Module File for newbb Not Found! HCP Project Homepage 日本語版 - my weblog : 2008年 11
 
Welcome Guest 
メインメニュー
リンク
HCPブログ 最近の投稿
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
HCPブログカレンダー
2008年 11月
« 10月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

2008年11月23日(日曜日)

トラックバックが・・・

カテゴリー: - susumuhayashi @ 14時29分52秒

花園大学の blog に trackback をかけたが、できているだろうか、と確認してみたら、何と comments はあるが、trackback という項目が、もともとない!!禁止してあるのだろうか。徒労のようでした。 :-(

すくなくとも trackback の仕方を誤解していたようですね。 :hammer:


SMART-GS 新版準備中

カテゴリー: - susumuhayashi @ 13時43分41秒

数週間の内に SMART-GS の new version (minor version up)を予定しています。新しくなる点は、下の1-3の通りです。
できたら英語版は、この新バージョンで配布したいと思っています。そのためには、Segfo関係のツールのマニュアルの英訳をすぐに頼まねばなりません。(これは、企業に頼むので、物凄く迅速!ただ、凄く高いですが。まあ、スピードと品質を考えると仕方ありません。(^^;))

1.画像や画像フォルダーの gs-file への登録を編集できる。gs-file を指定せずに起動すると、画像フォルダー全部が読み込まれます。その内で必要の無い画像や画像フォルダーを delete した後で gs-file として save できるようになります。また、後で画像を画像フォルダーに追加したとき、それを gs-file に追加できます。
2.サーチエンジンが SMART-GS 外部の DscSearch というもので行われるようになり、それにより高速化(約2倍)と将来の検索の柔軟化が可能となりました。柔軟化というのは、今は寺沢・猪村両氏による検索エンジンが作りつけですが、これを色々な検索エンジンに自由に置き換えて使えるようになるということです。
3.それから、今は扱える画像の種類が jpg, gif, png に限られていますが、新バーションでは、他の殆どの画像フォーマットに対応する予定です。(これは、まだ動作確認が済んでない。)

1はすでに組み込まれており、2,3は寺沢さん、猪村さんの作品で、SMART-GS への組み込みは古い SMART-GS を使って差作業をしてあるので、それを、SMART-GS の最新版に反映させる必要があります。その作業が少しかかる予定です。(やってくれている North-Grid 社が
今忙しいらしいので。)

しかし、ここで困っています。札幌の寺沢さん、猪村さんの SMART-GS は、仮に SMART-GS-EXT という名前がつけられて稼動していいますが、これは現在、京都のグループが持っている SMART-GS と少し古い祖先で分岐しています。寺沢さんたちに最新の SMART-GS を渡すのを怠っていたためですが、作業中に渡されても、おそらく古いバージョンで作業されたでしょう。面倒ですから。で、こういう version の branching を簡単さのために認めるかどうか、これが問題です。もちろん、GPL なので、どんなに分岐させても全然問題はないのですが、HCPプロジェクトの内部では、どうするか。これは決めておいた方がよいような気もします。メンバーの人、ご意見は?


2008年11月17日(月曜日)

師先生のコメント

カテゴリー: - susumuhayashi @ 00時11分17秒

Blog が出るころまでは、新しい情報サービスが始まったら、大抵真っ先に試して見ていたのだが、Blog や SNS のころから、全然興味がわかなくなっていた。だからトラックバックなどというものも、トラックバックスパム対策の実験のために始めてやってみた。で、これは出来ないことの確認の実験なのでトラックバックできていないので、面白くない。ちゃんと意味のあるトラックバックをやりたくなったので、以前、HCP Project を紹介して頂いた、花園大学情報歴史学研究室の師先生の Blog に始めてのトラックバック!うまくいくかな?
http://ihistory.blogspot.com/2008/10/hcp-humanities-cyberplatform.html

で、書きたいのは、そのトラックバック先にある

“人文学とコンピュータ”業界では、必ずしも「実用」を目的としていないツールが(例えば工学系の研究者の発表ネタとして)たくさん開発されては消えていくという現状が(残念ながら)あるわけだが

という師先生のコメントについて。

人文学への情報学の応用がかなり大きな分野としてあることは、実はSMART-GSを作るようになって、しかも、かなり後で知った。僕の情報学のバックグラウンドはプログラミング言語とかソフトウェア工学で、こういう分野には全く興味がなかったものだから存在さえ知らなかったのである。と、書くとカッコよく響くが、まあ、要するに無知だったのですね。 :oops:

SMART-GS は自分の歴史学研究のために必要な文献学的分析があまりに複雑すぎるのに困り果てて作ったもので、当初は情報学の研究としては考えてなかった。そのために、実はまだちゃんとした論文も書いていない。(これは単に怠け者なのだという声あり! :hammer:

そういう分野の人がかなりおり、論文なども沢山書かれていることを知って、少し調べてみたが、歴史学者としての自分が使いたいと思うツールや技術はあまり見つけることができなかったばかりか、上の引用のような情況らしいという感触をもってはいたが、師先生のブログ記事で、それは確信となった次第。

これは人文学のニーズが理系人間には理解し難いからだろう。大体、多くの理系の人は、文献を読むということ、翻刻するということが、実は解釈そのものだということは理解できないだろうと思う。というのは、自分が長年理系研究者であり、その時は、これを理解できていなかったから。これが身に染みて分かったのは、ヒルベルト関連の一次資料を自分で読み始めてからで、それが分かった時の驚きは大きかった。人文学研究がどんなものか、その難しさ(そして、その故に楽しさ)はどこにあるかを、簡単に伝えるのは難しいと思う。これは自分で経験しないと分からない。その意味ではプログラミングという知的活動がどんなものであるかを伝えることの難しさに似ている。

この理系と文系のすれ違い現象。今の日本では、あまりに大きすぎる。それが日本のソフトウェア業界の不振と無関係でないと思っているが、これの意味を伝えるのはもっと難しい。 :-(

hayashi


2008年11月16日(日曜日)

SMART-GS 完成に近づく?(2)

カテゴリー: - susumuhayashi @ 23時42分03秒

「SMART-GS 完成に近づく?」と書いたが、コネクションのテキストが他のテキストと同じになっていないこと、メモを書き込めないこと、を忘れていた。この二つは結構、大物。後者は SMART-GS のアーキテクチャを HCP 一般用に見直す計画とも関係がある。どのタイミングでやるか難しいところだ。SMART-GS が、ほぼ完成したら、それを prototype と考えて、新しいアーキテクチャで、完全に新しいツールを構築したい。問題は editor/browser にしないといけないところ。つまり、browser の機能が追加される必要があることで、これはかなり大掛かりになるだろう。

Protector module は機能しているようだ。スパム対策が終わったので、英語サイトの構築にもどれる。しかし、スパムは厄介ですね・・・


SMART-GS 完成に近づく?

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時59分06秒

North-Grid 社より image tree のフォルダ単位の削除・追加が可能な SMART-GS が届いた。後は、大量のイメージの load の仕方を管理できるようにすれば、ほぼローカル版は完成か?おっと、HTML出力もありますね。それから外部リンクがブラウザで立ち上がる機能も。でも、これらは Ekit を使っているので、それほど難しくは無いはず。やはり、ローカル版SMART-GS は着々と完成に近づいているという感じ。


Protector module

カテゴリー: - susumuhayashi @ 01時49分35秒

コメント/トラックバックスパムが発生したので、Protector module を導入。ゲストは URL 記述を禁止したが、これでうまくいくのだろうか。わからん・・・しばらく結果待ち。


27 queries. 0.028 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

XOOPS Cube PROJECT