷もそういう評価なんだったろうと思っている。単に師を敬っているだけではない、自分とは全然違うが、それはそれで凄いといような評価だと読んだ。ただ、西谷もちょっと辟易していたのかも。 ;-)

この『数理哲学』論文では、澤口・中沢の「多様体の哲学」批判をやることにしていたのだが、50枚が60枚になり、70枚になり、で、これはバッサリ切らんとしょうがない、ということになって、全体を眺めたら、やはりその部分だけが浮いていたので、バッサリ削除。ということで、特に中沢新一批判ができなかった。ただ、これはマスコミ学者とアカデミズムの学者を同じ土俵に置いて評価する、今の世の中を見ると、やはり出しておいた方がよいだろうと思うので、田辺特集号のころに、僕のWEBページにでも置いておこう。

で、結論として、澤口昭聿さんは、まあ時代の問題もあったのだろうが、方向が悪すぎる、哲学的才能の欠如というか… と言うのが評価。
中沢新一さんは、兎に角、不勉強、努力不足、というのに尽きる。ちょっと、酷すぎ。もし、フィロソフィア・ヤポニカが学術論文だというのならば、澤口多様体哲学に対しての剽窃の問題がでてくる。まあ、文芸賞を取っているから一般向け文芸作品として考えれば、岩波書店でさえ脚注はあまり書くななどと言うのだから、引用がなくても仕方がないともいえるので、それならば、僕は黙る。しかし、努力不足というのは、ありありと見えて、それなりの才能(うまく「こなす」才能)のある人らしく、ヒラリとかわしているようなところがあるのだが、それゆえにこそ、その対極にいる田辺を理解できなかったらしく、澤口を利用するものだから、全く変な所に着地してしまう。マスコミ学者の悲劇というところか…

まあ、文章は上手だし、センスのよさみたいのなのは見えるので、それほどコテンパンに伸ばしてしまう気はないのだが、しかし、田辺がもしフィロソフィア・ヤポニカを読んだら、どれだけ怒ったことか…

でもないか。田辺が批判しているのは、田辺自身が説明しているところがあるのだが、実は田辺が最も評価している人たち。たとえば、ハイデガーであり、西田。この人たちへの批判は、実は、田辺がこの思想家達を最も評価していたから起きたこと。それに比べてニコライ・ハルトマンへの評価など、最初、種の論理がハルトマンに依拠しているのではと誤解して、ハルトマンの著書への書き込みやら、講義ノートやら調べていたのだが、その過程で、正直の所、本当に背筋が凍った。群馬大の図書館でハルトマンの本への田辺の書き込みを読みながら撮影してて、なにやら、あまりの冷たい態度に、自分も学者だけに、他人に、これだけ冷たくされたらどれだけ落ち込むかな、とゾーッとした次第。そういう次第で、おそらく背筋も凍るほどの無視を中沢多様体哲学論に対して示した可能性が大きい。

まあ、面識もない中沢新一さんには、気の毒だが、学者の力量というのは、ハッキリでるものなので仕方がない。

*)京都に来て南禅寺の知人などを訪問して、本当に嬉しそうで興奮していたが、帰米されて少しして急死された。今でも、呼んで良かったのかな、カンフォーラでシンドソウなときに、もう少し気を使っておけば… などと思うことがある。昭和20年8月6日に,もし,…というのと同じ想い。歴史的真実、歴史的現実は、本当に重い…


2011年10月9日(日曜日)

ゲーデルは有名になったんだなー!!

金曜日に5年ぶり位の(4年か?)全学共通の講義初日。
岩波新書「ゲーデルと数学の近代」をこれで使う予定だったのだが、まだ、4分の1くらいしか書けてないので講義をしながら書くという感じ。系代表も忙しいが、SMART-GSにえらく時間がかかる。しかし、使いたいという人が増えているので頑張らねば…

学生から理学部で評判になっている(?)という噂を聞き、急遽大きな部屋に変えてもらい、履修者数も無作為抽出で100名にしてもらったが、立ち見が30−40名か?その後の演習で、僕の研究室の学生が「入ろうとしたが多すぎたので諦めた」と言っていた。125名入る部屋だが、3列がけの真ん中を座らないので、こういうことになる。しかし、真ん中に座っても少しはあふれたろう。

前回は、理系文系両方に分類したし、文学部東館の階段教室だったからか、文系の学生も、それなりに多かったが、今回は吉田南キャンパスの教室で、文系分類のみの講義にしたので、想像通り殆どが理系の学生。手を挙げさせたかんじでは、多分90%くらい。

同じく手を挙げさせて驚いたのは『ゲーデルという人を知っている人』という質問で80%位は知っていたこと。僕が学生のころゲーデルなど知っている人は極少数だった。ここまで有名になっているとは思わなかった。ゲーデル自身の話はあまり必要ないのかも。

日本でゲーデルを有名にした人として柄谷行人さんを紹介したので、『柄谷行人という人を知っている人』も聞いてみたら、せいぜい5%位。パラパラという感じだったから、もっとすくなかったかも。殆どが理系学生ということもあろうが、時代の流れを感じる。実際最近の学生はポストモダン・ニューアカというのがあったということを、文学部の学生でも殆ど知らない。まあ、学問ではないから、当たり前と言えば当たり前。

ブランクーシはさらに誰も知らなかったような…聞いてみたわけではないが、鳥の飛翔を見せたときの反応から、そう思う。まあ、僕も最近まで知らなかったし…(^^;)


28 queries. 0.049 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT