Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2017年 3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2016年1月15日(金曜日)

復帰!

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時04分45秒

前回の投稿から、2ヶ月位のブランク。

最大の原因は、体調不良だが、その最大の原因が、意外なことに歯にあることが、
かかりつけの耳鼻科の先生(名医です。林以上にユニークですが(^^;):石川耳鼻科、東山区、京都)の
お蔭で分かり、これも日本のシステム外といえる保険診療が、あまり効かない歯科のクリニックを見つけて(この人も
凄いみたい。まだ、診てもらって浅いので、断定はできないが)、そちらに通い、今までの不調の原因の、
かなりの部分を解消できそう。

これにより、日本の保険システムがもつ、矛盾点を明瞭に認識できた。NISTEPに残留していてたら、
これで一つレポートが書けそうな話。ただ、そうなると厚生労働省との兼ね合いが難しいかも…
#こういう気遣いが必要なことが、日本の統治機構の最大の弱点!!!

今は、どうなのだろう?霞ヶ関も、かなり変わって来たという印象を経産省の「稼ぐ力」の担当者にお会いしてから、
感じているが、このセンスが、もし霞ヶ関全体に広がっていれば良いのだが…
#10年弱前の僕が知っている「官僚」は、皆、ネクタイをしていた。でも、稼ぐ力の人たちは、
#皆、ノーネクタイだった。この変化が、本質的ならば良いのだが…
#霞が関の最大の矛盾点は、奇妙なまでの等質性だから。
#規格外も、良いものだとおもえれば、認めて欲しい!!


2015年6月18日(木曜日)

猛烈な忙しさと厚切りジェイソンさんの正論

カテゴリー: - susumuhayashi @ 11時28分54秒

今日締切のレビューが山の様にあるのだが、午前中は木2の出席・課題提出確認のための作業で費やす。
考えていた方法だと、ある種のセキュリティー・ホール(といっても学生が他人の出席状況をわかってしまう
可能性が、数名分だけあるというだけのことなのだが。それも相当意図的にやらないと無理)があることが
わかり、これを解決する方法を考えていたら、随分と時間がかかってしまった。

で、もっと大変なレビューの作業の方にかからなくてはならない。
大体全体は見ているので後は細かいところと、一回読んだだけでは良くわからなかった提案書を分析する、
そして、全体のコメントを書いていくだけで済むので、何とかなるのだが、兎に角、量が多い。
ファイルを開くだけでも時間がかかる。

その作業の前に、ちょっと一休みと思い、少しWEBを見ていたら、IT Pro の、この記事を見つける。
アメリカ人でお笑い芸人もやっているジェイソン・ダニエルソンさんのインタビューの後半だが、前半を含めて、
正論ばかり。僕がNISTEPの客員研究官時代から言っていたことと同じことなので、こういう人がいると、
変な共感というか安心感みたいなものを感じる。ただ、一番、そうだよね〜と思う点が、

 何か話し合っている間に、他の国に追い抜かされるだけなんですよね。グローバルではやっていけないと思っている、日本は。もうダメです。

だったり、最も共感したのが、

 変えたいんですけど、個人で何ができるのかを考えると、ほとんど日本については諦めています。一人が説得できるようなものではありません。

 国自体で、「こんなに意思決定に時間をかけすぎている状態が続くとダメになっていく」と自分自身が気づくまでは、何もできないと思っています。

という点なのは、本当に嫌な感じだ。「あるソフトウェウア工学者の失敗」で書いたのと同じなのだが、
これの結論は、しかし、教育にかける、若い世代にかける、ということになっている。
僕は日本人だし、教育者だから、諦める自分を許せないので。

でも、素直に現状を見ると、ダニエルソン氏と同じ気持ちになる。
それを立場とか、価値観で、自分を奮い立たせている。
#これが価値というものの最大の利点。(ただし、下手に動き始めると、
#それ故に、最も怖いもの。)

記事を読んでいて、最後で非常に落ち込む。記者が、

 同氏の言葉を聞いて「それはあまりに極論では?」「見方が少し偏っているのでは」といった印象を受けた方もいるかもしれない。

と書かれている。実際には、「IT Pro を読む人のかなりの数が、ダニエルソン氏の意見を極論として反発するだろうが」という意味のはずだ。
そう書くと反発されるので、こう書いている、と思う。僕も、そう書くことがあるので。

矢張り、駄目かな……

しかし、それでも!


2014年8月22日(金曜日)

システム・クラッシュと二つの締切(T_T)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時53分49秒

ときどき、直接とか、学生たちから聞いて、このブログが色々な方たちに読まれているのを聞くことがあるが、
もともとは、このブログは自分と自分の周りの人、特に専修(研究室)の学生さんたち、に見せるために始めたもの。

自分に見せるというのは、未来の自分に見せる、つまり、本来の意味でのWEB上のログということ。
時々、どう見ても誰にも意味が解らないだろうと思われるような投稿があるのは、そのため。
特に新しいことを考え始めたり、史料調査に行ったときの投稿は、そうなる。

それ以外は、基本的に、あなたの指導教員は、あなたの colleague は、今、こんなことをしてますよ、
というスタンスで書いているのだが、カテゴリーが、今回の様に「泣き言」になっているときには、少しトーンが違う。

これは、本当に泣き言。

実は、数日前に、突如、家の仕事用の、しかも、大学の研究室においてある
公費で買ったのを含めて、もっともパフォーマンスが高い自腹のPCがクラッシュした。
HDDかと思い換装してみたが、もうOSがぐしゃぐしゃらしくどうしようもない。

ということで、泣く泣く、Windows8.1 をリフレッシュ。2年弱しか使ってない水冷の高級機なのに…
#水冷にしたのは、僕の書斎が暑いから。34度はあたりまえ。
#でも、冷房に弱いので昼は冷房は使わないので、夏になるとマシンが遅くなる。
#で、少しでもCPU冷却能力の高いものをと思い水冷。

原因が特定できず、もしかしたら、マザーボードの問題かもしれないので、
念のために、同じ会社の半額程度のマシンを予備機として注文。
古い方はHDDを2TのHDDにコピー用の機器を使って換装。
で、リフレッシュ。(再インスト―ル用のデータは、SSDに
入って、マシンに取り付けられていた。こういう時代になったのか。
若いころにメイン・フレームのラインエディタでリスプ・プログラミング
をしていた御爺さんとしては感慨…)

で、面倒なのは、ソフトの方だが、何とかセーフ・モードで立ち上がるので、
その状態で、インストールされているソフトをリストして記録(デジカメ!)。
昔は、良くクラッシュしていたので、こういうのは、全部、再インストールの手順ごと記録していたのだが、
プラットフォームの信頼性があがり、再インストールの必要が減って来たので怠っていた…

で、数日かかって、なんとか、ほぼ、普通の仕事ができるレベルまで回復…
というのが、現在の状況。あっと!まだ、SnagItを入れていない…

これで3,4日予定が狂ってしまったが、31日に締切が二つもある。
#その間に、講義・演習の採点の締切も!明日!!!

で、今回は、この締切の「債権者」の方たちが、このブログを
見ていてくれたらなーーーー。

という、話。


2012年10月23日(火曜日)

少しましになってきた咽喉

カテゴリー: - susumuhayashi @ 10時44分57秒

昨日、耳鼻科に行ったら、内科から出ていた抗生物質を
別の強いものに変えてくれた。これを飲んだら随分
情況が改善。お医者さんの話では、鼻の雑菌が、寝ている
間などに咽喉に洟として下りてきて、それで咽喉が腫れている
とのこと。だから、雑菌を減らしたら改善するということらしい。

しかし、最近思うことに、昔、僕の父が開業医だったころは、
医者は経験がものを言ったのだが、医学の進歩が速いために、
それがもう成り立たないらしいということ。大学病院などの
少数の病院でしかできないような、特殊な外科手術とかは、
別として開業医レベルでは経験より設備と知識の方が有効に
なっている。つまり、若い医者の方が、統計的には上手という
時代になっている。

しかし、おそらく古い世代はそれを理解できない。というより
理解したくない。これが現在の日本の最大の問題なのだが、
僕のまわりの世代は真実を見たくない人が本当に大半らしい。
そういう時代に老人社会になる日本の未来は老人がどれだけ
賢い隠居になる気になるか、それにかかっている。
#しかし、こういう人生観が国を滅ぼすというのは、
#まるでインカ帝国ではないか。

停年を迎え、社会・組織のしがらみからかなり自由になったはずの
最大集団の団塊の世代が、後藤田正晴の予言が実現しかけていることに
奮起して、この予言を潰すような行動にでてくれれば、
この時代は一挙に好転する(すくなくとも楽しく生きられる
ようになる)はずなのだが、難しそう。

高倉健あたりが変身してくれないかな…
#健さん日本を救う、とか。 :-)


2012年10月21日(日曜日)

声が出ない!!(T_T)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 16時58分49秒

先週の月曜日に起きたら咽喉の調子がおかしく、風邪のような感じ。
それを押して講義をやったら、どんどん悪化。
火曜日には、すでに殆ど声がでなくなった。

昔、東館の寒い寒い階段教室で(その一番下、つまり、一番寒いところで教員は喋る!)、
風邪を押して全学共通の講義をやって、半年ほど声がちゃんとでなくなった
ことがあるが、それと良く似た状態。その時は夜中に口蓋垂(要するに「咽喉ちんこ」)
から血がぽたぽた滴り落ちていたが、今回は、そこまでではないものの、
やはり血が出た。

で、ここで無理すると半年、講義がろくにできないことになりそうだし、
それ以上に、前回以上に声がでないし、筋肉痛がして物凄くだるい。
#かつ、体温が低下。

で、結局、休講にして、内科、耳鼻科と受けたが、内科の先生に
紹介してもらった耳鼻科の若いお医者さんの医院の設備がよくて、
ファイバーで自分の咽喉を見せてもらった。自分でも、
エッ!と驚くほどにパンパンに腫上がっており、白いはずの
声帯もしっかり赤い。

東京の知人も同じような目にあったらしく、明らかに風邪なのだが、
しかし、どうも酷すぎる。いつまでたってもなかなか良くならない。
家をリフォームしたてで、どうもシックハウスが風邪で傷めた
咽喉をさらに傷めている可能性が高い。あるいは、リフォーム中に
たまったホコリか?(リフォームしたところは綺麗にして渡して
もらったが、手を入れてない部屋などはホコリが蓄積している。)

咽喉だけでなく筋肉痛も酷かったが、土曜日ころからようやく
それだけは治まってくれて、で、今日は、来年度の予算の申請書書き。
しかし、咽喉の方は殆ど悪い状態維持のまま。これでは講義ができない。
どうしよう….

学生さんたち、もし読んでいたら、そういう事情です。

喋らず、スライドを示しながらの講義というのは、
どうもインパクトがないな…

お医者さんには、強弱をつけて話すな、フラットに声を出せ
といわれた。ということは、良い講義・面白い講義をすると、
咽喉を傷めるということか。職業病ですね、これは。


2012年5月4日(金曜日)

HDDが….(T_T)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時18分06秒

西田資料全体サーチをSMART-GSでやると、DscSearchが capacity overflow をするようなので、
マルチスレッドでやろうと思って、SMART-GSから京都学派用のHDDにアクセスしたら読めない…
色々やってみたら、どうもHDD自身が危ない。このデータが全部飛んだら大変なことになる。
最近のHDDは信頼性が高くなった(というより、僕が電車通勤しなくなってHDDに振動がかからなくなった
ことの方が大きいか?)のでバックアップをサボっていたので、ちょっと気にはなっていたのだが… :-o
#バックアップをサボるのはデータの量が巨大化していてバックアップに時間がかかりすぎるという
#こともある。何とかならないか… 完全にクラウドにするくらいしか解決策はなさそうな…

研究室の京都学派用HDDのかなり部分が共通している筈なので、そちらを元に回復を試みるしかない。

ということで、明日は連休中ながら登校。連休というのは学者にとっては、思い通りに
仕事ができる時間なのではあるが、そういうときに限って、こういうことが起きる。 :cry:


2011年11月30日(水曜日)

忙しすぎる…

カテゴリー: - susumuhayashi @ 22時23分53秒

演習資料をUPしてハタと気がついたら11月の今日が最終日で、全くブログを書いていない。忙しすぎたんだんな…


2010年4月18日(日曜日)

ようやく...

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時30分58秒

研究科・学部のサイト更新の世話をしていて,そのために殆どブログを書く暇がなかった.それに新学期開始がオーバーラップしてしまい...もう少し初期にコミットすべきだったのだが,発注先に任せすぎて,それを怠ったのが失敗の原因.工学部時代の学生に見られたら,言っていることとやっていることが違うと笑われそう.やはり人文学が生活の中心になっていて,工学的なものを無意識に忌避している.工学部時代だったらこんなことにはならなかったのだが...

今日で何とか峠は越したはずだが(と思ったときが一番危ない(^^;)),実は,ここから本番.組織本体が出来ていないのに,先にファサードを作ったので...しかし,WEBの意味の理解が低く,ホワイトカラーのITリタラシーが低い,また,それが高い人が重視されない,のは,日本で顕著な現象か,あるいは,世界中なのか.以前やったIT人材調査で,技術者,管理職,人事,父兄,では日本人の意識の立ち遅れが目だったが,ホワイトカラーは調べなかった.目が明らかに「工業」に向いていた.これは反省点.実は,ホワイトカラーの方が今の社会では重要だ.しかし,当然ながら同じ結果,あろいは,さらに悪いのだろうな...一度,韓国のオフィスとか見てみたい気がする.

これで漸く,田辺・ブラウワー論文を書き始められるかな...ヒルベルト論文も終わりにせねばいけないし,「展示」のファイルもUPすべきだ.おっと,SMART-GS の手書き辞書機能も触らねば.それから,あれとこれとそれと...老化して体力が落ちてきているのでつらい.もうそろそろ戦線を狭めるしかないのだろうか.いわゆる『雑用』に手を出さねば,まだましな筈なのだが...ついやってしまう.性格なのだろう.プロテスタントでもないのに.(^^;)


2009年10月19日(月曜日)

忙しい・・・

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時58分05秒

昨夜は,八杉ともども,グーグル・ジャパンの村上さんご夫妻と会食して久しぶりに放言.楽しかったー.(^^)
今日は日曜日だというのに朝から特別研究員やら研究費の申請やら,書類書きばかり.研究費の方は,まあ,サボっていたのだから自業自得.
研究員の方は,世のため他人のため.初老の僕には応える.若い頃は24時間闘えましたけどね...(リゲイン,リゲイン♪) ←ギャクさえ古い.:hammer:

疲れきると,本性が出てきて,いい年をして,つまらんことを書いてしまう.これが僕の本性だぞー,学生諸君!!!
アホなこと書いてないでもう少し研究費の書類を書いて寝よう...でも,この分だと,明日も藤田先生の種の論理の演習には出られそうに無いな.
これでは折角,文学部に移ってきた意味がない!悲しい...:cry:


36 queries. 0.059 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT