Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2010年 3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2010年3月27日(土曜日)

科学の特殊性

カテゴリー: - susumuhayashi @ 17時02分16秒

科学が何故特殊かと問うのは無意味.我々が現在科学と呼ぶものは如何に特殊かという問いが正しい.そのグループに現実の例が落ちて吸い込まれていく.その「生産性」を見た社会(学問)が,それに落ちるように社会(学問)を変えていく.役に立った形式技法としてのUMLなどは典型.形式技法が役立ったのではなく,形式技法が役立つ場を求めて姿と位置を変えた.そして,それに合わせてエンタープライズさえも姿を変える.

では,科学の特殊性とは?「手戻り」の無さ,少なさ.自然科学者には「科学的なものには手戻り」がないと思っているかのような人が沢山いる.だからシステム開発もそうだという誤解が広がったのだろう(waterfall の神話).これは,実際のシステム構築をしたことがある人間には信じられない態度だが,「科学者」から見たら合理的態度だろう.つまり,科学とは「手戻りがすくなく,知のシステムを累積的に発展させることが可能な分野」という性格を持つ.これがあると,複利計算で指数関数的「増加」が見込めるので,急速な「進歩」が可能となる.

ただし,それだけならば一部の宗教なども入るかもしれないので,他に実用性とか実証性とかが入るだろう.しかし,その最大の特徴は,おそらくこれ.だから,「進歩」という言葉が当たり前になった.どうして進歩,進化しないといけないのか.過去の時代の人に合って,そういう語り方をしたら唖然とされるだけだろう.しかし,今の時代では,科学者でない人にさえ,これを言えば唖然とされる.これに科学,そして,それより「科学的であること」という神話の特質のかなりの部分が見える.


数学基礎論史はまだ書かれていない 2

カテゴリー: - susumuhayashi @ 16時47分51秒

よりよい数学基礎論史を書くために.数学の危機とは何か?

  1. 岩波文庫「ゲーデル 不完全性定理」の解説で,Weyl の neue Grundlagenkrise を,ワイマール共和国の時代状況から説明したが,これでは浅すぎる.C.R.Bambach, Heidegger, Dilthey,… p.41 あたりのような1880-1930の「危機意識」の一つとして Weyl を捉える必要がある.ただし,このpage の例の殆どは,1920年代であることに注意.当時の政治・社会状況が,この Krisenbewustsein というガスに点火をした,というみるべきか.
  2. 数学基礎論の危機,つまり,集合論のアンチノミーとは何か?この大きなドイツ思想史の流れの中で,ことさら「数学にだけ真の危機が訪れた」のはなぜか?これは裏返すべき!
  3. 物理では,今も標準理論が「矛盾」している.数学だけなぜ矛盾してはいけないのか?実際,オイラーのころまで,無限小解析は矛盾だらけだ.それが何故数学では矛盾が許されなくなったか?
  4. ギリシャ以来の伝統などという常套句では,これを説明するのは間違い.この時代に「整然たる理論」を求めた何かの圧力があるはず.それは数学とそれ以外で異なったのか?1などの視点に立てば,これを論じることができる.
  5. ただし,あまりに社会構成論の方向に走るのはおかしい.数学には特殊性がある.正確に言うと「そのように特殊なもの」が数学と呼ばれる.典型は数理論理学.なぜ,1000年以上も数学でなかった論理が数学の一分野になったかを考えればよい.

2010年3月25日(木曜日)

渕一博 その人とコンピュータサイエンス

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時53分27秒

「渕一博 その人とコンピュータサイエンス」(近代科学社)が2010年3月31日発売.これに「上前淳一郎 ジャパニーズドリーム」という本への参照を見つける.これはチェックしてなかったので取り寄せて今日来た.完全な小説仕立て.僕の「情報技術の思想家 渕一博」(第1部,第1章)でも上前氏の本を引用しているが,実はこれからは何もとっていない.これも小説仕立てで現場の状況描写が「詳しすぎる」.当時の通産省側の人たちから見た価値観・視点の影響らしいものが強すぎるので,これから何かとると,disinformation にさえなると判断したので「カッコ」に入れた.「ジャパニーズドリーム」はもっと凄いので,これは引用してなくても問題ないだろう.上前氏の本を何らかの史料として読む場合,それは第5世代プロジェクトの研究というより,上前氏の著作,この時代のジャーナリスト(とおそらくこの時代の通産官僚)のストーリーとして読まねばならない.その読解の結果,第5世代のことが何かわかる可能性は高いが,この作業は,より客観的な史料から第5と渕さんを読む作業より,よほど困難なので,これをそのための史料として使うのは,研究が殆ど進んでいない現段階では無意味.これが意味がでてくるのは,相当先,というか,そういう時(つまり,それだけ研究が進んだ時)が到来するかどうかがまず疑問.

歴史というものは本質的に「解釈的」な知的行為だ.だからこそ,少しでもそれが持つ「主観性の弊害」を薄めるために「一次資料」に徹底的にこだわる.そして,解釈的行為だからこそ,二次だろうが三次だろうが,n次史料でも意味を持つ.しかし,「主観性の弊害」「価値観・視座の枠の弊害」が強いと判断したら,とことん1次史料にこだわった方がよい.しかし,「こだわる」だけで,n次史料(n>1)を無視するということではない.無視したら,それは失敗への途.

僕の歴史学への態度はこんな所.年をとってから歴史を始めたので,「身に着けた」ものがないので,こういう根底から考えざるを得なくなるわけ.ヒルベルト日記をやっている頃は,自分がやっていることは何だろうと何度も自省して文献学の本だけでなくディルタイとかも読んだが,最近少し自分の考え方が固まり(収束)し始めているのを感じる.まあ,そういうのを元に「情報技術の思想家 渕一博」を「歴史社会学的」に書いたのだが,果たしてどれだけの人がその真意を読んでくれるか・・・


2010年3月18日(木曜日)

Nicolai Hartmann

カテゴリー: - susumuhayashi @ 15時46分48秒

種の論理成立の昭和9年の特殊講義のタイトルは「認識の形而上学」 Metaphysik der Erkenntnis. この「認識の形而上学」は,Nicolai Hartmann のテーゼ.Hartmann は Marburg Schule から出た人.田辺の特殊講義をガリ版刷の本としたものに最初の方で言及されている.H. シュネーデルバッハ「ドイツ哲学史 1831-1933」, 法政大学出版局, p. 308「ハルトマンは,存在そのものの諸原理や諸層について科学的な説明を行うことを求めたため,経験的な自然科学との競合にさらされ,そこで敗北せざるを得なかった.とりわけ自らの層理論によって彼は,たとえば進化論や,そればかりか経験的な根拠を欠いた心理学的な問いに対してまで態度表明を迫られた」 この本によると、当時はハイデガーと対比されるような人だったらしいが、今は日哲の院生の人たちも知らない。


du Bois-Reymond

カテゴリー: - susumuhayashi @ 15時31分22秒

Emile du Bois-Reymond を,scientism の系列に置くのは間違いだろう.少なくとも,昭和8年頃の日本で「新カント派などに親和性がある科学側からの哲学的反省」として捉えている事例がある.岩波哲学講座、菅井準一「哲学と自然科学の交渉」,昭和8年, pp.20-21, 「。。。かかる状勢はドイツを中心とする新カント派の台頭を裏付け、他方自然科学学徒の自家専攻の学に対する哲学的反省を自然奈良しめた、例えば生理学者デュ・ボア・レイモンの不可知論-自然認識の限界-では物質、力の本質、運動の起源、世界の合目的性、感覚の成因、言語の起源、および自由意志の不可知を声明して、世界の七不思議が唱道競られ、。。。


社会(主義),新カント派,左右田喜一郎

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時49分30秒

「種の論理」の成立の社会的状況として,マルクス主義に抗するものとしての「社会主義」があったらしい.これはおそらく共産主義への忌避というより,scientism 的な学としてのマルクス主義,つまり,唯物論批判であると理解すべきだろう.問題は,「種=社会=共同体」という図式.これが唯物論,個人主義に抗するための仕掛け.その結果,近衛の新体制などの新潮流としてのファシズムへの接近が発生しておかしくない.

このラインを読み解くための鍵がおそらく左右田喜一郎().

  • 田辺全集14巻「左右田さんの思出」(「思想」昭和2年10月,左右田博士追悼号.チェック!):おそらく左右田銀行倒産の際のものと思われる,左右田の京大非常勤講師(と当時も言ったのか?)辞退の際に示された責任感に対する強い共感の表明.単に学問の問題でなく,人間的に左右田を高く評価していたらしい.また,この p.366 に経済学への哲学の援用について議論 “Rickert らより左右田が徹底している.左右田の極限概念は B. Kerry (Benno Kerry?, ブレンターノの学生?)から来たものだろう,左右田は一歩 Cohen の論理に近づいている,左右田の方向に進むならば,Cohen 流の極限概念の方向に行くのではないか「本来二元的なる批判主義は,自己の前に論理以前の直観的統一を認めるか,或いは自己の後に弁証法の統合論理を許すか,何れかの途に由ることなしに一元的体系を成すことは出来ぬものであろう".田辺が弁証法(の論理)を Cohen の極限概念で理解しようとしていたころ.「弁証法の論理」の1−3が「哲学研究」に発表されたのが昭和2年.
  • 左右田監修,横浜社会問題研究書編,新カント派の社会主義観(岩波書店),大正14年,杉村広蔵の「序言」のマルキシズム,社会(主義),Toennies, Natorp, Cohen などへの言及.付録の左右田「文化哲学より観たる社会主義の共同体倫理」の内容は,「社会=共同体」を取り戻すものが社会主義であり,離散的個人から社会が構成される個人主義と,社会に全面的に個が没入する「全体主義(?)」の中間項として,社会主義が語られる.「種=社会」とおけば,ほぼ,初期,中期の種の論理における田辺の論点そのものとなる.そればかりか,ナトルプの議論として,戦後のデーデキント切断の議論を彷彿とさせるものさえある(ただし,これは弁証法になっていない.それを弁証法にすると,戦後の田辺のようになる?)
  • 左右田「文化哲学より観たる社会主義の共同体倫理」:p.208「今や「社会」を Gesellschaft (association)と解せずして Gemeinschaft(community)と解せんとすることは思想上一個の転換を意味するともいへよう.社会の発見を叫ぶ時代は個人主義の確立と其の徹底とに急なる為に社会なる型式の提唱さへ危ぶまれたる時代であった.其の極端は必要上走って社会有機体説の荒唐無稽にすら達せしめた.今や個人集団の威力は何人も否むを得ざる境地に達したる時代に至ては其の内容問題に達して之を如何に解すべきかの域に到達しつヽある.社会を Gesellschaft と解するに甘んぜずして Gemeinschaft を以って規定せんとすることは曰うまでもなく実際問題としての重要に顧みて既に社会主義(Sozialismus)の論理に於いて亦之を考へざるを得ざるの域に達しつつある.」,p.200「個人と社会(Gemeinschaft)との問題も同じように考えられる.一方は曰ふ.個人あるのみである....他方は曰ふ,唯だ社会が存するのみである.…. この両極端の説を皮相的に調和せんとするものは曰ふ.両者は共に相互に自立せる(教育の)要件(Factoren)であり又目的点として注意すべきものである,他方に還元する必要はないと.ナトルプは之に対して主張せんと欲する.迎々両者は共に独立に存在するものではない.両者は其の全部を挙げて相互に倚属しつヽある。社会 は個人の内に、個人は社会の内に非ずんば成立しない。類推を以って曰へば数学的連続(Kontinuum)は「分割せられたるものヽ連続せられたるもの」(Die Kontinuitaet des Diskreten)っとして,反対に分割者(Das Diskrete)は「連続せるものヽ分割」(Die Diskretion des Kontinuerlichen)としてのみ成立するようなものである.共に同一のことを両方面から観察するに過ぎないものであると.<この後,左右田のナトルプへの異論が続く,左右田はより個人重視>」
  • 京大文庫:K. Soda, Die logische Natur der Wirtschaftsgesetz, 1911. 和本はなし.上記,社会問題研究所の書籍は,木村孝一記念図書所蔵.(木村孝一.文学部社会学専攻昭和5年卒)
  • 群馬大文庫:T.121.9「文化価値と極限概念」(岩波),「経済哲学の諸問題」(増補3版,佐藤出版部, 1919), 「経済哲学の諸問題」(佐藤出版部, 1917).

2010年3月12日(金曜日)

Google 三輪車

カテゴリー: - susumuhayashi @ 10時13分55秒

今日の京都新聞朝刊に京都の社寺や大学の中を Google が3輪車で street view 撮影とあった.google って
http://www.google.com/intl/en/press/pressrel/20091016_street_view_trike.html
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20091019_322716.html
をみつける.

実に Palo Alto 精神の典型で,google らしい.ハッカーは,日曜大工や料理,そして,こういうもの面白がる.多分,これは物凄く小さくなり,殆どの自転車乗りやらライダーのヘルメットか何かに付くことになる.twitter の画像版?twitter は内面もUPする.視線をUPすれば,そして,そこで本当のつぶやきもUPすれば同じようになる.これは歩兵の一人一人のヘルメットに情報装置をつけるのと同じ.まさに近代.ライダー,歩兵,wearable computer のユーザーの一人一人が情報の MATRIX のセルでありクローラー.

日本語のサイトでは,「最先端IT企業が自転車?」とか「IT企業で働くものは頭脳だけでなく体力も必要?w」というのが多そう.(後者は w が主もで,w なしのような反応を意識した文章ならば実に粋なジョークとなる.(^^))ローマやギリシャではエンジンは奴隷という人間だった.現代民主主義では,すべての人は「王」「市民」にしてかつ「人間エンジン(モーター)」.この二つの配分が予め固定されておらず,すべての人にその両方である「権利」(実はburden)が保障されているのが民主主義.配分はエンジンの性能できまるから,実は,大変キツイ,残酷である場合さえ多い,システム.パロアルトの大学や企業では英語もちゃんと喋れないマイノリティが数多く働いている.その人たちはそこにいないかのように扱われる.ハッカー達さえも,そういう行動をとることを最初に見たときはショックだった.僕も戦後民主主義の日本人(だった).

こういうことが分かっていれば,日本の企業で聞かれそうな「エー!自転車で撮るの?カッコー悪いな.専用ロボットでも作りませんか?」という会話を避けることができるのだが.そういうことは情報系学科では教えませんよね.アメリカでも暗黙知として伝えていたはずだが,その暗黙知のシステムが機能しなくなったから,design school のようなものができたのか?ここは分からない.昨日の話にも通じるな...日本は Fachmenschen が prevail しすぎている.歴史を知れば,こういうことにはならないのだが.


金沢から東京

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時53分52秒

10日に金沢の数学の集会で,11日には東京の情報処理学会で,それぞれ講演.京都から北陸本線から上越新幹線で東京.東京から東海道新幹線で京都と,日本の中央を右回りに一周.金沢より先の日本海側に行ったことがなかったので,その風景に驚く.やはり,僕は南の人間だ.

どちらの講演も頼まれたものだが,前者では初めて公の場で田辺について話した.ヨーロッパからの出席者が大半のためか,予想以上に良い質問が多かった.ヨーロッパでは,科学者が哲学に興味を持つケースが今でも多いのだろう.情報処理学会は打って変わって大学院におけるIT教育のイベント.情報の田中さんに頼まれて京大文学研究科におけるIT教育,というより,IT利用の話をしてきた.特別にIT教育と銘打ってはやってないのでと最初断ったのだが,実際にやっていることでいいからということで,現代文化学系の現代史と僕の専修でやっていることを教育に限らず話したもの.これも案外好評.人文学の人がかなり来ていて,小野沢さんのNARA訪問の例を出したのだが,昔,岩手大で同僚でしたという人がいた.神戸で同僚だった賀谷さんも講演者として呼ばれていて,スパコン関係で共通の知人がかなりあり二人で噂話.(^^)

田中イベントでは IT教育専門に雇用されていると思われる若い人たちから質問がでていた.ITリタラシーの専門家が少なすぎる,そういう専門家がITリタラシーの教育の携わるべきではないか,とか,どうすれば文系の人にもっとITを使ってもらえるかとか,僕の私見からすると,それでは困ると思える質問だった.共通のIT教育でできることなどホンのわずか.そいうものを作って,無理矢理ITを押し付けても,かえって嫌われるだけだ.東大のITの共通の教科書を以前見たが,もうしわけないけど,何にも面白くなかった.あれでは必要な力はつかないだろう.まあ,面白くなく,力もつかないこと高校の教科書並みというところか.それより,コンビで売っているような週刊ASCIIとか,Google本の方が生き生きとしていると思う. ITは生ものですからね.一人の方からは後で直接質問をされたので,押し付けてはだめで,ユーザーの立場に立たないといけないと答えておいた.最初にITありきのIT,ITのためのITは,もうこの時代にはそれほど多くは必要ない.ITが,そういうものを遥かに超えるほどの社会的重要性をもつようになったからだ.特定の一専門分野だと思ってはいけない時代にもう入っている.でも,日本はそのはるか手前の方で足踏みをしている....(ムーンウォークしてたりして.(^^;))


2010年3月8日(月曜日)

[無題]

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時35分20秒

買ってはみたものの,気が重くて開けなかった哲学者須原さんの本を開く.この人とは龍谷時代に数回あって話したことがある.本も書いていて,そこそこの哲学者だったらしいが,ずっと非常勤でやっていた人なので,勝手に,老後の不安と無関係ではないだろうなどと考えていたが,全然違ったらしい.明るい感じの人というかアッケラカンというか,そういう人だったが,そのままだったらしい.ご家族もあり,息子さんがあとがきを書いていた.ご家族もアッケラカン.明るいので,何か安心.本当に思想上の問題として計画してやったのだろう.それならば,須原さんの勝手だ.まずは,よかった.(^^)

学生支援プロジェクトというので,担当しているPD,ODの研究員の諸君も,想像するよりは身なりもよければ,かなりよい生活もしているらしい.以前,スイス人の友人がずっとグラントだけでプラプラしていて,一乗寺あたりの古民家で不便を楽しみながらすんでいるのを見て,経済が悪いといっても,ヨーロッパは豊かだなと思っていたが,どうやら日本もそれに近づいているのかも.この程度の豊かさをキープできたら悪くないだろう.確かに景気がわるく不安定な生活を強いられている人が多いようだが,それでも今は日本の歴史の中でもっとも豊かな時代であることは確かだろう.(バブルのはころは豊かとはいえなかった.あれは成金にすぎない.)


2010年3月3日(水曜日)

仕事がいっぱい...

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時13分48秒

石田さんの集会で疲れ,その後の入試の監督で疲れ,へとへとになったので週末は久しぶりに完全休暇をとって漸く体力が戻った.とはいうものの,仕事が山積...石田さんの集会の展示ほどではないが,情報処理学会の50周年記念の大会での大学院教育関係の集会の講演資料の締め切りが明日.まだ,全く書いてない.(^^;)その集会(11日)の前に金沢で田邊哲学と直観主義について講演だが,これの資料もできてない.これは僕にとっては始めての全部哲学史・思想史の英語講演.不安.:-( 研究科・学部の新WEBサイトのコンテンツの原稿がまだ.あせる.木曜日の連絡会議で,この新サイトの紹介もしなくては.さらに,あせるが,まあ,これは報告のための時間も長くはとれないことですし,おざなりに.←上司,同僚に見られるとまずい.;-):hammer: 説明会の方はちゃんとやりますよ〜〜〜 ←この「〜〜〜」は国母のようにバッシング受けそう.;-)これにヒルベルト論文の最後の仕上げ,新学期の講義の準備など,ということで,やはり仕事山積...

ヒルベルトは田邊研究のお陰で,結論が書けそう.ヒルベルトの思想は,おそらくカントそのものでなく新カント派の影響をうけている.彼がLCMのような「極限」でものを考えていたと思えば,理想元の話とも一致するが,この「極限」がHerman Cohen の「無限小の哲学」実は「極限の哲学」と関係がないと誰が言えるか?Weber が連発する「境界例」も,こういうのか,少なくとも Horizont と関連しているのだろう.こういうことを書く.ただし,WEBERは書かない.数学史なので.

しかし,別々の研究のはずが,このように結びつくと,やっている本人にさえ「眉唾感」があるが,これはある意味で順当.それほど,数学基礎論というものの位置が,近代思想史の中で大きいわけだ.数学の中で20世紀への変わり目での数学基礎論の重要な位置を知るには,国際数学者会議の plenary lectures を見れば直ぐ分かる.(ただし,20世紀にはいると10年ほどでほぼ消える.このころから現場の数学者にとっては「安定」が始まったのだろう.)要するに近代性の「危機」の問題なのだ.C.R.Bambach の本は,この点で実に suggestive.Weyl とかでてくるし.「近代の超克」も,数十年遅れてきた危機と思えば実に納得ができてしまう.


38 queries. 0.063 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT