Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2010年 6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2010年6月22日(火曜日)

組合は “participation” を嫌う

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時26分46秒

ドラッカー「知の巨人ドラッカー自伝」:p.149, 知識労働者=責任ある労働者. GMについての1940年代の調査から生まれた概念.最初は「責任」後で「知識」に変更.(when?) pp.150-151. しかし,その participation を UAW http://en.wikipedia.org/wiki/United_Auto_Workers は嫌った.UAW会長ルーサー「経営陣が管理し,労働者が働く.労働者に対して管理者としての責任まで負わせるということは,労働者に大きな負担をもたらす」.

日本企業のそれは,おそらく「マイクロ・ファイナンス」と同じく,「マイクロ・マネージメント」だった.だから,労働者は喜んで参加できた.階層構造は明らかで,どんなに現場で工夫をしようとも,それで社長になれるわけではないことが「文化的・社会的に保証」されているので安心できた.

そういうことか????あるいは,敗戦国として,労働者に上昇へのガッツがあったのか?しかし,日本労働者のメンタリティーの中の TQC が社会的階層中の上昇志向と結びついていたとは思えない.

現在は「雇用」の確保のためにさえ, participation を求められる.その participation は,現代日本ではマイクロに限定されているかどうか?人々は,それをどう望むのか?おそらく「正しい京都人」の多くはマクロを望まないのだろうけれど. ;-)


Giddens on Peter Drucker?

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時10分16秒

「知の巨人ドラッカー自伝」を読む.「日本的経営」などの要素が,すでにスローン,ワトソン,ドラッカーたちによって用意されていたことがわかる.やはり源流は米国.ここで疑問が起きる.Giddens は,なぜ Sociology で日本の経営に言及しながら,その源流としての Drucker たちには言及しないのか?(Soc. 6th ed. には Drucker はない.装丁は by Peter Ducker MISTDだけど. :-D). もちろん,Giddens は Drucker を「知って」いる.Giddens, Introductory Readings, revised edition, http://www.amazon.co.uk/Sociology-Introductory-Readings-Anthony-Giddens/dp/toc/0745624405
には “Beyond the Information Revolution” Peter F. Drucker がある.

もうひとつの疑問は,ドラッカーたちは情報の UNIX ハッカーたちと自分たちの「類似性」に気が付いていたかということ.Winograd さんが Steve Kline を知らなかったことからして,この間に人的つながりが無かった可能性が高い.いままでに判っているのは Nathan Rosenberg が S. Kline と同じ委員会にいたこと.(S. Kline が日本について書いているものがある.それが和訳もされていることも面白いが.)あまりに弱いリンク.無きに等しい?

これは何度も経験した不思議な現象.本質的なアイデアを出す人たちは,案外サークルが狭い.そして,同じような考えが,関係のないいくつものサークルから生まれてくる.田辺だったら「絶対無・絶対媒介がそうさせる」というだろう.要するに「社会・歴史」の圧力・流れが thinkers たちを導いている.その流れの中で我々は動いている.流されているのではない.下流に流されつつ,上流に泳いで見たり,横にずれたり,様々に行動する.だから,歴史としての「時間」は局所的には後ろに流れるようにさえ見えるし,実際,そう流れている.しかし,結局のところ,つまり,大局的には,時間はやはり下流にのみ向けて流れ,我々は水流の上を流されている.しかし,水流は沢山ある.ある水流から別の水流に泳ぎつくことくらいの能力(自由)は我々には備わっている.


2010年6月12日(土曜日)

Giddens Sociology 日本的組織

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時04分13秒

Giddens, “Sociology” (4th edition? 以後), Organizations and networks の日本的組織が Weber 的官僚制を変えたという節は,背景により専門的な研究があるのか?あるいは Ritzer 程度か?check 必要."Sociology” は基本的には入門的教科書であることに注意.


2010年6月7日(月曜日)

HCPアーキテクチャ

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時15分02秒

画像, セグメントが複数, linear order 付きのタイリング, が基本。ただし、default でタイルにも linear order を付ける。これはサーチをするときの方便であり、何ら意味が無い。従って、物理順序でも良い。と言うことは、この順序はなくても良い。

同じ画像を共有する抽象セグメントの集合と、その画像上のセグメントの集合は、論理的には同値でも、
intensionally (and intentionally) different.

segument 間の inclusion も考えない。同じ画像の別の行切り出しは、「別の史料」と見なす。


26 queries. 0.038 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT