Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2019年 3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2019年2月1日(金曜日)

西田幾多郎講演 at 京都アカデミックフォーラムin丸の内

カテゴリー: - susumuhayashi @ 09時16分46秒

この所、超忙しい。一昨日は京大オリジナル株式会社主催の講演会。場所は東京丸の内の新丸ビル10Fの京都アカデミックフォーラムin丸の内。
その発表資料: 講演「西田幾多郎 その人と思想 −京大時代を中心に―」

昨日は、20世紀学の卒論2件と修論3件の試問のお手伝い。

そして、今日は、午後に歴博の橋本君が主催の研究会で西田幾多郎新資料プロジェクトの紹介。
これが終わって、一息というところ。

先日、猪木武徳先生から計画中の出版の話でメールがあったが、退職に向けて忙しいでしょうという労いの言葉を頂いた。
まさにその通りなのだが、継続しないといけない二つの仕事、京都学派アーカイブと、西田幾多郎新資料翻刻プロジェクトは、
日本哲学史専修の上原さんのお陰で、継続できる目途がたった。特にアーカイブの方は、理想的な形で継続できそうで、
新バージョンのアーカイブも、多分、今月中には公開できるのではないかと思う。

このアーカイブの様に、実質個人でやっているアーカイブは、その個人が定年退職すると消えるといわれているそうで、
これが大きな問題だと思っていたので、KURAに、こういうものの受け皿を京大内で作ってもらえないかと提案したが、
どうなることか…

西田幾多郎新資料翻刻プロジェクトの方は、国から補助金をもらって石川県かほく市がやっているプロジェクトなので、
時限付き。このプロジェクト自身は、少なくとも来年度は、今の形で進めるしかないが、ビジネスにするとうまく行くの
ではないか、と考え、ある会社に提案中。

こういうものへの関心や投資、もっと増えて欲しい所。

今日の研究会の趣旨、まだよくわかってないのだが、アーカイブ関係の人もみえるようなので、
多分、こういうものも関係しているのだろう。


2019年1月22日(火曜日)

西田幾多郎田中上柳町のサイトを更新

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時19分28秒

1月30日の講演と、新版京都学派アーカイブの公開に向けて、更新してなかった、田中上柳町の西田旧宅のサイトを更新。
吉田南図書館のお知らせのお陰で、西田幾多郎三高寄贈本について
に、寄贈本の画像を embed で表示できた。


2019年1月21日(月曜日)

東京で西田幾多郎について講演

カテゴリー: - susumuhayashi @ 10時56分00秒

前の幾つかの投稿に書いているように、下の図のポスターのような講演をします。詳しくは、こちらを。

募集開始が村上春樹さんのお名前などを使ってよいのかということの確認などで遅れたのと、募集期間に年末年始が入ってしまって、
まだまだ空席があります。

僕の話は、京都の哲学の道などに関連した写真が沢山入った気楽な話になります。講演用PPTや配布資料は、講演後にWEBに出しますが、
WEB公開版の資料からは、削除するように所有者から依頼されている写真がいくつかあります。例えば、西田一家が住んだ家の外観を、
昭和20年に跡取り息子の西田外彦さんが撮影された写真、疏水記念館から提供して頂いたインクラインの古い写真、長男の死を悼んで
詠んだ和歌を、長男の出身校である三高の図書館に寄付した哲学書の内扉に西田自身が墨書したもの、などです。


西田幾多郎講演に向けて準備中 (4)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時11分03秒

京大オリジナルでの講演用の「疏水が山から下りてくる」シーンの写真を漸く、二つ選ぶ。

これ

画像1

と、これ

画像2

最初の画像が、放水路の北側から、二番目のものが南側から撮ったもの。

今は、北側に砂利道が動物園東エンタランス前まで続いているが、南側も
一応は歩けるスペースがある。昭和の最初のころ、もしかして、南側も
歩いていた可能性は否定はできないものの、その幅などから、おそらくは
今と同じ道を歩ていた可能性が高い。

そうすると、「疏水が山から下りてきた所」まで来たときの幾久彦さんの眼に
映っていたのは、おそらくは最初の画像のような風景。

もちろ、放水路の上にかかる小さな木はなかったろうが。

昨日は、哲学の道の写真も撮ってくるつもりでいたのだが、
画像が夕景であるように、人通りが多く、なかなか撮影できず、
遅くなってしまったので諦めた。

で、哲学の道ならばフリー素材があるに違いないと思い、
探してみたら、京都フリー写真素材というサイトが見つかる。
その中から、次のどちらかを使う予定。


2019年1月20日(日曜日)

西田幾多郎講演に向けて準備中 (3)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時38分11秒

1月1日に撮影した扇ダム放水路の写真を、いざ使おうとして見てみると、なんだが平坦に見えて、
「山から下りる」感がない。

これでは、講演で使っても説得力がないと思い、土曜日、再度撮影に。

今度は、道を変えて、おそらくは、西田幾多郎や幾久彦さんが、辿ったであろう、
扇ダム放水路横の道を、反対に動物園から鹿ケ谷通に向けて辿った。

で、鹿ケ谷通と扇ダム放水路が交差する場所に来てみると、
鹿ケ谷通を歩く、人人、また、人!

で、人が入ってない風景の写真が撮れない…

ウーム、土曜日の東山界隈は、この様に観光客に人気なのか、
と思いつつ、一眼レフや、Huaweiのスマホ(^^;)、なでど
写真を何枚も撮る。

しかし、何となく水路の傾斜感がでない。

何度も、場所や高さを変えてやってみてもダメ…

それにしても、人が多いな、と思いつつ、東山中学高校の入り口
あたりを見ると、なんと「入学試験」という大きな看板が立てかけて
ある。それで、ようやく気が付いてみてみると、歩いている人の大半は、
親子連れ、それも中学生か小学生高学年くらいの子供たちとお母さん
という風情であることに気づく。

で、どうも、観光客でなくて、入試に来た人たちらしい

これは大変な日に来てしまったと、思いつつ、それでも粘りに
粘り、もう駄目かなと、思い始めたころ、ふと思いついて、
ザックから、念のために持ってきていた iPad を取り出し、
高く掲げて撮影。

なんと!これが成功。

それまでは、まだ、幼少だった幾久彦さんの視点を
再現しようと、腰をかがめて、低い視点から撮影して
いたのだが、その結果、視線と水路の勾配が平行に
なってしまっていた。それで水路がまるで水平に
流れているように映っていたいたことにようやく
気が付く!

で、僕は背が低いので、思い切り手を伸ばして、
iPad を高々と差し上げてパチリとやると、
何と、勾配感がでた!そうだったのか!!!
#こういう時、もう少し背が欲しいと思う。(^^;)

ウーム。わかってみると当たりまえだな…
しかし、それに人はなかなか気づけない。


2019年1月14日(月曜日)

西田幾多郎講演に向けて準備中 (2)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 23時27分57秒

一つ前の記事の補足を少し。

幾久彦さんの話では、ピクニックの様に哲学の道あたりを歩いたとのことなのだが、
その終点が「山から疏水が下りてくるところ」、扇ダム放水路であったわけだが、
この放水路に沿って細い道があり、白川通まで歩くことができる。

その道は、昭和15年の地図でも確認できるのだが、その白川通の出口の
道を挟んだ向こう側に、動物園の東エントランス
がある。

西田は動物園が好きで、どうやら、子供や孫を連れて行くだけでなくて、自分だけでも行っていたらしい。
どうやって、子供たちと、そこまで行っていたのか、可能性が高いのは市電だろうかと思っていたが、
哲学の道沿いにピクニックを兼ねて歩くとしたら、まさに扇ダム放水路の沿って、白川通に出て、
そこから動物園に行くというようなルートも考えられる。

そう考えれば、散歩の終点が「山から疏水が下りてくるところ」だったというのは、
非常に納得ができる話だ。もっと早く調べて、幾久彦さんにお話しして、記憶を
辿って頂きたかったのに、僕がまごまごしている間に幾久彦さんが亡くなってしまい、
実に残念だった。


西田幾多郎講演に向けて準備中 (1)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時10分46秒

今月30日の東京での西田幾多郎についての講演会のために、色々と準備中。

その間、二つ意外なことがあったので、ちょっと書いておく。

まずは、元旦に、散歩も兼ねて、西田のお孫さんの幾久彦さんから聞いた
「疏水が山から下りてくるところ」という場所が、蹴上のインクラインで
あることの証拠となるような写真を撮影に行ったのだが、これが予想と
違っていたという話。

疏水記念館から頂いた、幾久彦さんが見たであろう風景の古い写真と、
なるべく近い位置から現在の写真を撮る。その写真は船から撮ったらしく、
全く同じ位置からは撮影できなかったが、かなり近い位置から撮影できた。
道路や橋など、随分、今とは違っているが、小さな橋の欄干などがそのままで
残っていて撮影位置が特定できた。

良い写真が撮れたと思って、もう一つの候補、野村美術館向いにある
急傾斜の水路に向かう。ここの写真を撮って、こちらは「山から下りてくる」
という風ではないでしょう、と説明でするつもりでいた。以前は百万遍まで
自転車通勤で、気が向いたら、南禅寺の境内を通り、ねじりまんぽから三条通にでるという
ルートを辿っていたので、この水路の記憶は漠然とあり、水路として
小さすぎて、山から下りてくる感はないと思っていたのだが、現地に行ってみて
ビックリ。記憶と全然違う堂々たる水路で、その水源が、永観堂の境内の山を
背景にしているため、まさに「山から下りている」という風に見える。どう考えても、
こちらだ!一緒に行ったパートナーにも意見を聴いたら、同じく、こちらの方が
ふさわしいという意見。やはり、現地、現物を押さえないとだめだ。

問題は、この水路が、昭和10年代に既にあったかどうか。明らかに野村の
碧雲荘に水を供給しているので、おそらくあったはずなのだが、
これもちゃんと抑えねばならないと、疏水に関する昭和15年の書籍を買ってしてしらべたのだが、
あまり良い情報はなく、WEBの方で色々と情報が手に入った。

これは扇ダム放水路というもので、水路閣を通って北上する疏水が、
さらに二つのトンネルを通って、哲学の道横の疏水につながる中間点、
二つのトンネルの間のわずかな地上部分にある扇型の小さな水量調整池、
扇ダムからの放水路であることが判明。

この論文から、明治時代には、すでに真々庵などに水を提供していたことが公的文書に残っていることが分かり、これで確定。

また、これについては、ダム愛好家の夜雀さんのサイトに、詳しい情報や、永観堂の墓地から撮影した扇ダムの写真などがあり、
お願いして、これを講演資料に使わせてもらうことになった。

京都学派研究を思想史的にやっていると、現地が観光スポットと重なることが多いが、
その一例で、高校生のころに、白川書院の雑誌「月刊京都」を定期購読していた
僕としては、大変嬉しい。 :-)

というのが一つの話。

もう一つは、西田の数学についての面白い記述を見つけて、この人は、数学を、というより、
数学の思考方法というものを、よく理解していた人なのではないかと思ったという件。

西田の田中上柳町の家での悲惨な経験と、場所の論理とつなぐために、大正12年の有名な和歌
 我心 深き底あり 喜びも 憂いの波も とどかじと思ふ
をキーにすればよいことに気が付き、そのために、「心の底」に類する用語が西田の論文に
どの様に使われ、また、その哲学体系にどう位置付けられているかを、いろいろな論文で
調べている最中だが、もっとも端的に表れているのが、旧版全集11巻に収録の
西田最後の論文「場所的論理と宗教的世界観」。

で、この11巻には、西田晩年の数学論・科学論が含まれているのだが、
一応、それも調査していたら、
 私には、数学者の集合の概念というものは、あまりに無造作に不精密なものと思われるのである。
 私は数の概念は私のいわゆる世界把握の論理たる場所的論理の立場から出立すべきであると考えるものである。p.245
や、
 数学者は非分析的に数の直覚の如きものと有つて居ると思う。p.250
というような文が、多々あった。

僕は数理論理学者だったので、どちらかというと集合よりの数学者だったが、
そうでない普通の数学者と自分の思考回路がなんだか全然違っていて、
数学科に入学した当初は、随分、違和感に苦しんだ。

まさに、整数論、代数幾何とか、複素多様体論とか、そういう数学中の
数学をやっている人たちは「数学者は非分析的に数の直覚の如きものと有つて居る」
だったのである。

数学科で鍛えられたお陰で、そういう直覚の様なものを少しは身に着けることが
できて、それから数学者の思考方法というものを、少しは理解できるようになったが、
今でも、正直言って、自分は数学者ではない、また、なかった、と思う。

ところが、恩師北条の勧めに反して、数学の道に進まず、哲学を選んだ西田だが、
どうやら、この人は、数学者のマインドを持っていたのではないか、という気がする。
数学を場所の論理で基礎づけるというのには、「西田先生、おやめください」と
言いたくなるが、まあ、それは愛嬌というものだろう。 :-D


2018年12月7日(金曜日)

琵琶湖疏水記念館訪問

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時25分31秒

12月6日木曜日は、西田幾久彦さんの、「疏水が山から下りてくる所」まで、祖父の西田幾多郎とピクニック、あるいは、
散歩をした、という証言の、「疏水が山から下りてくる所」を同定する情報を教えていただくために、
琵琶湖疏水記念館訪問。

学芸員の方が、水木金と勤務とのことで、この時に訪問しようと思いながら、
ずるずると遅れていたのだが、数日前に、同館が、大幅なリニューアルのために、
暫く休館すると、京都新聞で読んで、木曜日に電話連絡して、その日の内に訪問。

急な訪問にも関わらず、学芸員の白川さんに、丁寧に、また、適格に対応して
頂き、欲しい情報は、ほぼ全部取得できた。

白川さんと疏水記念館に感謝。

この様に上手くいったのは、白川さんが歴史学で学位もお持ちの方だからだろう。
京都市水道局は良い人を雇ったものだ。

疑問に思っていた、水路閣の水の行き先、東山高校の横の滝のような
急傾斜の水路の目的など、教えていただいて、第一疏水の蹴上を
中心とした様子を、ほぼ理解できたと思う。

記録のために:
1.水路閣の水は、疏水分線へ水を送っている。ただし、その多くが、
トンネル内にあるため見えない。このトンネルを出た時、哲学の道を
含む疏水分線につながる。これはトンネルが長く、かなり緩やかい
の流れと思われる。そのため、水路閣の水が「山から落ちてくる」
ような場所はない。
2.東山高校横の、急傾斜の水路は、疏水の水を野村の別邸などに
供給するために作られたもの。正確に言えば、疏水の一部ではないらしい。
実質は、それで正しいのではないかと思うが、正式の話は、それとは別。
3.創建以来、疏水の流れは、ほぼ変更されていない。

東山高校横の水路が、「疏水が山から下りてくる所」であっても、
インクライン横の水路が、「疏水が山から下りてくる所」であっても、
どちらにしても、「疏水が山から下りてくる所」とは、インクライン
などを含む、蹴上の小高い丘の辺りだということは、ほぼ間違いない
だろう、ということで白川さんも、林も納得。

大正期ころのインクラインの写真の著作権の問題も、白川さんの
サポートで、解決できそう。

感謝!!!


2018年6月2日(土曜日)

西田幾多郎新資料

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時55分48秒

西田幾多郎のお孫さんで、2016年に亡くなった西田幾久彦さんが、西田哲学館に寄託された新資料を、金沢大学、京大、そして、哲学館で、補修・翻刻している。

寄託されたのが、二年ほど前で、田中上柳町の西田旧宅の保全活動で、大忙しになる前の静かな頃の話だと記憶している。

その時、二度目の哲学館訪問をして、一度目は福井での湯治のついでだったのだが、この時は、当時の館長さんや、学芸員の山名田さんにも初めてお会いした。僕の講義や演習によく出てきてくれていた、日本哲学史専修出身の中嶋君も、すでに哲学館の研究員となっていた時期で、彼とも再会。

宇野気の駅まで送ってもらって、駅前に停車しているときに、そういう史料の存在を聞き、協力の打診をされた。当然ながらOKの返事を即答した。

史料というものは、期待していても、何もなかったり、あるいは、あっても大したことがないことが多いのだが、ヒットするときは、本当に凄まじくヒットする。

それで、今回の史料が、西田幾多郎という、日本の哲学史の中で、一番の有名人で、大部の全集も出版されている人物が残したものとして、どれだけの価値があるものか、それが問題だった。

しかし、兎に角、日本の哲学、哲学史の人たちは、一次資料を軽視するということは、良く知っていたので、これは、基本的に歴史家である、僕がかかわる必要があると判断して、その場でOKを伝えたように思う。

そして、それが今、初めて、社会に公開されたわけだ。

今まで、いろいろなメディアから問い合わせがあったが、今日、最後まで、僕に連絡がなかった、M社から連絡があり、これで、全国紙が勢揃い。これの一部でもよいから、金沢版、北陸版でなくて、全国版の記事になると良いのだが。それは今の所不明。


2018年3月29日(木曜日)

西田哲学館訪問

カテゴリー: - susumuhayashi @ 02時01分24秒

28日は、かほく市の西田哲学館を訪問。西田新史料の翻刻会議、今年度の最終回。

代表が浅見哲学館館長の科研費の研究が、かほく市のプロジェクトと並行して走っているが、
その分担者の一人として工繊大の秋富さんが来ていて、久しぶりに話す。驚いたのは、
このプロジェクトに参加している、石川工業高専の鈴木教授が挨拶をしてくださって、
以前、北大の中戸川さんを通して、電話で話したとこのこと。元は産業図書に勤務されていた
とかで、確か、そういう方の紹介があったような記憶が朧げに…

兎に角、記憶力とか判断力が衰えてきていて(というか、記憶力は以前から怪しいが :hammer:)、
今日も、最寄りの東西線の駅で、滑り込んできた反対方向の列車に、何時もの癖で飛び込んでしまい、
危うく、会議に間に合わないのは回避したものの、無理矢理乗ったので、予約した指定席などは、
全部、パーになるかと思ったが、宇野気駅の方やサンダーバードの車掌さんなど、
JR西日本の方たちの大変に親身な対応の、お陰で、数百円のマイナスで何とかなった。深謝!!!

西田哲学館は、立派な研究棟ができていて、そこで会議。満原さん、吉野さんの二人の研究員が
積極的に発言してくれて、心強い限り。来年度も、上手く行きそう。

宇野気は、京都より少し寒く、それでも桜が良く咲いていた。金沢駅の人出は、閉口するレベル…

帰宅したら、庭の桜が満開に近く、花桃や、山ツツジなどが、かなり開花してきていた。

で、夜中になって、何の気なしに、姉小路の飯田さんをググってみたら、ミシュラン三ツ星になっていた。

いい店にいくと、緊張感がありすぎることがあるが、飯田さんのお店だけは、これが全くない。
開店当初で、まだ、無名の時に、共通の知人に紹介してもらって、それから、年に、
多くても二度ほどながら、寄せてもらっている。飯田さんと女将さんの人柄が本当に良くて、
緊張感なしに、最高の食事ができるので、大変、好きなお店だ。

前回、お願いしたときには、中庭に、見かけが太々しい猫がいて、焼き魚(鰻、ただし、
並の鰻ではない)を焼く煙のせいか、「食べたいよー!!ニャーニャー」と泣き続けていた。

女将さんに聞いたら、カラスだか、他の猫だかに(どちらか、忘れた)、追いまわされて、
お店の中庭の木の上で切羽詰まっているところを、飯田さんが助けて、それから、飯田さんに大変
なついているのだとか。

こういう野良猫が中庭で、ニャーニャー鳴いているのは、センセイも僕も大好きで、
「飯田さんらしいなーー」と思って、嬉しかったのだが、でも、これって、もしかして、
これを理由にミシュランの星が一つ減らないかと心配していた。でも、星が減っても、
それが飯田さんの勲章だね。などと思っていたら、逆にあがった!!

まさか、ミュシュランも、野良猫のために星を増やしたわけではないだろうが。 :-D


2017年12月2日(土曜日)

西田哲学館訪問

カテゴリー: - susumuhayashi @ 03時15分36秒

今週も忙しい一週間が終わる。

今週は木曜日に石川県かほく市の西田幾多郎記念哲学館を訪問。

今回は同館館長の浅見さんの科研費などの関係のミーティング。

この科研費の京大での研究員の吉野さん、満原さんと出席。二人の積極的な参加もあり活発な議論。このプロジェクト順調以上に進みそうな期待感大。

宇野気の駅までキューレータの山名田さんが送迎して頂き、何時もながらも恐縮。

驚いたのが、調査研究棟という新しい建物が建設中だったこと。研究員の中嶋君の本拠となるのだろう。

中嶋君のために建物が出来つつありますねというと、資料の為ですとの中嶋君の返事だった。 :-)

かほく市のどなたかが、国から予算を獲得したとか。

此の所、気の滅入る話が多い中、かほく市も、国も、クリーンヒット!!という感じ。

こういう所から、これからの日本の芽が芽生えて欲しい。

木村素衛展をやっていて、山名田さんに案内してもらい説明を聞く。

小さいスペースながら、木村のスケッチや画材などもあり興味深い。

信濃には常滑の谷川の会に劣らない集団があるらしい。

今回の木村の展示は、その方たちから史料を借りているとのこと。

取材せねば!


2017年12月1日(金曜日)

経産研究所PDPと京都哲学会講演PPTスライド

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時42分09秒

随分遅くなってしまった経済産業研究所RIETI(経産省のシンクタンク)のAIの社会影響のポリシーディスカッションペーバーが完成して公開された。
こちら:https://www.rieti.go.jp/jp/publications/summary/17110014.html

また、同時に、公開ができてなかった、先日の京都哲学会の講演用PPTスライドを公開。
こちら:http://www.shayashi.jp/2017Nov03NishitaniAndTanabe.pdf

どちらもホームページからリンクをはる。


2017年3月29日(水曜日)

西田幾多郎田中上柳町旧宅について

カテゴリー: - susumuhayashi @ 17時10分44秒

京都哲学会機関紙「哲学研究」600号記念号に依頼されて登校した論説「西田幾多郎田中上柳町旧宅について」林、市川共著。公開の許可いただいた京都哲学会に感謝します。(編集の中畑さんの話では、許可もなんもなく、自由にやってください、とのこと。 :-)


2017年1月27日(金曜日)

哲学の道と西田幾久彦さん ( 1月29日に大幅編集)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時28分31秒

今週、木曜日は、西田記念館より館長の浅見先生たちが来訪。予定していた仕事の相談は順調に進んだのだが、その際に、西田幾久彦さんが急逝されたと聞きショックを受ける。WEBで検索してみたら武蔵高校の卒業生物故者リストを見つける。昨年の11月に亡くなっていた。

西田幾久彦さんは、西田幾多郎のお孫さんで、直接お会いしたことはなかったが、9月ころだったか、哲学の道と西田幾多郎の事で電話でお話し、機会をみて林が訪ねていく約束をしていた。その時、お見せしようと、あるものの写真を探していたのだが、それでボヤボヤしている間にお会いできないことになってしまった。

左京区田中上柳町の西田幾多郎旧宅の一部保存の活動をやっていたとき、西田が哲学の道を散歩しながら哲学したという証拠がない、という話を新聞記者さんたちにすると、一様に驚かれた。

僕は、哲学の道歩勝会の方に、「実は少し場所が違うらしい」と聞いていたこともあって、記者さんが皆の様に驚くということに驚き、少し調べて、高山のエッセイを見つけて、6月24日の投稿、哲学の道と西田を書いた。

それを見た、読売新聞日曜版名言巡礼の担当者が興味を持ち、こういう記事になったのだが、それを見た幾久彦さんから、西田記念館を通してコンタクトがあり、電話でお話をした。

何でもおともだちが読売日曜版の記事を読み幾久彦さんに電話をしてきてくれたと言うことで、結論から言うと小さいころに御爺様の兵児帯にぶら下がるようにして、哲学の道あたりを歩いた記憶があるということであった。

検証は必用だが、西田幾多郎が哲学の道を散歩したという、唯一といっても良いほどの確実な証拠だろう。

その検証のための写真探しの間に残念なことになったわけだが、初めての電話ながら波長が合ったというか、話が弾み、その他にも色々と教えていただけたので、調べつつあったことも含めて、記憶が薄れる前に記録しておく。

幾久彦さんのお父様の外彦さんは2回召集を受けた。幾久彦さんの手になるエッセイ「祖父の思い出」(西田全集月報昭和41年7月、下村「西田幾多郎 -同時代の記録-」、pp.294-297)によると、一回目が幾久彦さんが小学校4年のときで、二回目が中学校の時とのこと。一回目がおそらく1938年前後だろう(小学校の就学年齢資料)。

上記のエッセイや電話でのお話によると、週末になると、幾久彦さんは、芦屋の自宅から京都まででかけ、御爺様や御婆様から、漢文などの古典や英語の教育をうけ、また、京都の名所旧跡を訪ねた。西田の交友関係などから、通常は拝観できなかったお寺なども見学できたらしい。これは幾久彦さんが書かれたエッセイにも書かれている事実。

その訪問先に、どうも哲学の道あたりの寺院か神社などが含まれていたらしい。また、これとは別と思われるが、西田家は、家族で連れだって弁当も持ち、遠足かピクニックのようなものをしていたそうで、その際にも、哲学の道の辺りを歩いたらしい。

その頃の疏水(分線)沿いの道は、今のような散歩道ではなく、草が繁った田舎道であった。また、歩いていると、向こうから人が来て、「やあ」という風に手をあげて挨拶する。誰かと聞くと、大学の関係者とのことだったという。疏水沿いは、やはり昔から散歩道で、京大関係者は多く歩いていたことが推測される。

これらの際に、祖父の兵児帯に手をかけながら歩いた記憶がある、と仰っていたが、小学校4年の時の話にしては、兵児帯に手をかけて歩くというのは、些か幼い。おそらくは、もっと前に、つまりお父上の召集の時ではなくて、西田家のピクニックの際の話なのかもしれない。

人の記憶というものは曖昧なもので、時期場所など、改めて調べてみると自分の記憶と異なって驚くというのは、齢を重ねている人ならば共感してもらえるだろう。(^^;)

それで、こういう記憶から歴史的な情報を引き出すには、必ず史料による裏付けが必要となる。

幾久彦さんからは、この話を、どこかに書きますか、このままにしますか、と聞かれたのだが、もちろん放置というのは歴史の虫が許さない(^^;)。お話をしながら、幾つかの点を確認する必要があると考え、凡その調査計画を組み立てられたので、どこかにちゃんとした文章として出したいので、書いたら、西田哲学館の山名田さんを通してお送りしますので、ご覧いただけますか、また、機会があったらお会いしたいのですが、というと、東京に用事があったときにでも訪ねてきてくれれば、という話だった。

それで、色々調べ始めたが、手がかかりがなかなかなく、多忙に追われて先に進めることができずにいた間に幾久彦さんにお会いできないことになってしまった。

では、何を調べていたかというと、それは昭和のころの蹴上周辺の風景。より正確に言えば、山科を通って京都に入った琵琶湖疏水の蹴上・岡崎あたりの様子の変遷。

哲学の道は、琵琶湖疏水分線の一部分だけを言い、疏水の周辺を歩いたからと言って、現在の、哲学の道の辺りを歩いていたとは言えない。僕は西田は京大農学部あたりの疏水沿線などを歩きながら哲学した可能性は高いと思っている。それならば、6月24日の投稿、哲学の道と西田に引用した高山の証言と非常に整合する。

実は、お名前などの記憶があいまいで思い出せないのだが(ハッキリおぼているのは、現役時代は瓜生山学園で教務の仕事をしていましたと仰った点。確か教務課の課長さん?)、かなり以前、哲学の道歩哨会の幹部らしい方から、突然研究室にお電話があり、哲学の道沿いのマンション建設を防ぐ方策など相談を受けた。その時、その方が「実際は若王子のあたりを歩かれたらしいですが」という意味のことを言っておられたので、哲学の道を西田が歩いたという証拠は本当は無いのだろうと思うと同時に、哲学の道というのは、実は琵琶湖疏水分線の、かなり限定された領域であることを、その時始めた気が付いたのだった。

だから、この哲学の道の関係者の方のように、厳密に言うならば、本当に西田幾多郎が哲学の道を歩いた証拠を見つけるのは、実は、それほど簡単ではないのである。

一般には、僕もそうだが、疏水分線全部を哲学の道、あるいは、それの「延長」位に思っているのが普通だと思う。それで幾久彦さんにも、それを少し言ったのだが、意図が伝わったかどうか怪しかった。観光地図でもお見せして、説明しないと、この話は、そう簡単には理解できない。一般的認識と公式の定義がずれているのだから仕方がないのである(京都では、他にも同じようなのが色々とある。大学近くの吉田本通は、どうも国土地理院の名称では吉田東通というらしい。そして、ビリケン理髪店があった狭い道が吉田本通らしい。しかし、タクシーの運転手さんなど、皆、吉田東通を吉田本通と呼ぶ。こういうの他にも沢山ある)。

そこで、幾久彦さんに、「御爺様と、どの辺りまで、歩かれたのですか」とボンヤリした質問をしたら、「疏水が山から下りて来るところまで歩いた」という、非常に面白いお返事だった。

こういう印象的な言葉で語られる記憶は、それから何かの情報を引き出せる場合が多い。しかし、「疏水が山から下りて来るところ」という言葉で表されている記憶の意味を明らかにしなくてはいけない。こういう時には、何かの構造的誤解が入っていることが往々にしてあるのからだ。重要な記憶が、字義どおりに解釈しては誤解のもとになるような言葉で語られていることが多いのである。その「誤解の構造」を史料を使って解きほぐしていく、それが史料ベースの歴史学なのである。

これはTVのサスペンスものなどの推理のシーンが好きな人にはお分かりいただけると思う(^^;)。実は、史料ベースの歴史学研究は、そういうドラマの探偵の調査・推理にすごく似ている。しかも、歴史はフィクションではなく現実なのだから、解きほぐせたときには、凄く嬉しい。 :-D

話を戻しまして…

そこで、地図で調べると、琵琶湖から山科盆地を通って京都市街に入った疏水・疏水分線は一箇所を例外としてフラットであり「山から下りて」こないことが分かった。

そして、その唯一の例外が、僕が通勤の時に、何時もの様に通る蹴上の発電所の辺りなのである。ここは、疏水を挟んで動物園の「向い」でもある。

実は、西田幾多郎は、動物好きで、動物園も好きで、良くお嬢さんたちを岡崎の動物園に連れて行き、お嬢さんたちが大きくなってからは、それが途絶えていたが、幾久彦さんが少し大きくなって、動物園行きが再開されたことが、お嬢さんたちのエッセイでわかる。この辺りのお嬢様たちの描くエピソードがなんとも微笑ましく、読んでいてついニコニコしてしまうのだが、どうやって左京区田中から、岡崎の動物園まで行ったのだろうかというのが、前から気になっていたのである。電車が、それとも近衛あたりをテクテク歩いたか…

しかし、この蹴上の辺りまで、兵児帯にぶら下がって歩くような、小さなお孫さんと散歩をしていたのならば、この動物園へのルートの問題も解決する。

夜間動物園にも行ったとあるので、この様なときは電車やら街中を歩いたりであったろうが、幾久彦さんが言う、田舎道を通ってのピクニックのようなものならば、銀閣寺道あたりから、疏水を辿って動物園に向かえば、遠回りにはなるが、いかにもピクニック的な経路となる。これはきっと楽しい道だったろう。今でも歩いていると疏水を琵琶湖の魚が泳いでいるのが見えたりして、凄く楽しいのだから。

哲学の道は、正確に言えば、銀閣寺道あたりで始まり、若王子橋で終わる。若王子橋より南は疏水が「地下に入る」ので、ここから西に進めば、平安神宮、美術館、などがある岡崎地域の北東に出る。そして、今度は、白川沿いに南西に下れば蹴上の発電所と動物園に辿り着くことになる。

当時は、かなり長閑な道であったろうが、今でも車は多いものの十分観光ルートになりえる道のりである。

この様な、東山沿いの長閑な道を歩いて動物園の辺りまで歩く場合、おそらく哲学の道あたりを通るのが最も自然であったろう。つまり、西田が、幾久彦さんの勉強を兼ねての散歩、家族とのピクニックの際に、狭い意味での哲学の道を歩いたことは、まず間違いない。

ただ、僕が書いていたのは「哲学の道で哲学したことはまず無かったはずだ」ということで、ここを散歩することが一度もなかったということではないので、そこの所が、幾久彦さんも、少し誤解されていたように思う。当時、すでに知られた散歩道になりつつあったらしい、哲学の道あたりを、西田が一度も歩いたことがないとえば、それはむしろ不自然なのだから。

しかし、子煩悩で家族思いの西田が、家族と連れ立って歩くときに、哲学に没頭したとしたら、それも不自然なのである。幾久彦さんも「(祖父が)denken(思索)しつつ哲学の道を歩いたかどうかはわかりません」と仰っていた。

哲学の道と呼ぶには、西田が、歩きながら、そこで思索した、それがちゃんと目撃されて記録に残っているのが理想である。しかし、あまり学問上のことに拘って無粋なのも、観光地として主に知られている「哲学の道」のような場合には困りものだ。別に西田が歩いたというだけが、名前の由来ではないらしいのだから。

そこで、西田が哲学の道を歩いたかどうかをすごく気にしていた読売の記者さんには、西田の石碑があるのだから、それで哲学の道でよいのでは、と言ったら、記事にそう書かれていた。幾久彦さんの証言で、これにさらに「哲学の道」の名前に「由来」が加わったと言えるのではないか。家族や孫と歩きなれた道を、哲学をするための散歩のときにも歩いたというの自然だろう。

跡取り息子、外彦さんの証言によると、激しい気性だった西田も、晩年には、その晩年の書が示すように、丸い人格になっていったらしい。残念ながら証拠となる史料は見つけられていないが、闘う様に歩きながら思索した「場所の論理にいたる時代」ではなく、晩年の西田が悠然と「哲学の道」を歩きながら思索をしたというのは、鎌倉時代の散歩の様子を語る女婿金子武蔵(東大倫理学教授)のエッセイの西田晩年の描写からすれば十分考えられることなのである。

エッセイ「秋風の高原に立つ 岳父さながらに」(西田全集月報昭和40年4月、下村「西田幾多郎 -同時代の記録-」、pp.276-282)で、金子は、鎌倉の家で、哲学の議論が終わって、女婿としての自分と連れ立って散歩するとき、京大名誉教授としての西田の「ワク」が外れ、高坂、下村、高山などの京大のお弟子さんたちに対する態度と違う態度となったと書いている(下村 pp.278-279)。

その様な時にも、時として西田の壮年のころまでの激しい気性が蘇り、岩波「思想」の「西田哲学特集号」(昭和11年1月号)の諸論文を評して、「文句のいえるのはやはり田辺だけで、あとは皆物マネにすぎぬ」と批判したり、おそらくは自分が京都への招請に関わったはずのB.ラッセルの品行を批判したり、杖で小石をはねとばしながら、激しく語った、という。

しかし、それは例外的であり「このような放談には少々面食らったのは事実であるが、多くの場合、物静かな回顧談であった」と金子は書いているのである。この記録は、あまり語られることが無かったように思うが、金子武蔵という人は、非常に実直な人だったというから、また、唯一と言って良い「身内の哲学者」の記録としても、この金子のエッセイは大変貴重であり、また、それからすれば、「物静かに哲学の道を歩く晩年の西田」という姿を、証拠がないと言って否定するのは間違いだろう。(もちろん、だからと言って、「そうだ!}というのは、さらに不味い。それが歴史学というものである。)

兎に角、「疏水が山から下りてきている」そういう情景を写した蹴上発電所あたりの昭和初期の写真を見つけて、それを幾久英彦さんに見て頂き、確認が取れたら、こういう話をどこかに書こうと思っていたのだが、そういう風景写真の調査などしたことがなくて、なかなか写真の目途がつかなかったのである。

しかし、正月ころに、地下鉄の駅を歩いていたら、疏水の観光ポスターが目に入った。その時、蹴上の疏水博物館ならば、たしかジオラマがあったから、それの元になった写真を持っているのではないかと思いついたのである。そう思ってAmazonで調べてみると、疏水関係の図版などがかなりあることがわかった。図書館や博物館に行くともっと見つかるはずである。授業期間が終わり、時間がとれるようになったら、博物館を訪問し、資料も調べ、その上で幾久彦さんに確認して頂こうと思っていたのだが、幾久彦さんが亡くなってしまった以上、もう確認する方法はないのだろう…


2016年6月24日(金曜日)

哲学の道と西田

カテゴリー: - susumuhayashi @ 11時51分29秒

西田が哲学の道を歩いたかどうか、何か客観的証拠はないかと探していたら、高山岩男の文章を発見。

これは燈影舎燈選書13「西田哲学とは何か」に収録された雑誌「心」掲載の「西田哲学と私」(昭和54年, cf. p.260)という文章の「田辺先生のこと」pp.204-213のp.207-8の次の部分:

これより余程前からですが(注1)、先生(注2)は午後に吉田山界隈を散歩されます。戦後、私は京都を去りましたが、疎水支線の桜の並木道を「哲学者の道」と名づけていることを数年前に知りました。西田寸心先生も波多野精一先生も散歩をするが、疎水べりでお見かけすることはなく、もっと北の田圃道が多かったように思います。「哲学者の道」という名はハイデルベルグのネッカー川に沿う山道から来ているに違いなく、大学側の反対の、散歩道としてまことに優秀なものですが、数年前或る人が"先生の頃から疎水支線の道を「哲学者の道」と名づけられていたそうですね"と申されたのには驚きました。私の頃にはまだそんな名称はなく、橋本関雪という日本画家が妻君の死を悲しんで桜の苗木を疎水支線に沿う何丁か植えた河べりがいい繁道となっていたのは事実です。まだ人家はまばらの時代で、私はこの近くに止宿していましたので、毎日散歩は致しましたが、「哲学の道」などという洒落た名前などはありませんでした。田辺先生もここまで足を延ばされていたかどうかは、詳しいことは知りませぬ。

注1. 「これ」とは、高山が田辺と吉田山を散策中に、種の話を聞いたという田辺研究者ならば皆良く知っているはずの逸話の時。
注2.田辺元のこと。

この文章で良くわからないのが、「「哲学者の道」という名はハイデルベルグのネッカー川に沿う山道から来ているに違いなく、大学側の反対の、散歩道としてまことに優秀なものですが」の、「大学側の反対の、散歩道としてまことに優秀なものですが」という所。おそらくは、ハイデルベルグの「哲学者の道」がネッカー川を挟んで大学と反対側にあるという意味だろうが、もしかして、この「大学側の反対」の大学が、京大だとすると、高山が「哲学者の道」を今出川通り北の疏水の部分を意識して書いたことになる。しかし、この部分は正式には「哲学の道」ではない。http://souda-kyoto.jp/map/area_04.html

公式には、東山に沿って南北に走る部分のみが哲学の道。気になるのが、高山が、西田、波多野が散歩した辺りとして「もっと北の田圃道が多かったように思います」と書いている点。疏水は「哲学の道」の北の終点から、ほぼ東西の流れに変わり、農学部裏を通って北白川の現在は住宅地となっている地区へと続く。高山のころには、この辺りは田園であったはずで、こちらの方が「もっと北の田圃道が多かったように思います」と書いている「北の田圃道」として自然。西田が良く散歩をするようになったのは、飛鳥井町の家に移ってからだが、現在、スーパーマーケット Grace たなかの西の裏手辺りにあったはずの、この家から現在の「哲学の道」の北の出発点までの道のりと、その出発点から「哲学の道」の南の終点までの道のりが、ほぼ同じ。ということは、現在の「哲学の道」にあたる地域を歩くために、その北端まで歩くというのは不自然なことになる。西田の散歩の目的は考えることにあったはずであり、風光明媚な風景を愛でることではなかったはずである。西田の散歩は、云わば、真剣勝負だったはずなのである。

そして、飛鳥井町から東に散歩するならば、東大路を超えて、百万遍知恩寺の裏手の辺りを通り、京大農学部の裏手辺りを歩くのが自然だろう。その時、気が向けば、さらに南に南下して、現在の「哲学の道」を歩くこともあったかもしれない。しかし、北行した可能性も高い。そう仮定すると高山の記憶に一致しているように見える。もし、高山が、当時、どこに住んでいたのか、書簡、葉書の住所などで特定できると、もしかしたら、ハッキリするのだが。


2016年6月23日(木曜日)

西田の三高寄贈書と旧宅部材の燻蒸

カテゴリー: - susumuhayashi @ 23時00分36秒

今日(23日)も西田幾多郎関係の仕事が二つ。

吉田南図書館の依頼で西田幾多郎寄贈の三高図書館蔵書の書き込みを調べる。
西田の筆跡とは異なるものや、西田ならば書き込まないだろう初歩的な
ドイツ語の読解に関する書き込みなど、やはり、どれも西田のものではない。
おそらく新品を買って寄贈したはずだから、西田の書き込みはないと見るのが自然
だろう。しかし、西田の墨書の筆跡が、良く知られている西田の手書き文字と比べて
非常に綺麗。本当に西田のものか、少し疑ったが、署名の特長的な「郎」の字など、
確かに西田のものらしい。他に、あの様に綺麗な楷書で書いた西田の手書き文字は
あるのだろうか?また、寄贈の時の台帳を見せてもらったが、
この台帳自体が、すでに貴重な史料と言える。

その後、博物館に行って、横山研究員に「哲学の廊下」などの部材の燻蒸を見せて
いただき、京都学派アーカイブ用に撮影もさせてもらう。燻蒸は、僕が想像していた
ものと異なり、大きなビニールのテントに部材を入れ、二酸化炭素を充満させて、
後は中で扇風機で送風するだけらしい。殺虫剤をドンドン入れるのかと思っていた。
しかし、ちゃんと殺虫が出来ているか、生きている虫を入れて確かめるというのは、
ちょっとかわいそう…… まあ、僕もムカデやゴキブリがでたらすぐに殺すから、
勝手なものだ。

キャンパス内の道路で土蜘蛛が歩いているのを見る。潰されないといいけど。
土蜘蛛というのだと思っていたが、地蜘蛛(ジグモ)の方が正式名らしい。


50 queries. 0.105 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT