Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2011年 4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2011年4月26日(火曜日)

西田の影響

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時10分16秒

今年度初めて藤田さんの特殊講義にでる。今年度は凄く人が多くて、
うらやましい。人が多ければよいというものではないが、僕の
特殊講義は少し少なすぎ。(^^;)
#でも、今の演習形式だと、あれ以上の多いのは問題だな…
#適正なのかも。来年は、特殊講義と演習を交換しよう。

藤田さんの講義の、講義前半の田辺の措定判断について
の処女論文に対する考察が大変に面白い。

ここから西田・田辺講演を始めるとよさそう。

要するに田辺が京都に来てから西田哲学に染まったいう俗説は
間違いで、善の研究出版以前の処女論文にすでに、西田の
純粋経験への言及と判断できるものがあり、それを新カント派
としては「異端」といえるAlois-Riehl http://de.wikipedia.org/wiki/Alois_Riehl
の措置判断 setzende Urteil を西田の純粋経験と関係付けて
いる。むしろ、田辺こそがアカデミズムにおける西田の「紹介者」
であるという議論。

これと良く似た意見を、僕は、どこかで読んだ記憶があり、それに基づいて
Wikipediaの田辺の項目を修正した記憶があったので、
そのことかと思って聞いていたが、後で質問したら、藤田さん独自の
意見とのこと。

で、ここで僕の間違い。金2の特集講義の出席者へ訂正です:
田辺が処女論文で西田に陽に言及したというのは間違い!
実質言及しているが、陽に名前を出すのは第二論文(善の研究出版
の後)、というのが正しい!

で、自分が編集したWikipediaを見たら正しく書いていた。
ようするに、その後で忘れたらしい….(^^;)

ソースは、全集1の武内の解説。藤田さんへのメールから
抜粋:
特にp.475の高橋里美の学士院における田辺追悼
演説に、この論文への言及があり、「既に西田先生の直観主義への同感がそこに
うかがはれるものであった」とあります。また、p.477に今日先生が話されてい
たこととほぼ同じことが武内の意見として書いてあり、しかし、p.478に西田哲学
の名前をだしての引用は第二論文からとあります。僕は、この3箇所に線を引い
て付箋をつけていましたが、記憶間違いで、第一論文に西田の名前があると
思っていました。

多分、藤田さんならば、このあたりはチェック済みで、「論文では書いたものが
ない」というようなことを言っていたから、アカデミックにちゃんと議論ができている
ものは今までない、という意味だったのだろう。

Alois Rihelの思想の藤田さんの説明が、
Max Scheler の ekstatisches Wissen にダブる。
ここあたりこそ、田辺の源流があるらしい。
だからこそ、コーエンへの言及が東北大時代から多い。

この時期は、田辺は、まだ、現実(たとえば社会)と、
個の、自我を超越した純粋一如の経験、を信じている。

やがて、それを信じられなくなる。

田辺の絶対弁証法は、旧約聖書のヨブ記の神に
ダブる。しかし、現在の旧約のヨブ記のそれではなく、
北森嘉蔵の言う、とっつきやすくされたヨブ記でなく、
「本来のヨブ記」(あったかどうか、誰にも
実証的にはわからない)のそれだ。

そのとき西田批判が始まったのだろ。


2011年4月24日(日曜日)

そうか….

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時20分56秒

僕がtwitterを使わない理由がわかった。長すぎ….


Omnipresent Web

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時14分54秒

SMART-GS0.8のコーディングの最も面倒なところが終わり一息と思ったら、
岩波から原稿の状況の問い合わせが来た。(このブログ見てるんですね。
千葉さん。(^^;))

社会学の学会が組織したボランティア運動で宮城県と福島県の県境あたり
に行っているらしい溝口君が水曜のPlato’s Ghostの講読にでてきたので、
みんなで色々と話をきく。Google Earth だか、 Map だか、Street View だか、
どれか忘れたが(アラカンで記憶力減退)、Google の地理画像情報が
随分役に立っているらしい。家が流されて、それを探すとか、被災証明か
なにかのための証明用にとか、必要な Google の画像を印刷して渡すと、
泣いて喜ばれるという。パーソン・ファインダーといい、今回の
大震災は Google がどういう存在なのかを如実に示している。

溝口君に必要な画像が更新されて消えてしまうことはないだろうかと
聞かれて、Googleはミッションで動いているから、
メールで必要性を知らせれば対応してもらえるのでは、とsuggest。
彼は昨夏の村上さん(当時まだGoogleジャパン名誉会長)の集中講義
を聞いていたので、直ぐに納得していた。

村上さん経由のおねがいというのもあるだろうが、Google
は通常の意味の「会社」というよりはイエズス会に近いの
だから(だから日本に上陸すると「弾圧」される)、現場で被災者支援
をしている人が同志として頼むのが一番自然だし、わかってもらえる
だろう。

とはいうものの、木曜日夜にプログラミングの峠を越えてホッとしたので、
さっき自分でも調べ、いろいろとわかったので、溝口君にメールで
知らせる。しかし、今頃は被災地で僕の長ーいメールを読む暇はないかも。

で、一般的にも意味があるとも思うし、水5の講義の内容とも関連するので、
ちょっとそれを採録:
++++++++++++++++++++++++++
林@京大文です。すでにGoogleから返事をもらっているかもしれませんが、
ちょっと調べてみたので連絡しておきます。

溝口さんが言っていたGoogleの古い写真というのが、Google Earth の航空写真
ならば、震災と関係なく Google Earth 6 以後の time slider 機能として古い
写真が表示されるようです。
http://earth.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&answer=148094
http://www.google.co.jp/intl/ja/earth/explore/showcase/historical.html

1946年のサンフランシスコの画像まであるのですから、多分、基本的には永久に
保存されるのでしょう。

しかし、street view の画像については、この機能はないようです。現在は震
災前の「古い」写真を見ることができます。たとえば、
http://maps.google.com/maps?f=q&source=s_q&hl=en&geocode=&q=%E5%8D%97%E7%9B%B8%E9%A6%AC&aq=&sll=39.639538,-98.173828&sspn=53.508562,91.230469&ie=UTF8&hq=&hnear=Minamisoma,+Fukushima+Prefecture,+Japan&ll=38.124588,140.936004&spn=0.003507,0.005568&z=18&layer=c&cbll=38.124588,140.936004&panoid=_q9s9gOFOjxY-rHW6FpYCA&cbp=12,292.83,,0,11.01

こういう画像は非常に貴重なものではないかと思います。ユービキタスという言
葉がありますが、これは神はあらゆる場所に存在するという意味ですが、さらに
オムニプレズントという言葉があり、これは神があらゆる場所とあらゆる時間に
いることをいいます。ストリートビューにもタイムスライダーがつくとオムニプ
レズント・ウェブへ一歩近づくことになりますから、おそらくGoogleはやりたいで
しょうね。

広島では原爆以前の町並みを記憶などに頼って復元するという活動が
あります(わりと最近始まったものです。被爆者は過去は思い出したくないので.
..)。そういうものに使えるようになるわけで、実際、2009年のオーストラリア
の山火事によるMarysvilleの焼失
http://www.smh.com.au/news/national/marysville-almost-destroyed-in-victorian-bushfires/2009/02/08/1234027832317.html
に関連して、こういうものがありました:
http://www.facebook.com/group.php?gid=69249521398

Googleに働きかけて、Street Viewを過去の光景のアーカイブにするというのは
ありえますね。ただ、Grid上でやるという方法もあります。いまでも、腕に自身
がある人ならば、Street View の画像を落としまくる、Street View をクロール
するクローラを、すぐに作れるはずです。

被災した人たちがとりあえず今必要なのは、Google Earth のほうですか、
Street View の方ですか?
++++++++++++++++++++++++

村上さんの話では、Google BooksがGoogleの収支をかなり圧迫し
ているらしく(だから、かわいそうに清水君の給料は低いらしい(^^;)。
まあ、それを知っていて入ったのだからしょうがないよね。
元気でやってますか?(^^))、それからすると、Street View
の古い画像を保持することはどうか?

これは新日鉄ソリューションズの大力さんの
言い方を借りれば「装置産業」なのでGoogle Booksより簡単なはず。
つまり、人件費を比較的喰わない。Google Books は最大の人件費喰い
のはずであり、それに比べれば過去画像など大きな問題ではないはず
(古い画像は解像度が低く容量が小さいし)。

もし、omnipresent web が実現されたら、未来の歴史家は、僕のように
群馬大や京大文学部の田辺文庫の古紙の虫になるのではなくて、
メールやブログの記録、street view, tweets, life log の
記録を探し回るのだろう。それは今僕がやってる作業より、
はるかに膨大な作業であると同時に、まるでタイムマシンに乗って
過去に遡るようなワクワクする体験に違いない。
#うらやましーーー!!!

その探検旅行にSMART-GSの子孫が使われていたらホントうれしい
のだが。(^^)


2011年4月17日(日曜日)

「種の論理再考:数理思想史の観点から」計画 ver.1

カテゴリー: - susumuhayashi @ 17時12分55秒

今年の西田・田辺記念講演会は6月4日とのこと。そろそろ形固めていかねば。
ということで、まず、計画 ver.1:

1. 目的:種の論理を中心として田辺哲学をドイツ思想史、
 特に数理哲学との関係で捉えなおす。
2.手法:文献史料ベースの思想史・数学史・現代史の手法。
 群馬大・京大の田辺文庫史料について:重要な書き込み、
 手稿、メモ、日記の宝庫。SMART-GSを使った講義メモ等
 の翻刻・分析作業。
3.種の論理の数理哲学的側面: 林の日本哲学史研究」論文の内容。
4.3の思想史的意味:ワイマール時代のドイツ思想界(数学・科学思想含む)
 の状況。M.Friedman の新カント派から枝分かれする二つの道
 「ハイデガーが象徴する大陸哲学、カルナップが象徴する英米哲学」
 という視点。数学が哲学と完全に分離する直前の時代。危機の時代。
5.田辺はFriedman の二つの道の双方にコミット。大陸哲学の心で、
 数理哲学を行なう。二つの道のどちらでもない。N. Hartmann,
Max Scheler などの「批判実在論」に近い。その比較と、
 影響(史料evidence、論文では)。これらの人々の歴史的位置付け。
6.種の論理とは何か?暫定的結論:
 種の論理は西洋形而上学の伝統の一つの到達点。
 弁証法という装置を使い実存・社会・自然(数理含む)を総体としてとらえる。
 それ故に、晩年の「数理の歴史主義展開」が書かれた。
 懺悔道以後の「宗教哲学」の位置づけ(世界を説明して
 しまった人が、いかに生きるかという指針としての「メタ・哲学」)。
7.まとめ。これからの研究の可能な方向性。西田・田辺論争
 研究の可能性などを指摘する。数学史、科学歴史社会学
 研究、ドイツ思想史などとの関連の深化。もうひとつの到達点としての
 ホワイトヘッドプロセス哲学との比較。


2011年4月14日(木曜日)

今年の情報歴史社会学入門

カテゴリー: - susumuhayashi @ 12時51分39秒

今年の情報歴史社会学入門、昨日が初回。出席者はかなり多いが、例年通り(?)で、高学年や院生の顔も多く見える。なぜか僕の講義は高学年やら院生が多い。難しすぎる?今年は徹底して易しくする予定。理論基盤となる Weber, Giddens 社会学理論が少し難しいが、これも例を中心にして易しくする。他は日本語の文献が少ないのが困るところだが、和訳して配布も考える。

シラバスを書いて以後の展開としては、最近のSNS特に"Twitter革命"の話。つまり、今までの僕の理論は経済、技術、生産に目が集中していたが、政治・思想の問題への視線がかけている。ただい、これは研究自体がほとんどないだろうし、本当にリンクがあるかどうかさえ確かではない。現在の可能性としては、フランス革命期のイデオロギー概念くらいか?田辺の時代の Wissenssoziolgie や、経済学者マルクスの革命の線か?アダム・スミス、道徳感情論やWeberのHerrschaftの話などか?このあたりからならば、丁度、Smith -> Amazon へと似た系譜が、登場人物もあまり替わらずに辿れる。しかし、Babbageは?技術政策論はあるが、政治はあるか?あるとすれば、Ninth Bridgewater Treatise, Passages from the Life of a Philosopher あたりか?

来週はAmazonのFCの報道動画を使って、こういう流通のビジネス用の倉庫が一つマシンとなっている、そこで働くピッカーは「人間でできた部品」であることを説明。他にメガロポリス(1927独,ワイマール時代!)。特に「時計」をコントロールするシーン。現代ならばコンピュータが行なう仕事を行なう部品となっている。Google は文字列検索。では、画像検索は?人間を「画像の一致を判断する素子」として使えばWEBをつかうことにより可能。WEBがマシン。人間が部品。さらにはハトでは?(これの実験の画像さがず。鳥の図形認識能力は人間より高い。それを計測できるということは、それを部品として使えるということに注意。つまり、ハトの判断をセンスできる。ばらつきは入る。しかし、多数決で雑音を消せばよい。)

以上のような話で、人間がマシンを使うのか、マシンが人間を使うのか、という話へ。そして、Google で引き戻す。

講義の最初にマシンと人間の関係を学生に聞いて見る。最後でもう一度聞く?
それともミニッツペーバー?


2011年4月5日(火曜日)

Wissenssoziologie: 新たなリンク

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時34分24秒

C.R.Bambach: Heidegger, Dilthey and the Crisis of Historicism の H.Weyl, Ueber die neue Grundlagenkrise der Mathematikへの言及の原典は、Paul Forman. このWikipedia のreferenceから、Nico Stehr, Volker Meja 編集の society & knowledge のシリーズへ。vol.3, Contemporary Perspectives in the Sociology of Knowledge へ。そのp.1~:この本はWissenssoziologie についてのものであり、そのルーツは、M. Scheller と Karl Mannheim 特に後者。また、新しいリンク(田邊研究、歴史社会学、数学基礎論史)。

これに関連して、Bettina Heintz の Die Innendwelt der Mathematik. Zur Kultur und Praxis einer beweisenden Diziplin. を手に入れた。著者は、Professorin für Allgemeine Soziologie und Soziologische Theorie an der Universität Bielefeld。ドイツ語の本なので直ぐに詳しくは読めないのだが、拾い読みして見ると、大変、面白そう。数学を大変良く理解した上で書いてある。Allgemeine Soziologieの人らしいし、Vorwort によると、別に数学者であったとかではなく、学際的研究としてやったらしい。約10年前の本。一般社会学の人が、ここまでレベルの高い数学の理解をもつのが驚き。日本では、まず、望めない。この違いの理由はなんなのだろうか…

関連して、Sokal affair について調べ始める。Sokalは、sociology of scienceには、(それが良いものであれば)同情的。


30 queries. 0.053 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT