Welcome Guest 
メインメニュー
林晋ブログ 最近のエントリ
Blogカレンダー
2017年 4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Blog 月別過去ログ
Blog 検索
カテゴリ一
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

リンク
検索

2010年10月22日(金曜日)

書き順で解読とは!

カテゴリー: - susumuhayashi @ 22時18分07秒

今日も「田辺元を読む」が順調に進む。みんな非常によく読めるので驚く。特に、江戸期、明治期の手書き文書を自分の研究で読んでいる清水、小林の両君は凄い。書き順も使って読むのだそう。これはドイツ語史料を主に相手にしていた僕には想像もしなかったテクニック。まあ、それに類することがないことはないが、cursive なドイツ語手書きには書き順というほどのものはない。もともと僕の日本語の書き順はでたらめだし… :oops: 勉強せねば。

講義(実態は演習)中に、まさか、後世の人間が、こうして読むとは田辺も思わなかっただろう、という声があがる。これは、日記とか、メモとか読んでいるときに、急に襲われることがある奇妙で面白い感覚のひとつ。もし、自分の書いたものが、同じように読まれたらと思うと、全部焼こうかな、などと思ったりするが、田辺やヒルベルトのように有名にならない限り、その心配は少ない。嫌ならば、有名にならないように努力すればよい。有名になる努力をするのは難しいが、有名にならないようにするのは易しい :-) 古い史料の読みに没頭しているときに襲われる別の感覚としては、一瞬、今の時や自分自身が過去の時や人物と直接結びついたような気分になるというのがある。史料や歴史が好きな人なら、この感覚や、その醍醐味が判るだろうが、そうでない人には単に変な話だろう。


2010年10月20日(水曜日)

S9年講義記録&ツール

カテゴリー: - susumuhayashi @ 16時24分41秒

普通はWEBページに書く講義情報を、「田辺元を読む」に限り、ここに書きます。講義出席者は、このサブカテゴリー「特殊講義2010」に注目してください。アップしたらMLに流します。

1.S9年講義記録:藤田先生所蔵のS9年田辺元特殊講義記録の画像をDAVにアップしました。Scheler, Hartmann の哲学、特に、Sosein v.s. Dasein の問題が、この講義の当初のテーマであったことがわかり、講義メモ解読に役立ちます。田辺が書いたものではないので、メモや手帳(日記)で裏付けが必要ですが、極めて有用な史料ですので、必ずダウンロードしておいてください。1ぺーじずつの jpg 画像のものと、それをまとめた pdf 版があります。SMART-GS に載せるのでなければ、pdf 版が便利でしょう。

2.発表時に便利なツール:マウスカーソルを二つにできる「だぶるまうす」と、デスクトップに絵を描ける「らくがきですくとっぷ」を組み合わせて使うと SMART-GS によるプリゼンに便利です。SMART-GS を操作中に、そのカーソル位置はそのままにして、別のカーソルを「起動」し、それで「らくがきですくとっぷ」を操作して、資料の特定の場所にマウスで任意の線をひけます。たとえば、注目して欲しい場所のまわりを線で囲むなどができます。あるいは、SMART-GS のボタンを示して、操作の方法の説明にも使えます。


22 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT